銀行融資

メガバンクとの取引、本当に必要?

都市銀行の中でも、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行はメガバンクとも呼ばれ、大手企業から中堅企業を主な取引対象としています。もちろん、中小企業でも預金や融資取引はしてくれます。

何となくメガバンク

中小企業経営者の中にはメガバンクとの取引をしたがる方がいます。取引があるといっても普通預金口座だけなのですが、「俺の会社は三菱UFJ銀行がメインバンクだ」と言いたいのでしょう。自分の会社が大きく立派な会社に見せたいというお気持ちは理解できます。

そこまでメガバンクにこだわる経営者は昔に比べると減ってきましたけど、テレビ広告や駅前で良く見かける影響もあるため、起業してから金融機関との取引はメガバンクのみという中小企業は少なくありません。

大きい銀行の方が、信用金庫等の中小金融機関よりも自社にメリットがあるように何となく感じるのかもしれません。メガバンクとの取引を希望する中小企業は意外と多いです。

メガバンクは中小企業を歓迎していない

ただ、メガバンクは正直なところ、中小企業と積極的に取引をしたいとはあまり思っていません。

今後大きく成長することが十分見込まれる、財務内容が極めて良好等の企業ならいいでしょうが、そうでないのならあまり歓迎はされていません。

地方銀行は各都道府県とその周辺を、信用金庫・信用組合はより狭い営業エリアを対象としていますが、メガバンクは全国というか世界が対象です。国内の中小企業では融資額が小さいので得られる利息収入は少ないし、ハイリスクになることも多く、積極的に融資を行うメリットはないのです。

さらに経営が悪化した場合の対応も、メガバンクと地域金融機関(地方銀行、信用金庫、信用組合)では支援姿勢に差があります。

地域金融機関であれば、少なくとも返済条件の変更ぐらいはすぐに対応してもらいやすいと思います。しかし、メガバンクは最終的に対応してくれるにしても最初は拒否して来たり、リスケなんて面倒な事には関わりあいたくない姿勢が明らかなことが多い。

預金口座を作るのだって積極的ではありません。1週間から2週間程度は審査が必要なのが普通です。何とか付き合わないように仕向けているともいえるでしょう。

このブログでも以前どこかで書いたと思いますけど、顧問先企業が赤いメガバンクまで口座開設に行きました。

銀行員「当行では審査に1週間頂いています」
社長「そんなにかかるんですか。博報堂さんから早く口座作って、口座番号とか教えてと言われているんです」
銀行員「博報堂さんと取引があるんですか?」
社長「ええ」
銀行員「それを証明する何か書類とかありますか」
社長「これです」
銀行員「まあ、審査といっても形だけですから。御社なら大丈夫だと思います」

そして、1週間と言ったくせに、銀行を出てから1時間もしないうちに「口座開設大丈夫です」と連絡がありました。

中小企業は地域金融機関をメインに

経営が順調ならメガバンクは強い味方になるでしょうが、調子が悪くなった時はそうでなくなることが多いので注意してください。

先ほども述べたように、地域金融機関とメガバンクでは、地元中小企業の支援にはどうしても対応に差が出てきます。

メガバンクとの取引に憧れる気持ちは分かります。しかし、いざという時は引くのも早く積極的な支援が得られないことも多いので、無理して融資取引するメリットはないと思うのです。

自社の企業規模が大きく多額の融資が必要である、メガバンクの口座があった方が顧客が振り込むのに都合がいい、あるいは海外取引があるため等の明確な理由があるなら良いと思いますが、融資取引についてはメガバンクは原則外した方がいいでしょう。

■経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引のサポートを行っています。

詳しいサービス内容については当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
TEL:047-379-9508
e-mail:seno★mn-con.com
お手数ですが「★」を「@」に変えてください。
またはお問い合わせフォームをご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

14日までお休みを頂きます前のページ

リスケジュールが目標ではない次のページ

ピックアップ記事

  1. 条件変更改善型借換保証
  2. 経営セカンドオピニオンは全国対応にしました
  3. 悪質な粉飾決算は絶対にやめましょう
  4. リスケは経営者が動かないと
  5. 経営改善の秘訣は経営改善計画の策定とモニタリング

関連記事

  1. 銀行融資

    ご相談が多い「条件変更改善型借換保証」

    ホームページやブログで条件変更改善型借換保証をご紹介したところ、この保…

  2. 銀行融資

    もう借りられないか確認しましたか?

    赤字が1期だけならいいのですが、2期連続となれば金融機関からの資金調達…

  3. 資金繰り

    ファクタリングを装った違法貸付

    ファクタリングについてはこのブログでもご紹介していますが、企業が取引先…

  4. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    3月融資実行の準備をしたい経営者様へ

    昨日のブログにも書きましたが、3月に融資を受けたいと考える中小企業は他…

  5. 資金繰り

    販路開拓は慎重に

    コロナウイルスの影響で減少した売上を少しでも回復させようと、日々努力さ…

  6. 銀行融資

    借入余力でセールスしてくる金融機関

    金融機関は企業からの融資申し込みに対して審査をしますが、資金使途や返済…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、金融機関との銀行融資取引、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、東京都千代田区・千葉県市川市より情報発信します。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 起業(創業)

    創業間もなく資金がショート
  2. 銀行融資

    取引銀行から融資を断られた場合
  3. 中小企業経営

    自社の経営に貢献してくれる専門家選びを
  4. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    12月7日~12月11日の電話相談可能日について
  5. 中小企業経営

    イベント中止が相次いでいます
PAGE TOP