資金繰り

資金繰り管理をお手伝いします

このブログでも資金繰り表の重要性は何度も書いております。資金繰り表は自社の資金管理に重要ですし、銀行融資の面でも金融機関は重視する資料です。

資金繰り表は、毎月いくら入出金があってトータルでいくらプラスあるいはマイナスだったかをまとめただけの簡単な資料です。

月ごとにいくら入出金があったか、そして今後の入出金を見通すのは、とても楽しい作業だと思いませんか。

だけど、やっぱりやったことがない中小企業にはややハードルが高いようです。それにマイナスが多い会社さんだと作成する気もなくなってしまうかもしれません。

当社の顧問先で半年前から決算見通しと同時に資金繰りの見通しを毎月作成している企業があります。やっぱり金融機関からの評判は良好です。金融機関も企業の今後については非常に重視しますから。

そのような経営をしていけば、資金繰りの見通しがはっきりして銀行融資対策も早めに取ることができます。それに税金面でも、いくらぐらいの納税額なのかも早めに分かりますから、節税や納税資金対策が取りやすいでしょう。

ちょっと面倒かもしれませんけどメリットは大きいのです。

というわけで、「自社でもそんな先を読む経営をしたいけど、自社では人材がいないため難しい」「顧問税理士がそういうことやってくれない」とお悩みでしたら、当社がそれらをお手伝いしたいと思います。

基本的には毎月訪問させていただき、必要書類やデータを拝見し、経営者さんと面談をしながら作成していきます。

「自社の資金繰りをしっかり管理したい」「自社の経営を良くしていきたい」「金融機関との良好な関係を維持したい」とお考えの経営者さん、もしそのようなサービスに関心がありましたらぜひお問い合わせください。

こちらの「お問い合わせフォーム」から受け付けております。面倒でしたらお電話でも受け付けております。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
またはお問い合わせフォームをご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

必要な額と理由の説明を前のページ

近代セールス2019年7月1日号に執筆記事が掲載されました次のページ

トライフィナンシャルサービス 差し迫っているお支払いにお困りの法人・個人事業主向け。

ピックアップ記事

  1. リスケは経営者が動かないと
  2. 税理士変更を検討してみませんか
  3. 経営改善に必要なこと
  4. 経営改善の秘訣は経営改善計画の策定とモニタリング
  5. 中小企業の事業リスク>金融機関の信用リスク

関連記事

  1. ブログ

    減価償却費による利益調整

    機械、車両、建物等を取得しても、購入した時に全額を経費にすることは原則…

  2. ブログ

    キャッシュの入りを増やす

    キャッシュフローを改善するには、キャッシュの「入りを増やす」か「出を減…

  3. 資金繰り

    リスケ中の返済額を減額したい

    リスケジュール(リスケ)をしてもらっている企業がその後の返済が計画通り…

  4. ブログ

    金融のルールは大手から中小に流れる

    年末か新年か忘れましたけど、メガバンクが預金口座維持手数料の導入を検討…

  5. ブログ

    政治家への融資口利き依頼

    中小企業の資金繰りに関するコンサルタントをしている…

  6. 銀行融資

    融資の返事が遅い場合の対応について

    顧問契約を結んでいるお客様からは聞かれないのですが、面談相談でお会いし…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 資金繰り

    ノンバンク利用の注意点
  2. 中小企業経営

    従業員に気を遣う経営者
  3. ブログ

    減価償却費による利益調整
  4. 中小企業支援制度

    セーフティネット保証4号認定申請前に必ず確認を
  5. 資金繰り

    消費税増税へ
PAGE TOP