銀行融資

社会保険料の未納を融資で解消したい

社会保険の加入が強化された影響でしょうか、「社会保険料の未納がある。今は分割で納付しているのだけど、それが結構きつくて。だからどこかの銀行から融資を受けて一括納付をしたいのですが」という相談を時々いただきます。しかもそういうご相談の場合、未納額は結構な額になっていることがほとんど。

タイトルに書いた通り「社会保険料の未納を融資で解消したい」、経営者のそういうお考えというか気持ちは非常に理解できます。しかし、金融機関がそのような資金使途で融資することはありません。

社会保険料は税金と一緒で、日本で経営する企業の義務ともいえます。そんな義務を果たしていない企業に融資で支援することは不適切だということです。

それに社会保険料を納付できないということは、それだけ資金繰りが苦しい企業ということです。仮にその企業に融資をして未納を解消できたとしても、今度は返済が滞る可能性が極めて高いといえるでしょう。融資した途端、延滞が発生しそうではやはり融資は困難なのです。

口座の残高が足りず引き落としができなくて、納付書が送られてきて支払うということはあるでしょう。すぐに未納が解消されているのなら大きな問題にはなりません。

「社会保険料が未納になりそうだ」そう感じたらすぐに新規融資あるいはリスケジュールに動きましょう。未納が発生してしまったという段階でもまだチャンスはあります。しかし、もう「未納額がかなりある」「解消するのは何年後になるか分からない」では事業継続は難しいでしょう。

「少ないながらも利益が出ている」あるいは「これから利益計上が確実」というのなら、リスケジュールをしながら、未納を少しずつ解消していくことはできるでしょうし、金融機関も支援してくれる可能性は高いです。

いつも言っていることですが、対応が遅れるとそれだけ対応策は減っていきますし、事業継続の可能性も低くなっていきます。

でも、社会保険料が未納という企業から相談を受けると、ほとんどがとんでもない金額になっているんですよね。それで、経営者さんからは「一気に解消できる裏技ないですか?」と聞かれるのですが、私が知っている範囲ではありません。

ファクタリングやノンバンクを利用することで資金調達できたとしても、金利や手数料が高いですし、その後の資金繰りにも悪影響が出るでしょうから注意してください。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
またはお問い合わせフォームをご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

ピックアップ記事

  1. 当社は記帳代行も行っています
  2. 中小企業の事業リスク>金融機関の信用リスク
  3. 融資を受けられない中小企業様へ
  4. 中小企業も書類作成能力が必要
  5. 今の経営で大丈夫ですか?

関連記事

  1. ブログ

    健康経営融資

    東京東信用金庫のホームページに「健康宣言」というページがありました。…

  2. 銀行融資

    金融機関の対応が遅い

    皆さんがお付き合いされている金融機関の担当者はどんな人ですか。年数回し…

  3. ブログ

    東京都は年末・年度末の資金需要対策を実施

    東京都の制度融資についてなのですが、年末から年度末にかけて中小企業の緊…

  4. ブログ

    メガバンクとの融資取引はしやすくなってきたけど

    どの金融機関と取引するか判断するのは、経営者の仕事ですし特に決まったも…

  5. ブログ

    これからも続く地方銀行統合の動き

    地方銀行に対して、金融庁は2年位前から銀行経営陣に対して今後の銀行経営…

  6. ブログ

    銀行融資に頼らない資金繰りを目標に

    銀行から融資を受ける場合、必ず聞かれるのが資金使途です。資金使途は大き…

無料・有料相談実施中

ピックアップ記事

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

おすすめ記事

  1. ブログ

    決算書提出を嫌がる経営者
  2. ブログ

    商工中金で不適切な融資が行われていました
  3. 銀行融資

    金融機関をご紹介させて頂きました
  4. ブログ

    見直し後の信用補完制度は平成30年4月1日からスタート
  5. 中小企業経営

    売上ではなく粗利を目標に
PAGE TOP