中小企業経営

中小企業は値下げを避けるべき

思うように売上が伸びない時、値下げをして1つでも多く販売したいと考える経営者はいるでしょう。すぐ簡単に取り組める対策ですし、誰でも思いつく方法です。

1個500円で仕入れたものを1,000円で販売しているとします。

500円で仕入れて1,000円で売っているのですから、差額500円の粗利が得られます。100個販売すれば5万円の粗利を稼ぐことができます。

ここでさらに売上を伸ばしたいので、10%引きの900円で売ることにしたとしましょう。

10%値下げした場合の価格は900円ですから、売れば1個あたり400円の粗利です。100個販売すれば4万円の粗利です。

10%値下げをしてもこれまで通り粗利5万円を確保するには、どれだけ販売しなければならないでしょうか。

50,000円÷1個当たりの粗利400円=125個

つまり販売個数を25%アップさせれば、今までと同じ粗利が確保できます。値下げ効果が大きくそれ以上に販売できれば、今まで以上の粗利が確保できます。

これまでの例では50%と粗利益率が高い商品でしたが、もし利益率が低い商品だったらどうでしょうか。粗利益率が10%や20%しかない商品なら、結構たくさん売上を伸ばさないといけません。

800円の商品を仕入れて1,000円で販売しているとすれば、1個あたり200円の粗利になります。この商品を10%値下げして900円で売ると、粗利は100円にまで減ってしまいます。

ということは、販売数は今までの2倍売らなければ、これまでの粗利益を確保することができないのは分かるでしょう。

10%の値下げで倍の売上を確保しなければなりませんから、かなりきついことが分かると思います。値下げによってさらなる利益確保は極めて難しい。忙しいだけで全く儲からないという事になりかねません。

大手企業は大量仕入れにより仕入額を引き下げることが可能でしょうが、中小企業では消耗戦になるだけですから避けるべき戦略です。値下げがすべてダメというわけではありません。ただ、それによってどれだけ売らなければならないのかは確認するようにしてください。

それに1回値下げをすると、「あの会社(店)はここまで値下げをする」というイメージを持たれますし、通常の価格に戻せば顧客側は値上げをされて割高な感覚に陥ってしまいます。

値下げをしなくても選んでもらえる企業・店舗を目指すのが原則です。値下げをするなら販売数量によって行うとか、販売価格はそのままで追加のサービスを提供する(おまけをつける)等を検討してみましょう。

■当社は経営者の右腕として、中小企業の経営改善や資金繰り安定をサポートしています。詳しくは当社ホームページ「サービスのご案内」を参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
TEL:047-379-9508
e-mail:seno★mn-con.com
お手数ですが「★」を「@」に変えてください。
またはお問い合わせフォームをご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

ピックアップ記事

  1. 中小企業の事業リスク>金融機関の信用リスク
  2. 税理士変更を検討してみませんか
  3. 経営改善の秘訣は経営改善計画の策定とモニタリング
  4. 経営に役立つ経理を
  5. 経営改善ができない経営者さんへ

関連記事

  1. ブログ

    売掛金回収までしっかり管理を

    売掛金の回収は必ずやらなければなりません。…

  2. ブログ

    良い取引先と付き合いましょう

    企業が銀行から融資を受けようとすると必ず決算書を要求されますね。…

  3. ブログ

    モンスター社員の増加

    ブラック企業という言葉があります。以前、Wikipediaにはどのよう…

  4. ブログ

    市川法人会の賀詞交歓会に行ってきました

    当社は市川法人会の会員です。今日は法人会の…

  5. ブログ

    出資

    中小企業が資金調達する方法は金融機関からの融資だけではありません。…

  6. ブログ

    どんなことでも相談を

    今回は、顧問契約を結んでいる専門家にはどんなことでも相談して欲しいとい…

無料・有料相談実施中

ピックアップ記事

2018年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

おすすめ記事

  1. 中小企業支援制度

    小規模事業者向けの融資・保証制度
  2. ブログ

    領収書でなくレシートでも大丈夫
  3. ブログ

    売掛金の管理強化と早期対応を
  4. ブログ

    この経営コンサルタントに注意を
  5. 中小企業経営

    かつて担当していたエリアに行ってみました
PAGE TOP