銀行融資

メリットのある担当者ですか?

お付き合いのある金融機関は1行だけというより複数あると思います。

それは1行取引だと消極的な姿勢になったとき、他行から資金調達できなくなってしまうからですし、複数の方が適度な競争が生まれ、金利などで有利な条件を引き出しやすいメリットもあります。

特に担当なんていない(来てくれない)企業もあるでしょうが、とりあえず担当者がいるみなさんの所に来てくれる行員は、どんな対応をしてくれますか。

訪問してきても「借りてくれませんか」「おすすめの金融商品があるのですが」「保険に入ってくれませんか」と自分の営業ばかり優先していないでしょうか。それでも他行より低金利の融資を手案してくれれば、まだ私たち企業にもメリットはありますが。

ただ、それならどの行員でもできることです。

行員としても営業目標がありますから、自分自身のために少しは動くことも仕方がありません。しかし、やはり相手(企業)にもメリットのある提案をしてくれているでしょうか。

昨年、当社の顧問先が資金繰りに悩みリスケジュールの相談をしました。経営改善計画策定支援事業を利用して、全取引金融機関からの支援を取り付けることに成功しました。さらにメインの京葉銀行は、資金繰り支援だけでなく販路開拓でも支援するとビジネスマッチングに協力してくれました。

販路開拓を支援となると、そう簡単にはいかないこともあるでしょう。しかし、資金繰りが改善されるような融資の提案、設備が老朽化して年間の修繕費がかさんでいることが決算書でも明らかなら、設備資金を融資しての機械導入を提案する、取引先の経営改善の成功事例の紹介、補助審のお知らせ等、ただ借りてくださいとお願いするだけでなく、こちらにもメリットのある提案をして欲しいものです。

もしそういう提案ができる担当者がついてくれているのなら、他行よりも多少金利が高かったとしても大切にしたほうがいいかもしれません。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
またはお問い合わせフォームをご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

借入余力でセールスしてくる金融機関前のページ

近代セールス2019年4月1日号に執筆記事が掲載されました次のページ

ピックアップ記事

  1. 税理士変更を検討してみませんか
  2. 悪質な粉飾決算は絶対にやめましょう
  3. 経営セカンドオピニオンは全国対応にしました
  4. あきらめずにぜひご相談を
  5. 認定支援機関の活用

関連記事

  1. 銀行融資

    今期の見通しを説明できますか

    保証協会付き融資が出た顧問先でのことなのですが、金融機関から共通して言…

  2. 銀行融資

    事業性評価融資

    コロナウイルスで亡くなった方はそれほど増えていないようですが、感染者数…

  3. ブログ

    広島銀行の震災時元本免除特約付き融資

    広島銀行は4月14日に「震災時元本免除特約付き融資」を創設し、第1号案…

  4. 銀行融資

    昨日、千葉県信用保証協会に行ってきました

    昨日ですが、千葉県信用保証協会に行ってきました。8月からお手伝いしてい…

  5. ブログ

    役員報酬

    役員報酬については、以前のブログでも書きましたが、再度ここで書かせてく…

  6. 中小企業経営

    試算表を作成するメリット

    とても簡単に説明すると、1年間の取引をまとめたものが決算書であり、その…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. その他いろいろ

    金融機関への不要不急の訪問は避けましょう
  2. 資金繰り

    銀行融資以外の資金調達方法
  3. 中小企業経営

    従業員に気を遣う経営者
  4. 資金繰り

    資金繰りの悩みを解決したい
  5. 中小企業経営

    働かない資産は処分の検討を
PAGE TOP