資金繰り

資金繰り管理をお手伝いします

このブログでも資金繰り表の重要性は何度も書いております。資金繰り表は自社の資金管理に重要ですし、銀行融資の面でも金融機関は重視する資料です。

資金繰り表は、毎月いくら入出金があってトータルでいくらプラスあるいはマイナスだったかをまとめただけの簡単な資料です。

月ごとにいくら入出金があったか、そして今後の入出金を見通すのは、とても楽しい作業だと思いませんか。

だけど、やっぱりやったことがない中小企業にはややハードルが高いようです。それにマイナスが多い会社さんだと作成する気もなくなってしまうかもしれません。

当社の顧問先で半年前から決算見通しと同時に資金繰りの見通しを毎月作成している企業があります。やっぱり金融機関からの評判は良好です。金融機関も企業の今後については非常に重視しますから。

そのような経営をしていけば、資金繰りの見通しがはっきりして銀行融資対策も早めに取ることができます。それに税金面でも、いくらぐらいの納税額なのかも早めに分かりますから、節税や納税資金対策が取りやすいでしょう。

ちょっと面倒かもしれませんけどメリットは大きいのです。

というわけで、「自社でもそんな先を読む経営をしたいけど、自社では人材がいないため難しい」「顧問税理士がそういうことやってくれない」とお悩みでしたら、当社がそれらをお手伝いしたいと思います。

基本的には毎月訪問させていただき、必要書類やデータを拝見し、経営者さんと面談をしながら作成していきます。

「自社の資金繰りをしっかり管理したい」「自社の経営を良くしていきたい」「金融機関との良好な関係を維持したい」とお考えの経営者さん、もしそのようなサービスに関心がありましたらぜひお問い合わせください。

こちらの「お問い合わせフォーム」から受け付けております。面倒でしたらお電話でも受け付けております。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
またはお問い合わせフォームをご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

必要な額と理由の説明を前のページ

近代セールス2019年7月1日号に執筆記事が掲載されました次のページ

ピックアップ記事

  1. 中小企業の事業リスク>金融機関の信用リスク
  2. あきらめずにぜひご相談を
  3. 経営改善ができない経営者さんへ
  4. 認定支援機関の活用
  5. 条件変更改善型借換保証

関連記事

  1. ブログ

    営業外収益の補助金計上は自社の強みのサイン

    決算書の中にある損益計算書は、一会計期間の間にいくら儲かったのか、企業…

  2. 資金繰り

    保険を利用した節税には注意を

    せっかく稼ぎ出した利益を税金で取られるぐらいなら節税しようと考えたとき…

  3. 中小企業支援制度

    小規模事業者の資金調達がしやすくなりました

    すでにこのブログで書いた通り、4月から改正された信用補完制度がスタート…

  4. 銀行融資

    メリットのある担当者ですか?

    お付き合いのある金融機関は1行だけというより複数あると思います。…

  5. 銀行融資

    日本政策金融公庫との継続取引

    ■民間金融機関の補完的な役割日本政策金融公庫(以下、公庫)は、国が…

  6. 銀行融資

    借換えの提案

    小規模企業なら取引金融機関が1行だけということもありますが、通常は複数…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、東京都千代田区より情報発信します。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 資金繰り

    ファクタリング利用は慎重に
  2. ブログ

    3,4月に融資を受けたい市川市・浦安市の経営者さんへ
  3. ブログ

    巣鴨信用金庫と融資取引のある経営者さんへ
  4. 中小企業経営

    中小企業も書類作成能力が必要
  5. その他いろいろ

    きらぼし銀行さんに連絡してくださった方へ
PAGE TOP