銀行融資

資金調達できましたとのご連絡

東京都の顧問先様なのですが、資金調達ができたと連絡がありました。昨年からお付き合いを始めたその顧問先様は、創業融資は順調に受けられたのですが、その後の資金調達に苦しんでおられました。

あまり業績が芳しくないことが理由です。プロパー融資は無理だというので、信用保証協会や別の保証会社を利用したようしたものの、それらからもいい返事がもらえません。

しかし、このままでは後々の資金繰りに窮することになりますから、早めに対策を取ることにしたのです。

とはいっても、資金繰り表や事業計画書なんて資料はなく決算書しかありません。試算表すら作っておらず、1年分の領収書や通帳コピーなどを1か月程度で会計ソフトに入力して決算書を作成していました。

過去の決算書を拝見すると、売上総利益率が業界平均よりも明らかに低く改善が急務でした。資金調達もありますが、業績管理がしっかりできるよう、まずは遅れずに試算表を作成できるようにしました。案件ごとに見積もりをしたときの利益率を確保できているか、すぐに把握できるようにしたのです。

仕事の依頼は途切れずにある顧問先でした。計画書は利益率改善により今期は十分な利益が確保できそうだとする内容で、実際の数字もその通りに推移している事が明確になり、新たな融資が出る結果となりました。

ところで、決算書は税金を計算するために作成するのではありません。金融機関からの資金調達にも必要ですし、さらに自社の経営内容をチェックする財務書類でもあります。

したがって、必ず異常な箇所はないか決算書をチェックしましょう。そしてその問題点を改善し、直近の試算表と今後の売上予想から、今期の決算はどのような数字で落ち着きそうかを早めに把握できるようにしなければなりません。

これからもどんどん良くなっていくのなら、ゆとりを持って資金調達に動き始めてもいいでしょう。逆に悪化が見込まれるのなら、今のうちに融資の相談をしたほうがいいし、あるいは手持ち資金に少しでも余裕のあるうちにリスケジュールを相談する必要があるのです。

「うちの取引銀行は今後の見通しなんて評価してくれないよ」とお悩みの経営者さんもいるでしょう。仮にそうだとしても、自社の経営改善そして資金繰り管理のためにも決算書の確認と、試算表や資金繰り表の作成ぐらいは必要ですし、そこから今後どうなっていくのかを数字で管理しなければならないのです。まずは「現状、うちの会社はどうなっているの」を経営者さんが把握できるようにしましょう。

そうはいっても、「会計ソフトで試算表は作れるにしても、資金繰り表はどうしたらいいのか分からない」というご意見もあります。よく分かります。当社顧問先でも資金繰りに関する本を読んだけど無理だったという経営者さんばかりです。

そんなときは、お付き合いされている税理士さんや、当社のようなコンサルタントに相談してください。営業のような内容になってしまいますが、今後の資金繰り予想を立てて管理することは非常に重要なのですから。

資金繰りの本はあらゆる企業を対象にしているため、そこに書いてある資金繰り表のひな型は自社には使いにくいかもしれません。みなさんの会社に合った資金繰り管理を教えてもらうようにしてください。

 

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
またはお問い合わせフォームをご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

困った担当者前のページ

経営者の性格で再生が難しいと判断されるケース次のページ

ピックアップ記事

  1. 会社の健康診断をしていますか
  2. 経営セカンドオピニオンは全国対応にしました
  3. 税理士変更を検討してみませんか
  4. 中小企業も書類作成能力が必要
  5. 認定支援機関の活用

関連記事

  1. ブログ

    望ましい借り方

    銀行から融資を受ける場合、必ず聞かれるのが資金使途です。資金使途は大き…

  2. 経理業務

    早期解消が難しい貸付金

    顧問先を訪問して会計データをチェックしていると、従業員への貸付金処理を…

  3. 資金繰り

    円滑な資金供給の促進に向けて

    金融機関から資金調達をする際のイメージというと・決算書の内容が…

  4. 銀行融資

    信用保証協会のデメリット

    金融機関の立場としては、中小企業への融資は自行のリスクを回避するために…

  5. 資金繰り

    資金繰り管理をお手伝いします

    このブログでも資金繰り表の重要性は何度も書いております。資金繰り表は自…

  6. 銀行融資

    晴れの日に傘を貸して雨の日に取り上げる

    経営者なら「金融機関は晴れの日に傘を貸して、雨の日に取り上げる」という…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 銀行融資

    顧問先の9月融資がすべて承認されました
  2. 銀行融資

    金融機関のノルマ廃止
  3. 銀行融資

    人事異動で融資が厳しくならないように
  4. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    テレビの取材を受けました
  5. 銀行融資

    金利よりも資金繰り支援に積極的な金融機関を選ぶ
PAGE TOP