銀行融資

必要な額と理由の説明を

銀行員:「いくら必要なのですか?」
社長:「借りられるだけ借りたい」

経営者の立場としては、どうせ借りるならうちの会社の限度額まで借りておきたい、という気持ちは分かります。少しでも手持ち資金を多くしておきたい、いくらが限度なのか分かっていた方が今後の事も考えやすいでしょうし。

金融機関の立場としてはどうでしょうか。融資額は担当者が決めることではありません。「〇〇〇万円ぐらいでどうでしょうか」とは言っても、最終的に決めるのは経営者です。だから借りられるだけ借りたいという返事は困ります。

私も経営相談やコンサルティングをしていると、「たくさん欲しい」と根拠なく言う経営者さんいます。

中には「今後の資金繰りを考えると〇〇〇万円必要です」と言ってくる経営者さんもいます。やはりしっかりした方が多いし、金融機関もそういう経営者さんなら評価できるでしょう。

いくら必要なのかを、例えば今後の資金繰り予想を作成してみて、8月末で500万円足りない、10月には入金が多くあり大幅にプラスとなるから、それまでの間500万円を埋めるために余裕を持って700万円程度借りたいというのならいいのですが。

もし資金繰り表を作るのが苦手、よく分からないということなら、売上の見通しだけでも説明しましょう。能力ある担当者ならそこから大雑把でも資金繰り予想を立ててくれます。もしダメでしたら、親しい専門家に聞いてみましょう。

それと「なぜ資金が足りないのか」、これも大切です。

理由はいろいろでしょうけど例えば、
・月末にA社からの入金予定が延びてしまった
・売上が減少し固定費と返済額をカバーできない
・利益はプラスだけど金融機関への返済が多い
・金額の大きい案件を受注して、先行する材料費の支払いが大きい
などいろいろあると思います。そのような理由はぜひ説明してください。

金融機関は、「何だかよく分からないけど、ずいぶんと預金が減ってきたから融資してください」では、融資として対応しにくいです。

財務内容が良好で書いてくださいとお願いされる立場なら、そんなこと言っても融資は出るでしょうけど、でもお願いする立場でそんなこと言ったら、やはりいくら必要か、そうなった理由、それはしっかりと説明できるようにしてください。

 

中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
またはお問い合わせフォームをご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

ピックアップ記事

  1. 当社は記帳代行も行っています
  2. リスケジュールのすすめ
  3. 税理士変更を検討してみませんか
  4. 条件変更改善型借換保証
  5. 中小企業の事業リスク>金融機関の信用リスク

関連記事

  1. 銀行融資

    与信

    与信とは、信用を供与することをいいます。金融機関では企業を審査…

  2. ブログ

    オンライン融資サービス「LENDY」

    融資審査へのAI(人工知能)活用が徐々に広がりつつあります。&…

  3. 銀行融資

    今日から11月

    今日から11月です。今年も残りはあと2カ月。9月に入ってからの…

  4. 銀行融資

    晴れの日に傘を貸して雨の日に取り上げる

    経営者なら「金融機関は晴れの日に傘を貸して、雨の日に取り上げる」という…

  5. 銀行融資

    新規の融資実行まで約3週間

    最近、顧問先に付き合いのある金融機関を紹介する事が多かったため、融資を…

  6. ブログ

    兼業・副業を通じた創業・新事業創出事例集

    経済産業省は5月31日に兼業・副業を通じた創業・新事業創出事例集を取り…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

おすすめ記事

  1. ブログ

    自社のキャッシュフロー計算書を確認しましょう
  2. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    2017年(平成29年)夏季休暇のお知らせ
  3. ブログ

    創業融資が難しいケース
  4. ブログ

    税理士変更を検討してみませんか
  5. 銀行融資

    改正信用補完制度スタートから1年
PAGE TOP