銀行融資

担当者の対応に変化はありませんか

金融機関が突然融資をストップすることは今でも確かにあるでしょうが、現在は長年付き合っている融資先に、いきなりそんなことはしないものです。ただ、今までのお付き合いの中で、今後の融資が難しいとほのめかすような発言や対応があったと思います。

「次回からは無理です」と明確に伝えてくれれば分かりやすいのですが、今後難しくなる可能性が高い場合であれば、何らかのサインが出ているはずです。

私が融資担当者だった時代のことです。毎月、手形割引をしているA社という融資先企業があり、販売先B社からの売上代金は手形で受け取っていました。そして、手形を割り引いて欲しいと毎月持って来るのでした。

今はやっていないと思いますが、私の時代は手形を割り引く場合、手形を振り出す企業(ここでは販売先のB社です)と取引のある金融機関(その手形を支払う口座がある金融機関)に、信用照会というものを行っていました。相手の金融機関に取引内容、直近の年商、事業内容、手形決済の見込みなどを電話や文書で確認するのです。

それを3か月に1回やらなければならなかったのですが、そのたびに年商が減少、B社とB社取引銀行の取引内容も縮小していて、B社の業績悪化や手形決済の見込みも懸念なしとはいえなくなってきました。

だからといって、A社に「おたくの販売先B社は危ない企業かもしれない」と伝えるわけにはいきません。でも遠回しに気を付けたほうがいいという内容と、このままでは近い将来、割引が困難になることもあると伝えておいたのです。いきなり新規の取引先を開拓することは難しいだろうからということで、少しでも早めに伝えておいたのです。

しかし、そのA社からは同じ販売先B社から振り出された手形を持ってきました。そして、1年経ったあたりでもうこの手形は割引できないという結論に至り、A社社長に伝えました。

A社社長は「なんで割引してくれないんだよ」と非常に怒っていました。

私の言い方が悪かったのか、(当時は20代でしたから)若造から言われたのが気に入らなかったのか分かりませんが、1年前から割引が難しくなることを伝えておいたにもかかわらず、対策を怠ってきた経営者にも問題があります。

中小企業経営者の中には、金融機関はこれからもこれまで通りの支援をしてくれると思い込んでいることがあります。あるいは支援し続けて欲しいという願望かもしれません。しかし、融資の対応は企業の業績、業界の動向、経済環境、金融機関の経営内容などによって変化します。

担当者から「これから難しくなるかも」と言われなくても、
・以前ほど来てくれなくなった
・相談してから融資実行まで日数を要するようになった
・条件が厳しくなった(金利引き上げ、保証協会が必要など)
・提出書類が増えた
などの変化があれば注意が必要だと思います。

他行との関係を強化しておく等の対策を立てておきましょう。また、新規融資が出ない場合は資金繰りに影響がないかも確認しておきましょう。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
TEL:047-379-9508
またはお問い合わせフォームをご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

どうせ前のページ

役員報酬の大幅な引き下げ次のページ

ピックアップ記事

  1. 会社の健康診断をしていますか
  2. 経営に役立つ経理を
  3. 経営改善に必要なこと
  4. 経営改善の秘訣は経営改善計画の策定とモニタリング
  5. 悪質な粉飾決算は絶対にやめましょう

関連記事

  1. ブログ

    望ましい借り方

    銀行から融資を受ける場合、必ず聞かれるのが資金使途です。資金使途は大き…

  2. ブログ

    ハズレ銀行員が自社の担当になることもあります

    誰でも知っている事ですが、銀行の担当者というのは数年で異動してしまいま…

  3. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    8月になりました

    今日から8月ですから今年も残り5カ月となりました。…

  4. 銀行融資

    晴れの日に傘を貸して雨の日に取り上げる

    経営者なら「金融機関は晴れの日に傘を貸して、雨の日に取り上げる」という…

  5. 銀行融資

    この固定資産本当にあるの?

    貸借対照表には固定資産が計上されているけど、実際には存在しない、そんな…

  6. 銀行融資

    知ってナットク!事例集

    決算書を拝見すると連続赤字、借入過多、債務超過と、銀行員が研修で学ぶ理…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 銀行融資

    カードローンで資金調達
  2. 金融機関に関するニュース

    地域銀行に対する「経営者保証に関するガイドライン」のアンケート調査の結果について…
  3. ブログ

    支払順位
  4. 中小企業経営

    事業再生のカギは一日も早い相談
  5. その他いろいろ

    LGBTに配慮した住宅ローン
PAGE TOP