資金繰り

リスクを取っても融資をする日本政策金融公庫

日本政策金融公庫(以下、公庫)は、株式の100%を政府が保有する金融機関です。そのため、中小企業の金融支援には積極的なところがあります。例えば創業融資はリスクの高い融資となりますが高い実績を誇りますし、起業するときの資金調達は公庫をイメージする方が多いでしょう。

創業時だけではありません。民間金融機関が取り扱いにくい融資案件に対しても、ただちに断るのではなく、経営者の相談をよく聞き、工場等も訪問して、そのうえで融資判断をしてくれることが多いと思います。

しかし、昔の国民生活金融公庫(国金)時代は、それとは逆の対応をする職員もいたようです。その頃を知っている経営者からは、国金から受けた冷たい対応を受けた体験談をよく聞きますし、確かに当社にも苦情みたいな相談がありました。今はそんなこと決してないのですが、そういう経営者さんに今の公庫の対応を話しても、信じてもらえない時があります。

公庫が中小企業への支援に熱心な対応をするから、民業圧迫との批判を受けているためでしょうか、ややリスクの高い企業にも今後の成長性を評価しての融資が出るようになっています。

リスケジュールでも、公庫は基本的に民間金融機関に歩調を合わせて支援してくれることがほとんどです。

ただ、決して公庫の審査が甘いというわけではありません。現在の経営が悪化しているのなら、自社の事業性を評価してもらえるよう、成長可能性や返済には問題がない事を説明することと資料が必要です。

このようなこともありますから、ぜひ公庫も取引金融機関の一つに入れて欲しいですね。

自社の決算書はダメだけど、今後の成長性をもっと見て欲しいというのなら、公庫に相談することも一つの選択肢です。

それに、公庫からの資金調達が他の金融機関を刺激する効果があります。

金融機関は他行の動きに敏感ですから、公庫が新規で融資を出したとなると、それに応じて自分たちも前向きに動くことは珍しくないのです。

最近お付き合いが始まった顧問先が、公庫に初めて融資を申し込みました。決算書を拝見すると見た目は悪くないけど、借入金残高は多いし、過去に数字をいろいろ調整しているのが明らかでした。それに現在は本業での売上が大幅に減少し、新しい事業がこれから成長してくるという段階です。そのため、メイン行をはじめすべての取引銀行は、新たな融資を出したくないのが明らかでした。

そこで公庫に新たに導入した機械の生産能力、今後の生産と売上の見通しを詳細に説明したところ希望額が融資されました。そして、それを見たメイン行は急に態度を変えて融資をしてきたのです。

中小企業も金融機関からのプロパー融資を受けられるような経営を目指すべきです。しかし、調子の悪い時は信用保証協会や公庫の支援を依頼しなければならない時もあります。信用保証協会と同じように公庫との良好な関係は、今後の資金繰りにもプラスに影響するでしょう。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページ「サービスのご案内」を参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
TEL:047-379-9508
e-mail:seno★mn-con.com
お手数ですが「★」を「@」に変えてください。
またはお問い合わせフォームをご利用ください。

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

在庫を持つコスト前のページ

顧問先が税務調査次のページ

ピックアップ記事

  1. 経営セカンドオピニオンは全国対応にしました
  2. 中小企業も書類作成能力が必要
  3. 認定支援機関の活用
  4. 経営に役立つ経理を
  5. 経営改善ができない経営者さんへ

関連記事

  1. 中小企業支援制度

    取引先の倒産に備える

    「取引先が倒産して売掛金が回収できなくなった」というご相談があったので…

  2. ブログ

    低格付け企業への支店長融資権限拡大の動き

    このブログで何度も取り上げていますが、銀行は財務データだけでなく企業の…

  3. 中小企業支援制度

    セーフティネット保証5号の追加指定

    新型コロナウイルス感染症の発生に伴い、影響を受けている業種が増加したこ…

  4. 資金繰り

    「リスケ中でも融資出ますか?」

    「融資が受けられるか」というご相談の中には、やはりというかリスケジュー…

  5. 資金繰り

    資金繰り管理をお手伝いします

    このブログでも資金繰り表の重要性は何度も書いております。資金繰り表は自…

  6. 資金繰り

    税金の分割納付中に差押え

    資金繰りが苦しくなってくると、まずは経費削減(例えば、役員報酬の引き下…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、東京都千代田区より情報発信します。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    新年のごあいさつ
  2. ブログ

    年末調整が近づいてきました
  3. 中小企業経営

    粉飾決算に頼りたくなるかもしれませんが
  4. 経理業務

    粗利率の計算合ってますか?
  5. ブログ

    今日は銀行の日です
PAGE TOP