銀行融資

手形貸付の提案

「『手形貸付で借りませんか』と銀行から提案を受けました」というご相談がありました。

ベテラン経営者なら手形貸付をご存知かもしれません。しかし、「証書貸付は知っているけど、手形貸付とは何?」という経営者さんも多いでしょう。

手形貸付とは

手形貸付とは、企業側が借用証書の代わりに約束手形を金融機関に振り出し、金融機関は手形金額を融資する方式です。期間が1年以内の短期融資に利用されます。

かつては運転資金に対応する融資としてよく利用されていました。しかし、融資業務の効率化や、金融検査において手形貸付の一部が不良債権に該当するとの判断がされたことが原因で、利用残高は減少していました。

その代りに証書貸付が増加しました。金融機関から運転資金を調達しようとすると、期間は5年程度で毎月少しずつ返済を求めていく条件(信用保証協会の保証が付いていることも多いです)になっていることが多いでしょう。

正常運転資金に適した融資手法

企業の正常運転資金(あるいは、経常運転資金)を支援するには、この手形貸付はふさわしい融資手法です。

正常運転資金は決算書の貸借対照表から求められます。計算式は「正常運転資金=売上債権+棚卸資産-仕入債務」です。この分だけ企業は常に資金繰りが苦しくなります。

商品在庫や売上債権が常に発生しているような企業は、運転資金の確保に悩みます。そんな時に証書貸付による資金調達は、調達時点では資金繰りに余裕があるのですが、毎月の返済が進んでいくたびに、本来商品仕入をするための資金が返済に充てられてしまいますから、それだけ資金繰りが不安定になります。

そこで、半年あるいは1年後を期日の手形貸付で対応し、毎月の返済を求めない(期日一括返済)ことで資本金に似た効果を及ぼし資金繰りの安定に貢献します。

そして、期日が到来したら通常は一括返済となります。しかし、業況に大きな変化が無ければ、形式上はいったん返済してもらうけど、継続して融資をするということになります。

「期日に継続してくれないリスクがあるだろう」というご意見もあると思います。確かに0%だとはいいません。業績が極めて悪化しており今後も改善に見通しが立たないとか、在庫や売上債権の大半が架空や不良債権化しているというのなら、手形貸付の継続をしない対応も考えられます。しかし、通常の経営状態では極めて低いでしょう。

それに、もし継続が認められないとしても一括返済はできない中小企業が多いので、通常は毎月の返済を求める、あるいは証書貸付で借り換えをしていく対応となります。

手形貸付の提案があったら

もし、取引金融機関から手形貸付で対応したいという提案があったら、いつもと違う対応に「何かあやしい」とか「当社に不利な提案なのかな?」と感じる経営者もいるかもしれません。しかし、悪い話ではなく、みなさんの会社を支援したいという提案だと考えて原則大丈夫です。

この手形貸付ですが、少しずつですが普及に力を入れている金融機関が増えてきたように思います。当社の顧問先でも対応してもらっているケースが増えてきましたし、みなさんの会社も取引金融機関からそういう話は出てくると思います。

半年とか1年は短く、またその時に融資の相談をしなければならないというのは、何だか面倒な感じにも思えてしまうかもしれません。しかし、決算説明以外で年に1,2回、自社の経営状況を金融機関に説明できる良い機会だと捉えてください。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引のサポートを行っています。

詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
TEL:047-379-9508
e-mail:seno★mn-con.com
お手数ですが「★」を「@」に変えてください。
またはお問い合わせフォームをご利用ください。

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

借換えの提案前のページ

融資を受けるために必要な資料次のページ

ピックアップ記事

  1. 古い情報よりも専門家の最新アドバイスを
  2. 条件変更改善型借換保証
  3. 営業利益は黒字ですか?
  4. 経営に役立つ経理を
  5. 中小企業も書類作成能力が必要

関連記事

  1. ブログ

    健康経営融資

    東京東信用金庫のホームページに「健康宣言」というページがありました。…

  2. 銀行融資

    与信

    与信とは、信用を供与することをいいます。金融機関では企業を審査…

  3. 銀行融資

    顧問先に金融機関を紹介しました

    豊島区で製造業を営んでいる顧問先とはもう15年近くお付き合いをさせて頂…

  4. 中小企業支援制度

    日本政策金融公庫熊谷支店に行ってきました

    埼玉県の日本政策金融公庫熊谷支店に行ってきました。顧問先の融資相談に同…

  5. 銀行融資

    コロナ禍で金融機関に説明すべきこと

    コロナウイルスの影響を受けた決算書は、やはり売上や利益の減少、そして現…

  6. 資金繰り

    ネット上の情報は参考程度に

    売上が激減している、あるいは資金繰りに困り融資を検討している企業の経営…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、金融機関との銀行融資取引、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、東京都千代田区・千葉県市川市より情報発信します。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. ブログ

    市川市・浦安市の経営者さんへ、第一勧業信用組合と取引してみませんか
  2. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    3連休中のご相談を受け付けます
  3. 金融機関に関するニュース

    都留信用組合個人ローン「スケット」
  4. 銀行融資

    日本政策金融公庫の補完的役割
  5. 銀行融資

    バンクミーティング
PAGE TOP