資金繰り

毎月の積立額が多い

預金金利が極めて低い状況は長年続き、そのため定期預金や積立預金をするメリットがあまり感じられません。

顧問先でも積立預金をやっているのは、将来の設備資金の融資を受ける時、少しでも自己資金を準備したいため、あるいは消費税の納税で困らないようにするためにやっています。

普通預金や当座預金にたくさん残高があると使ってしまう経営者さんにも効果があるかもしれません。

取引金融機関がメガバンクや地方銀行ならないでしょうが、信用金庫や信用組合だとかなり高い確率で積立預金をお願いされるでしょう。資金繰りがかなりきつい顧問先でも、月3,000円でいいからとやらされています。でも半年もすると解約していますが。

設備投資や納税等の目的があるのでしたら、金利が低くてもメリットはあるとは思います。ただ、そうでないなら無理する必要はありません。

今ではとても珍しいケースでしょうが、「当社の資金繰りが苦しいので、ちょっと見てくれませんか」とのご連絡があって伺ってきました。

決算書を拝見するととても立派な内容です。しっかり利益は出ているし、税金の滞納もないし返済の遅れもありません。簡易キャッシュフロー(利益+減価償却費)と年間返済額を比べても、十分な返済能力がありましたが手持ちの資金が減っていくのです。

その原因はすぐにわかりました。積立預金でした。しかも、毎月の積立額が通常では考えられない金額なのです。

そのため「利益+減価償却費<返済額+積立額」になっていました。そして、積立預金によって普通預金や当座預金残高が減ってくるため、それを補うための融資で預金残高だけでなく借入残高も増えているのです。当然、支払利息も増加しています。

手持資金にゆとりを持つのはもちろんいいことなのですが、大した利息も付きませんし、すぐに使えるようにしておけばいいでしょう。定期や積立にせず普通預金にしておけば、それ以降無理に融資を受ける必要がないのに、さらに資金調達をしているのですから明らかに無駄です。

今までやっていたことをやめてしまうと、今後の融資に影響するのではと不安になる経営者さんもいるでしょうが、あまり心配する必要はありません。積立預金が満期になって特に使い道がないのでしたら、普通預金や当座預金に入れておきましょう。

結局、融資を受けた分の資金で積立をしているだけですからあまり意味がありません。それでしたら、調達した資金を融資取引のない金融機関に預金をして、そこから新規の融資取引を開始しやすいように利用していくのがいいでしょう。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援

認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
e-mail:seno★mn-con.com
お手数ですが「★」を「@」に変えてください。
またはお問い合わせフォームをご利用ください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

ピックアップ記事

  1. 中小企業も書類作成能力が必要
  2. 古い情報よりも専門家の最新アドバイスを
  3. 経営コンサルタント+税理士で御社の経営を支援
  4. 営業利益は黒字ですか?
  5. 経営改善ができない経営者さんへ

関連記事

  1. ブログ

    専門家の力を借りて自社の経営改善をしませんか?

    経営革新等支援機関(以下、認定支援機関)による「経営改善計画策定支援事…

  2. ブログ

    売掛金の回収不能対策

    売上先が法人ですと、個人とは違い支払いに関する取引条件(月末締めの翌々…

  3. ブログ

    役員報酬の引き下げ

    業績が悪化し資金繰りが苦しい、しかもその状態が続くようでしたら、銀行に…

  4. ブログ

    セーフティネット保証5号の指定業種が公表されました

    平成28年10月1日からのセーフティネット保証5号の指定業種が経済産業…

  5. ブログ

    資金使途と違う申し込みをさせる銀行員

    自分の成績のために粉飾決算を要求する銀行員に出会ったことがありますけど…

  6. ブログ

    競争が激化しているファクタリング業界

    1月まではほとんどなかったのですが、2月下旬から当社のホームページにア…

無料・有料相談実施中

ピックアップ記事

2018年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

おすすめ記事

  1. ブログ

    経営問題の原因と改善策を一緒に考えませんか?
  2. ブログ

    良い取引先と付き合いましょう
  3. ブログ

    率先垂範
  4. ブログ

    バラ色の計画書には注意しましょう
  5. 銀行融資

    セールスは断っても問題ありません
PAGE TOP