銀行融資

業種が問題になることも

スルガ銀行のずさんな融資でニュースにもなりましたが、審査を通りやすくするために預金通帳や年収証明書類などの改ざんが横行したため、金融機関は悪質不動産業者を排除するため受付窓口を絞ったり、審査の厳格化を行ったり対策を取り始めています。銀行からすれば融資額も大きいですし、騙されたら大変ですから当然の対応です。しかし、真面目にやっている不動産業者も影響を受けるとしたらたまったものではないでしょう。

こういうことは他の業種でもあり得ることです。

「最近、〇〇業を営んでいる大口取引先が倒産した。御社も同業なので審査を厳しくしている」、「御社の業種は不況業種なので」という理由で、審査の厳格化や、融資ができないという事が(そう頻繁ではないのですが)あります。先月ご相談を受けた会社さんがその被害者でした。

企業からすれば「そんなのうちには関係ないだろ」となるわけです。当然ですよね。どんな業種であっても、しっかり経営結果を出している企業はありますし、倒産した企業と無関係ならなおさらそう言いたくなるわけです。

ただ、金融機関の言いたいことも理解できます。〇〇業は不況業種で、実際に融資先企業の倒産や延滞が多ければ、融資したお金が回収不能になるリスクは高くなるわけです。

顧客から預かった預金をリスクに晒すわけにはいきません。審査が厳格化する動きになるのは当然ですし、私たちも他社と取引する際は同じように考えるはずです。

不況業種や延滞発生の多い業種であっても、順調な経営をしている企業は多く存在しますし、金融機関も特に問題なく付き合っているところも多いはずです。なので、不況や延滞が多い業種だからという理由もあるかもしれませんが、自社の業績が不調であるのをそう言っていることもあるかもしれません。

自社の財務データを見たところ悪くはないということでしたら、業種に問題があったとしても、自社の経営に問題がないことを訴える必要があります。

当社の顧問先ですけど、印刷業なのですが、他社ではできない技術があるので、仕事を断るぐらい売上は安定しています。また、建築士の顧問先は、高齢者や障害者が自宅をリフォームする際の費用の補助金申請については、他社よりも非常に詳しいという強みがあります。

そこまでの他社との違いはないにしても、取引先は優良企業が多い、仕事ぶりが評価され安定した売上を常に確保している等、業種はマイナスだとしても、とにかく自社のいいところを説明しましょう。

さらに市場規模が縮小している業種なら、今後どのように顧客を開拓していくのか、他業種への進出等をしていくのか、そういうことも必要となるかもしれません。ただそこまで考えるとなると、自社だけではちょっと難しいかもしれませんが。

とにかく担当者から「業種が問題」のようなことを言われても怒って帰るのではなく、当社のどこが問題か、そして自社が問題なく継続できると反論できる準備をしましょう。

その場合は、どのように説明したらいいのかを経営改善の専門家に相談するといいでしょう。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
e-mail:seno★mn-con.com
お手数ですが「★」を「@」に変えてください。
またはお問い合わせフォームをご利用ください。

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

第二会社方式前のページ

リスケジュールしようかと迷っている経営者さんへ次のページ

ピックアップ記事

  1. 融資を受けるために必要な資料
  2. 中小企業の事業リスク>金融機関の信用リスク
  3. 経営コンサルタント+税理士で御社の経営を支援
  4. 営業利益は黒字ですか?
  5. 認定支援機関の活用

関連記事

  1. ブログ

    東京信用保証協会の創立80周年記念特別保証制度「サンクス80」

    「サンクス80とは」東京信用保証協会は9月2日に創立80周年を迎え…

  2. ブログ

    融資審査にAI(人工知能)を活用

    AI(人工知能)の技術進歩は目覚ましいものがあり、金融業界でのAI(人…

  3. 資金繰り

    ネット上の情報は参考程度に

    売上が激減している、あるいは資金繰りに困り融資を検討している企業の経営…

  4. 資金繰り

    売上が増えたのに資金繰りはきつい

    ■売上代金はすぐに入金されない「資金繰りがきついな」「手持ち資金が…

  5. 銀行融資

    公庫さん最近評判いいですよ

    日本政策金融公庫(以下、公庫)といえば、創業融資や中小企業への融資に一…

  6. 銀行融資

    聞いたことがない銀行からの連絡

    顧問先(東京都)から「〇〇銀行とかいう銀行からメールが届きました」とお…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 中小企業経営

    会社の健康診断をしていますか
  2. 中小企業支援制度

    来年からのセーフティネット保証5号の指定業種は大幅減
  3. ブログ

    インフルエンザ
  4. 銀行融資

    債務超過になる前に
  5. 銀行融資

    狙いは集金だけではない
PAGE TOP