銀行融資

融資が出ない理由は必ず確認

融資が否決されたら理由の確認を

 金融機関に融資の相談をしたが、担当者から「十分に検討しましたが、残念ながら今回はご融資できない結果になりました」と言われることがあります。

担当者(あるいは支店)としては本当に実行したい融資だけど、様々な理由からできないケースはあります。

ダメでしたと言われて、落ち込んで帰ってくる経営者がなぜか本当に多いですね。気が短い経営者だと、「もうあんな銀行とは付き合わない」と怒って帰ってきます。

融資が実行されなかったら理由を必ず聞いてください。「総合的な判断です」と言ってきたら、具体的に教えてもらいましょう。

赤字決算や債務超過、これまでの借入金残高が多いため返済能力に問題がある等、いろいろあると思います。言われたことを忘れないようその場でメモしておきましょう。

理由を聞いてもすぐに対応できるものと、そうでないものがあります。直ちに改善できる問題点なら対応し、再度相談に行くことができるでしょう。しかし、そうでないケースが圧倒的に多いと思います。理由を聞いてすぐに融資は出してもらえそうにないことが明らかになったら、他行に相談するなど別の対応を考えましょう。それも期待できそうにないなら、資金繰り改善のために返済条件変更の交渉に入っていきます。

このように、金融機関の自社に対するスタンスを確認するためにも、融資が否決された理由を確認してください。

本部の承認が下りなかった

それと融資ができなかった理由として、「本部が承認してくれない」あるいは「信用保証協会の承認が下りなかった」と言ってくることがあります。

もちろん本当にそういうケースはあります。しかし、皆さんの会社への融資に消極的な金融機関が断る理由として利用する事があるのです。支店内で否決している案件なので、本部や信用保証協会にも伝わっていません。

支店内で検討したけどダメだったと言うと、自分たちがその判断を下したことになってしまいます。これなら、「自分や支店としては御社に融資をしたかったけど、本部(あるいは信用保証協会)がダメと言っているので」と他人のせいにすることができますから。

担当者としては本当に融資をしたかったけど、本部が承認してくれないというケースはもちろんあります。しかし、支店が融資したいと判断した案件を本部が完全に否決するケースはそんなに多いものではありません。完全に否決するのは珍しく、減額や金利引上げ等の条件を出して承認することが多いと思います。

また、信用保証協会が保証を出してくれないという説明ですが、これも確かにそういうケースはあります。ただ、金融機関は保証が出れば80%(あるいは100%)保証が付きますから、通常は事前相談等をしているはずです。しかし、金融機関の対応に疑問があるのなら、金融機関から信用保証協会に連絡があったのか、そして保証が出ない理由を訪問して確認してみるのもいいでしょう。

■中小企業の資金繰り改善、銀行との良好な融資取引のサポートを行っています。

詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
TEL:047-379-9508
e-mail:seno★mn-con.com
お手数ですが「★」を「@」に変えてください。
またはお問い合わせフォームをご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。

市川市ランキング

夏休みも経営相談を受け付けています前のページ

耳の痛い事を言う専門家を大切に次のページ

ピックアップ記事

  1. あきらめずにぜひご相談を
  2. 経営コンサルタント+税理士で御社の経営を支援
  3. リスケジュールのすすめ
  4. 中小企業の事業リスク>金融機関の信用リスク
  5. 悪質な粉飾決算は絶対にやめましょう

関連記事

  1. ブログ

    4月からのセーフティネット保証5号の指定業種について

    セーフティネット保証5号の4月1日から6月30日までの指定業種が公表さ…

  2. 中小企業支援制度

    新型コロナウイルス感染症に係る中小企業者対策

    新型コロナウイルス感染症によって経営が悪化している中小企業者への資金繰…

  3. 銀行融資

    上級国民

    ネットで「上級国民」という言葉が話題になっているようです。池袋…

  4. 銀行融資

    改正信用補完制度スタートから1年

    昨年4月からスタートした改正信用補完制度は1年が経過しました。…

  5. 銀行融資

    顧問先の資金調達が成功

    現在、顧問先3社の資金調達に動いています。顧問先のうち1社は、…

  6. 資金繰り

    コロナ融資が出なければ返済額の軽減

    新型コロナウイルス対応で、実質無利子・無保証の融資は日本政策金融公庫か…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. ブログ

    自社の情報セキュリティ診断をしてみましょう
  2. 資金繰り

    資金を固定化させない
  3. 中小企業経営

    厚生年金未加入156万人
  4. 中小企業経営

    立派な事務所を構えるのは自殺行為
  5. 銀行融資

    断る案件ほど早く回答
PAGE TOP