銀行融資

「情報の非対称性」の解消

情報の非対称性

大学は経済学部でしたが、経済学の授業で確か「情報の非対称性」というのがテキストに載っていたと思います。

細かい説明は省きますが、商品の売買取引が行われるとき売り手と買い手の情報に差があることを情報の非対称性と言うのですが、通常は買い手よりも売り手の方が商品に関する情報を多く持っています。持っている情報量に差がある場合、または買い手側が持っている情報が誤った内容である場合、買い手が不利益を被ることがあります。

これは銀行融資でもよくあることです。

中小企業は株式を公開しているような企業に比べると、経営情報(特に財務情報)の開示は明らかに劣っています。年1回の決算書だけかもしれませんし、その内容も粉飾によって正確性が歪められているかもしれません。中小企業向け融資において、金融機関は圧倒的に情報が不足していることが多いのです。

中小企業に対する融資は、限られた情報と正確かどうか分からない決算書ぐらいしかありません。金融機関側も決算書や試算表の信頼性が低いことは承知しています。

銀行融資における情報の非対称性については、中小企業白書2005年版では次のように書かれていました。

以下引用
大企業に比べ中小企業が資金調達する際に困難を生ずる大きな要因として、貸手が借り手の質や、借りた後の行動を正確にモニタリングすることが難しいため、貸手と借り手の間に生じる「情報の非対称性」が指摘されており、中小企業が円滑に資金調達を行うためにはこの「情報の非対称性」を緩和することが必要不可欠である。このため不動産担保だけでは 「情報の非対称性」によるリスクがカバーしきれなくなっている状況下では、不動産担保以外の手段により「情報の非対称性」の緩和をすることが金融機関等に求められている。
引用ここまで

情報の非対称性解消のために

金融機関の担当者は、基本的にみなさんの会社に融資をしたいと考えています。それは自分のノルマもありますが、顧客のために役に立ちたいと思っているからです。

しかし、どんなに優秀な担当者であっても、情報の量が不足していたり、情報の質が低かったりすれば、上手に稟議書を書くことが難しくなります。どこの企業でも小さな問題点を抱えていますが、そんなのだって気の利いた担当者なら有利に解釈をして稟議書を作成しますから、提供する情報は多い方がいいのです。

普段は決算書と試算表ぐらいしか提出しないでしょうけど、資金繰り表、契約書、見積書等も提出して欲しいですし、また、自社の将来性を評価してもらうために、ぜひ経営計画書等の作成・提出も検討してください。

金融機関は自分たちと対立する存在だという立場で対応する経営者が多いのですが、そういう姿勢が金融機関との付き合い方に悪影響であると認識されたほうがいいでしょう。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
TEL:047-379-9508
またはお問い合わせフォームをご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

ピックアップ記事

  1. 経営改善ができない経営者さんへ
  2. 営業利益は黒字ですか?
  3. 当社は記帳代行も行っています
  4. 条件変更改善型借換保証
  5. 今の経営で大丈夫ですか?

関連記事

  1. ブログ

    9月の融資対応は早めに

    当社は昨日までお休みで今日から仕事でしたが、お盆期間中にも相談したいと…

  2. ブログ

    銀行融資の裏技

    銀行からすると、本音では次のような企業に融資をしたいと思います。…

  3. ブログ

    設備資金の返済はゆとりを持って

    中小企業にとって機械等の設備導入は、将来の経営にも大きな影響を与えます…

  4. ブログ

    狙いは集金だけではない

    かつて金融機関は積立預金の集金で取引先のところによく行っていました。信…

  5. ブログ

    少額融資の申込み

    企業の規模と比べあまりにも少額の融資は良い印象を持ってもらえない事が多…

無料・有料相談実施中

ピックアップ記事

2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

おすすめ記事

  1. 銀行融資

    金融機関の対応が遅い
  2. ブログ

    銀行員の転職希望者が急増
  3. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    今月は休日に資金繰り相談会を行います
  4. 銀行融資

    売上減少が気になってしまう金融機関
  5. 銀行融資

    金融機関は今後の取引拡大を期待
PAGE TOP