銀行融資

顧問先の資金調達が成功

現在、顧問先3社の資金調達に動いています。

顧問先のうち1社は、1期目はほとんど売上がなかったため、2期目の今期が実質1期目といえます。以前、メインの金融機関がやってきて「お金借りませんか」とセールスしてきたので、余裕を持っておこうと申し込んだのですが、残念ながら保証会社からの承認がおりなかったということでした。それで当社と顧問契約をしてくださいました。

今すぐ資金ショートするわけではなかったのですが、あと半年程度で預金残赤がかなり厳しくなりそうなので、早めに対策を立てるようにしました。

実質1期目ですし事業計画書なども特に提出していません。ということで、まずはこれまでの実績を示すために試算表を作成、さらに今期はまだ半年あるのですが今後の見通しを入れた決算予想、1年間の資金繰り実績と見通しも作成し提出しました。

そしてその後、計画通りに進捗していることを試算表で説明していったのです。

そのため、当初の計画通り経営者・金融機関双方が納得いく数字で落ち着く可能性が高いとなり、金融機関も前向きな姿勢に変わり融資が実行されることになりました。

資金調達に動かなければと気が付いたのが遅かったとしても、経理作業をある程度しっかりやっていれば、金融機関が求める経理書類は提出できます。しかし、疎かにしていると作成に時間がかかりさらに資金調達できるまで日数を要します。それでも調達できればいいのですが、残念な結果となった場合には金融機関からは困難となっていることも多く、ノンバンクやファクタリングの利用、あるいは支払いが遅れるという結果になってしまうこともあります。

試算表はどの企業でも提出を求められると思った方がいいです。信用保証協会でも決算から半年が経過した企業は必要書類に試算表と書かれていますが、経過していなくても提出した方がいいです。

だからといって試算表だけで十分とはいえません。金融機関から借りてくださいとお願いされる立場でない、あるいは一度否決された場合は、追加書類があった方がいいでしょう。より自社の現状を知ってもらえる書類が作成できるなら、今後の見通しが分かるよう事業計画書を提出してください。

急に資金が不足しそうだと慌てて動き出しても、不利な条件での調達に選択肢は限られ、無駄な利息や手数料が発生します。それが経営を圧迫することもあります。

ファクタリング会社を否定する気はありませんが、やはりファクタリングは手数料が高いです。一度利用してしまうと抜け出すのが難しい企業も少なくありません。年間のファクタリング会社へ支払う手数料がなければ余裕で黒字決算ができ、返済も再開できるのにという企業にも出会います。

すべての業種・企業ができるとは限らないでしょうし、うちの事業内容からするとそれは難しいということもあるでしょうが、半年から1年程度の損益予想は立てて、そこから資金繰りの予想を立ててみましょう。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
またはお問い合わせフォームをご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

地域銀行に対する「経営者保証に関するガイドライン」のアンケート調査の結果について前のページ

経営改善は進んでいますか?次のページ

ピックアップ記事

  1. 会社の健康診断をしていますか
  2. 古い情報よりも専門家の最新アドバイスを
  3. 中小企業の事業リスク>金融機関の信用リスク
  4. 経営に役立つ経理を
  5. リスケジュールのすすめ

関連記事

  1. ブログ

    経営改善計画書は毎年見直してもかまいません

    リスケジュールをしている企業は、多くが経営改善計画書を作成して、銀行に…

  2. ブログ

    粉飾決算

    本当は赤字や債務超過なのに粉飾によって利益操作を行い、財務内容の良い企…

  3. ブログ

    銀行から評価される付き合い方

    銀行に融資を申し込む場合、融資が実行されるまで必要書類の提出を求められ…

  4. 中小企業経営

    金融機関との信頼関係は一朝一夕でできるものではない

    新型コロナウイルス感染症の影響を受けている中小企業への融資がスタートし…

  5. 銀行融資

    歩積・両建預金

    歩積・両建預金とは歩積・両建預金(ぶづみりょうだてよきん)とは、金…

  6. 資金繰り

    急増する公庫への融資申し込み

    新型コロナウイルス問題に伴い、日本政策金融公庫(以下、公庫)への融資申…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 銀行融資

    他県から進出してきた金融機関と付き合う
  2. 中小企業経営

    テレビ取材を受けたい
  3. 中小企業経営

    30年ぶりの虫歯
  4. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    3月の資金繰りは大丈夫ですか?
  5. 銀行融資

    粉飾決算を伝える方法
PAGE TOP