中小企業経営

リスケは経営者が動かないと

リスケ(リスケジュール)という言葉は、昔は知らない人も多かったですけど、今は経営者でなくても知られるようになりました。

返済等の条件を見直してもらうこのリスケ(条件変更ともいいます)は、当然ですけど経営者自身が金融機関に相談しなければなりません。

稀に、危なくなってきたら金融機関から提案してくれると思っている経営者さんがいますけど、いちいち「リスケしてあげましょうか」「おたく大変そうだから返済額を減らしませんか」なんて声かけしてくれません。条件変更の稟議書を作成して支店長や本部、あるいは信用保証協会の承認をもらわなければなりません。面倒だからできれば返済を続けて欲しいというのが本音です。

だから、経営者自身が自社の今後を考えてみて、「うちの会社、このままいくと資金がショートしそうだ」と感じたらリスケを考えてみましょう。金融機関にいきなり相談するのが不安だということなら、まずコンサルタント等の専門家に相談してもいいでしょう。

専門家に相談した結果、やはりリスケをした方がいいとなれば金融機関に申し込みましょう。

「厳しいことを言われるのかな?」と不安かもしれませんが、通常そんなことはありません。「通常」と書いたのは金融機関によって違うし行職員もいろいろいるからです。北関東の偉そうな態度を取ることが多いA銀行のように、「リスケしたいなんて、あなたの経営者としての能力に問題があるからだ。責任を取って経営者を辞めなさい」なんて言ってくることもありますが、通常はそんなことありません。

中小企業金融円滑化法が終了してからも、金融機関は債務者からの返済条件緩和の依頼には丁寧に対応するよう求められていますし、金融機関も基本的にはそのように対応してきました。

でも担当者としては、「では今後どのように業績が回復して、返済額も正常に戻るのだろう」と考えてしまいます。上司の承認をもらうにも今後の計画書(経営改善計画書)を提出してもらい、審査の資料としたいのです。

 

しかし、経営改善計画書なんて中小企業単独で作成することは困難な場合も多いでしょう。その場合、外部の専門家の力を借りて作成すればいいですし、それを支援する制度「経営改善計画策定支援事業」もあります。また、金融庁は「経営改善計画が単独で作成することが困難な中小企業に対しては、金融機関が経営者へのヒアリング、経営資料などを基に作成したものでも可能」としています。だから、経営改善計画書を提出しなくてもリスケに応じてもらえることもあります。

返済計画に基づいて今後の返済は実行されますが、すぐに計画通りにいかない内容ですと、金融機関からの信用も失いかねません。したがって、保守的な数字で作成するようにしましょう。金融機関からの支援を受けたいからと、強気な計画内容を作成するのはおすすめしません。

経営改善計画書の作成は、小規模企業にはやや手間になります。しかし、やはり自分たちで計画書を作成するほうが今後の経営にはメリットがあります。

なぜなら、他人にすべて作ってもらった計画書なんて中身がないからです。自分たちで経営が悪化した原因を見つけ、粉飾決算をしていたら本当の数字を見つけ、そこから今後どうしていけばいいのかを考えるから意味があります。それに計画に沿った経営をしていくでしょう。他人にすべて作ってもらっていたら、今まで通りの経営しかしないのです。

それに原則はこれまで述べたように、金融機関は企業支援の姿勢ですけど、やはりいつまで支援しても経営改善しない企業も多いものです。実際、リーマンショックや東日本大震災で経営が悪化したのを機にリスケをスタートさせたが、いつまでも再生しない企業はあります。そういう企業には金融機関の対応も、徐々に厳しくなっていく方向に向かうと考えた方がいいでしょう。だから経営者を中心に専門家の力を借りながら、今後どのように再生させていくのかを自分たちで作っていく必要があるのです。早いうちの方が再生する可能性は高いです。だから、「うちの会社、このままだとマズいのでは?」と思ったらすぐに行動することが重要です。

「うちの会社、経営悪化が続いている。リスケをした方がいいのだろうか」とお悩みでしたら、今後の事を一緒に考えてみませんか。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
またはお問い合わせフォームをご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

売上至上主義の問題点前のページ

必要な額と理由の説明を次のページ

トライフィナンシャルサービス 差し迫っているお支払いにお困りの法人・個人事業主向け。

ピックアップ記事

  1. リスケジュールのすすめ
  2. 融資を受けるために必要な資料
  3. 経営改善に必要なこと
  4. 営業利益は黒字ですか?
  5. 経営に役立つ経理を

関連記事

  1. 銀行融資

    増加する日本政策金融公庫と民間金融機関の協調融資

    民業圧迫から民業補完へ日本政策金融公庫(以下、公庫)や商工組合中央…

  2. 銀行融資

    (私の周りでは)金融機関の姿勢に大きな変化はありません

    もう5年以上お付き合いしている顧問先と一緒にメイン行を訪問してきました…

  3. 中小企業支援制度

    新型コロナウイルス感染症の緊急対応策(第2弾)

    経済産業省から「新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様へ」…

  4. 中小企業支援制度

    セーフティネット保証5号の追加指定

    新型コロナウイルス感染症の発生に伴い、影響を受けている業種が増加したこ…

  5. 資金繰り

    売上増加は資金繰りが苦しくなる原因

    経営が苦しい企業なら少しでも売上を増やしたいでしょうし、そうでない企業…

  6. 銀行融資

    今日から11月

    今日から11月です。今年も残りはあと2カ月。9月に入ってからの…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 銀行融資

    増加する日本政策金融公庫と民間金融機関の協調融資
  2. ブログ

    中間納税に注意
  3. 銀行融資

    やさしい銀行員が良いとは限らない
  4. ブログ

    古い情報よりも専門家の最新アドバイスを
  5. 未分類

    決算書提出は義務?
PAGE TOP