中小企業支援制度

セーフティネット保証5号 4月からの指定業種が公表されました

経済産業省は、業況の悪化している業種に属する事業を行う中小企業者を対象とするセーフティネット保証5号について、平成31年度第1四半期の対象業種を指定しました。

みなさんの会社が以下の概要に該当する場合は、別枠での保証を受けられる可能性があります。

セーフティネット保証5号の概要

1,対象者
業況の悪化している業種に属する事業を行う中小企業者であって、経営の安定に支障が生じていることについて、市区町村長の認定を受けた中小企業者。

2、企業認定基準
指定業種に属する中小企業者であって、以下のいずれかの基準を満たすこと。
イ)最近3か月間の売上高等が前年同期比で5%以上減少している中小企業者。
ロ)製品等原価のうち20%を占める原油等の仕入れ価格が20%以上上昇しているにもかかわらず製品等価格に転嫁できていない中小企業者。

保証限度額、保証割合、保証料率
保証限度額:一般保証とは別枠で、無担保保証8千万円、最大で2億8千万円
保証割合:借入額の80%
保証料率:保証協会所定の料率(0.7~1.0%)

指定業種は大幅に減少

指定業種:平成31年4月1日から平成31年6月30日までの主な対象業種は次の通りです。運送業、建築設計業、一般電気工事業、電気配線工事業等、153業種が対象です。

こちらで対象業種を確認できます。(セーフティネット保証5号の指定業種、平成31年4月1日~平成31年6月30日

3月末までは207業種でしたから大幅に減少しました。

かつては緊急保証制度として原則全業種を対象としていましたが、現在は対象業種も大幅に減少しており、かつ保証割合も80%に変更されたため、利用する企業は多くはありません。しかし、当社の顧問先でも通常の保証では良い回答が得られなかったのに、この制度によって資金調達できたケースがあります。もし対象業種に該当し、売上高等が減少しているのなら、利用を検討してみるといいでしょう。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
またはお問い合わせフォームをご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

ピックアップ記事

  1. 経営に役立つ経理を
  2. 経営コンサルタント+税理士で御社の経営を支援
  3. 中小企業の事業リスク>金融機関の信用リスク
  4. 当社は記帳代行も行っています
  5. あきらめずにぜひご相談を

関連記事

  1. ブログ

    経営改善ができない経営者さんへ

    2月または3月決算書の会社さんは、これまでの受注状況や来店客数の推移か…

  2. 中小企業支援制度

    経営改善計画書の説明をしてきました

    当社は認定支援機関として活動していますが、特に経営改善計画策定支援事業…

  3. 中小企業支援制度

    緊急短期資金保証(令和元年台風15号による災害)の取扱い開始

    千葉県信用保証協会では、台風15号による被害を受けている中小企業に対し…

  4. ブログ

    平成29年1月以降のセーフティネット保証5号の指定業種について

    通常、金融機関は業績の良好な企業に融資をしたいと考えます。しかし、不況…

  5. 中小企業支援制度

    早期経営改善計画策定支援事業を利用してみました

    中小企業の多くは計画書(経営改善計画書、事業計画書等)を作成し、それに…

  6. ブログ

    今の経営で大丈夫ですか?

    毎日頑張っているのになかなか黒字にならない、資金繰りが楽にならない、と…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

2019年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

おすすめ記事

  1. 中小企業経営

    中小企業の事業リスク>金融機関の信用リスク
  2. 中小企業経営

    悪質な粉飾決算は絶対にやめましょう
  3. 銀行融資

    不動産担保
  4. 中小企業経営

    顧問先でバックレ退職
  5. 中小企業支援制度

    小規模事業者の資金調達がしやすくなりました
PAGE TOP