銀行融資

今期の見通しを説明できますか

保証協会付き融資が出た顧問先でのことなのですが、金融機関から共通して言われたことは「今期の見通しを出してください」でした。

どの顧問先も決算が近づいていたからだとは思います。ただ、これまで直近の試算表とは言われても、今期の見通しについて決算予想の資料提出や説明を求められることが(無かったわけではないけど)最近多いなと。

また、取引が何年もある金融機関なのですが、「事業内容について再度確認させてください」と言って訪問してきた銀行もありました。

どちらも信用保証協会から、融資先の事業内容や業績見通しを知りたいと確認してきたことが原因です。

昨年4月から改正された信用補完制度がスタートしました。創業期にある中小企業や小規模企業への保証枠拡充による支援、そして信用保証協会と金融機関が連携してリスクを分散しながら支援していくことが求められる内容です。新制度による大きな混乱もなく進んだように思います。しかし、1年経ったためでしょうか、保証審査において金融機関に対していろいろ確認することが増えているように感じます。

これからも信用保証協会から金融機関に対して、保証申し込み時の業況や今後の見通し、そして金融機関の支援姿勢を確認しながら、保証審査を行っていくのです。

事業内容を再度確認させてくれというのは、いつ来ても対応できるでしょうが、今期の見通しを教えてくれというのは、日頃から準備していないとすぐに答えられません。

どちらの顧問先も日頃から経理業務をしっかり行っていました。決算3か月前には決算予想を出しているので、すぐに対応でき融資は実行されました。

信用保証協会が付いた融資なら、保証申し込みをすれば1週間ぐらいで保証が出て、金融機関も融資実行となるとの考えは注意が必要でしょう。決算書と試算表を出しておけば、後は金融機関が適当にやってくれるとはいかなくなりました。

経営者自身も自社の経営状況を数字で確認する、問題点を改善する、そして業界の動向や自社の商品やサービスから今期の見通しを考え金融機関に報告する、そんな企業の行動が求められているのです。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
またはお問い合わせフォームをご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

近代セールス2019年6月15日号に執筆記事が掲載されました前のページ

コンサルタントの活用次のページ

ピックアップ記事

  1. 条件変更改善型借換保証
  2. リスケジュールのすすめ
  3. 融資を受けるために必要な資料
  4. 中小企業も書類作成能力が必要
  5. 今の経営で大丈夫ですか?

関連記事

  1. ブログ

    東京都信用保証協会のビジネスチャンス・ナビ2020連携保証制度

    ブログでご紹介するのをすっかり忘れていました。…

  2. ブログ

    顧問先に金融機関を紹介しました

    豊島区で製造業を営んでいる顧問先とはもう15年近くお付き合いをさせて頂…

  3. 銀行融資

    企業と金融機関は対等

    当社の顧問先に1社いるのですが、無意識に金融機関が上で自社が下の立場で…

  4. 中小企業経営

    重要なのは経営者からの説明

    コロナウイルスで売上が前年同期比で減少したら、セーフティネット保証等を…

  5. 銀行融資

    信用保証協会はどの金融機関で使うべき?

    「信用保証協会の保証枠はメインバンクで使え」と言われたことがある経営者…

  6. 銀行融資

    金融機関との交渉を丸投げしたい

    金融機関との交渉は、こちらが優位な立場にあるのなら短時間に、かつ多くの…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. ブログ

    定期預金を担保にした融資
  2. 資金繰り

    税金の分割納付中に差押え
  3. 銀行融資

    金利引下げで苦しむ金融機関
  4. ブログ

    経営問題の原因と改善策を一緒に考えませんか?
  5. 銀行融資

    コロナの影響が出ても金融機関から連絡がない
PAGE TOP