銀行融資

融資を受けるために必要な資料

金融機関が企業へ融資をする際、審査の必要書類としてまず思い浮かぶのが決算書でしょう。これは必ず求められます。決算書といっても、法人税申告書や勘定科目内訳明細書の提出も要求されます。

その他にも金融機関が要求してくる、あるいは要求してこなくても作成して渡したほうがいい資料はいくつかあります。

試算表

決算書の次に提出を求められるのが試算表です。期中に作成する仮の決算書だと考えればいいでしょう。

保証協会付き融資ですと、前回の決算から半年以上経過した場合に求められますが、3ヶ月も経過すると提出を求められることもありますから、いつでも最新の試算表を提出できるよう経理作業も疎かにしないでください。

取引銀行から試算表の提出を求められて、慌てて作成にとりかかる会社さんが結構あります。顧問税理士に依頼したとしても、すぐにできあがるとは限りません。提出が遅くなれば、それだけ審査が遅れることになりますから注意してください。

資金繰り表

資金繰り表は、試算表よりも提出を求められることは少ないかもしれませんが、融資審査ではとても大切な資料です。

業種にもよりますが、3ヶ月~6か月先(できれば1年先)の予定は提出したいところです。

金融機関としては、今後の売上や利益がいくらかになるのかが気になるところではありますが、それと同様に今後の資金繰り予想は重要なのです。

融資を受けなければ資金がマイナスになる月が発生してしまうが、受けることによってその月がプラスになり、その後も入出金の差がプラスで返済が可能であることが資金繰り表で説明できれば、融資は受けやすくなります。

 

経営計画書

今後5年程度の損益計画、キャッシュフローや返済計画、そして計画をどう実現していくかの具体策等をまとめた資料です。

金融機関から提出を求められることは、リスケジュールでも依頼しない限り少ないでしょう。しかし、決算書の内容が悪い等、スムーズに融資を受けることが難しくなっている企業は、今後の業績改善をどう行っていくのかを計画書としてまとめ、自主的に提出するべきでしょう。

決算書を見ると、赤字決算が続いている、手持ちの現預金が少ない、債務超過の状態が続いているようだと、低格付けに位置付けられてしまいます。早期に資金不足に陥る可能性が高い、長期的に見ても返済能力はないと判断されるでしょう。経営計画書を提出したからといって、そのような状態でも直ちに融資が出る可能性は高いとはいえません。しかし、有利に働く資料とはなりますし、経営が計画通りに進んでいれば、今後支援を受けられる可能性は高くなります。

その他

融資審査は決算書や担保・保証でほぼ決まる状態が長年続いてきました。金融機関を監督する金融庁も、金融機関はそれらに過度に依存せず、企業の事業内容や成長可能性を適切に評価し融資を行うことを求めています。

そこで、決算書の内容が良し悪しに関係なく、自社の情報を発信するようにしてください。

自社の商品・製品や強みや弱み、市場動向や規模、競合他社との比較等を資料としてまとめるようにします。多くの金融機関がこれらの情報収集に力を入れています。こちらからある程度まとめて提出することは、今後の資金調達にもプラスに影響するでしょう。

■経営者の右腕となって、金融機関との融資取引に関するコンサルティング・必要書類作成支援を行っています。

当社の詳しいサービス内容については「サービスのご案内」を参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
TEL:047-379-9508
e-mail:seno★mn-con.com
お手数ですが「★」を「@」に変えてください。
またはお問い合わせフォームをご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

手形貸付の提案前のページ

融資が通りやすい月次のページ

ピックアップ記事

  1. 古い情報よりも専門家の最新アドバイスを
  2. 経営コンサルタント+税理士で御社の経営を支援
  3. 営業利益は黒字ですか?
  4. 融資を受けられない中小企業様へ
  5. 経営に役立つ経理を

関連記事

  1. ブログ

    ご紹介した銀行から融資が出ました

    昨年12月、金融機関との付き合いに悩む顧問先企業に、お付き合いのある金…

  2. 銀行融資

    手形貸付の提案

    「『手形貸付で借りませんか』と銀行から提案を受けました」というご相談が…

  3. ブログ

    健康経営融資

    東京東信用金庫のホームページに「健康宣言」というページがありました。…

  4. 銀行融資

    材料等の支払いが先行するので融資を受けたい

    中小企業の多くは、売上の入金よりも仕入等の支払いが先行するため、資金繰…

  5. 銀行融資

    事業性評価資料の作成

    私は平成17年(2005年)からコンサルタントとして中小企業の支援をし…

  6. 中小企業支援制度

    東京都の新型コロナウイルス感染症対応緊急融資「略称:感染症対応」

    東京都限定の話ですみません。新型コロナウイルス感染症で経営が悪…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 銀行融資

    多額の貸付金が資金調達に影響
  2. ブログ

    新年度がスタートしましたが・・・
  3. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    当社はfreee認定アドバイザーです
  4. 資金繰り

    気が大きくならないよう注意
  5. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    今期もよろしくお願いします
PAGE TOP