銀行融資

メインバンクの変更

どこが自社のメインバンクかと考える場合、通常は融資残高で決めることが多いでしょう。ただ、融資残高が一番多いとしても保証協会付きばかりの金融機関よりも、残高は少なくてもプロパー融資の多いほうが本当のメインバンクと見ることもできます。そして、口座の動き(支払いや売上代金の入金)もメインバンクが一番多いと思います。

複数の金融機関と取引をしていると、メインバンクとは取引や会う回数も多いから、どうしても不満に思うことも出てくるでしょう。前の担当者は良かったけど今の人はちょっと不満がある、他行の担当者のほうが優秀だからメインバンクを替えたいなどと。

多少できの悪い担当者に当たってしまった、気に入らないことがあったとしても、そう簡単にメインバンクを替えるのは慎重になさったほうがいいと思います。

長年、メインバンクとして取引してくれていることを金融機関は意外と重視するからです。だからメインバンクは、業況が厳しくなった時も最後に支援してくれる可能性が高いのです。

とはいっても変更しなければならないケースもあります。例えば、自社を支援する意思が全くない場合でしょう。

当社顧問先はメインのA銀行に融資の相談する際、今後の売上計画を持って行ったところ、支店長から「こんなできもしない計画書を持ってくるな」と怒鳴られたうえ計画書を投げつけられ、「保証協会は認めても俺は絶対に承認しないからな」と言われたとのことです。仮にできもしない計画書だったとしてもまずは説明を聞くべきです。そして「もっと保守的な数字で出してください」「専門家に一度見てもらってください」と言うのがメインバンクです。ちなみに顧問先さんは計画通りに売上は推移しています。私のアドバイス通りメインをA銀行から武蔵野銀行に変更しつつあります。

そしてもう一つ、自社のためにならないというか、担当者の営業目標のための提案ばかりしてくるのも問題です。担当者都合で融資をお願いしてくる、投資信託や生命保険そしてカードローンを強引にセールスしてくることがあります。

資金繰りをメインバンクに握られていると断りづらいでしょう。断っても取引に影響ない銀行がもちろん多いのですが、中には露骨に嫌な顔をしたり、今後の対応に変化が出ることもいまだにあります。こんなことばかりしてくるようなら、メインバンクは変更するべきでしょう。

ただ、他の取引金融機関に説明もなしに行うと、「メインバンクさんとけんかでもしたのか」「メインバンクが引いてしまうような企業なのだろうか」と変に疑われるのも嫌なので、メインバンクになって欲しいと考えている金融機関の担当者に理由を説明して徐々に変更していくのがいいです。

なお、みなさんの会社がある都道府県に本店がある地方銀行や信用金庫をメインバンクにしましょう。県にもよりますけど、信用保証協会は地元の金融機関の方が審査は前向きになることがありますから。それに他県に本店がある金融機関ですと、撤退すると取引が不便になる可能性があるからです。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
またはお問い合わせフォームをご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

毎月の売上を報告する前のページ

メガバンク1行取引は要注意次のページ

ピックアップ記事

  1. 認定支援機関の活用
  2. 今の経営で大丈夫ですか?
  3. 税理士変更を検討してみませんか
  4. 融資を受けられない中小企業様へ
  5. 当社は記帳代行も行っています

関連記事

  1. 銀行融資

    保証協会付き融資だけは1行取引と同じ

    中小企業でも経営者によって、規模を拡大していきたい、逆に事業拡大はせず…

  2. 中小企業経営

    粉飾決算への警戒

    新型コロナウイルス発生前から、金融機関には融資先の粉飾決算による被害が…

  3. 銀行融資

    金融機関から営業してもらうには

    こちらから金融機関に出向いて新規の取引を始めることはできます。しかし、…

  4. ブログ

    9月の融資対応は早めに

    当社は昨日までお休みで今日から仕事でしたが、お盆期間中にも相談したいと…

  5. ブログ

    経営改善計画書は毎年見直してもかまいません

    リスケジュールをしている企業は、多くが経営改善計画書を作成して、銀行に…

  6. 資金繰り

    今年はさらに資金繰りが厳しいと不安ではありませんか

    昨年のコロナ融資による資金調達には成功したものの、その後、新規融資を断…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. ブログ

    算定基礎届事務説明会に行ってきました
  2. 経営者

    継続することが大切
  3. 銀行融資

    金利引下げは交渉できる
  4. 中小企業経営

    ネットの情報が正しいとは限らない
  5. 中小企業経営

    モンスター社員の増加
PAGE TOP