銀行融資

他県から進出してきた金融機関と付き合う

金融機関(特に地方銀行)は、本店のある都道府県だけでなく県外にも進出しています。

当社のある千葉県ですと、千葉銀行は品川支店、恵比寿支店、京葉銀行なら品川支店、東陽町支店にここ数年で東京に支出しています。

東京都、神奈川県、大阪府等は、やはり全国の地方銀行にとっては融資先が多いですし、魅力的な市場であるため進出したくなるのでしょう。

一時期に比べると、大都市で積極的に融資をするというよりも、地元回帰を進めている地方銀行が増えてきました。地元では知名度があっても、東京等ではそうはいかず低金利競争になりあまり儲からないためです。しかし、隣接する他県への進出に力を入れている金融機関は多いです。

他県から来た金融機関と付き合ってみましょう

皆さんの会社の近くにも、地元では有名なのだろうけど、この辺ではあまり知られていない金融機関はありませんか。

そのような金融機関は。地元では高い知名度を誇っているでしょうが、地元を離れると無名であるため、融資の条件はこちらにとってかなり有利な内容を提示してくることが多いのです。低金利等を武器にしないと融資が取れないのです。

また、県外に進出する支店に配属される行職員は優秀な人が多いです。京葉銀行でそういう仕事をした経験のある行員とあいさつさせてもらったことがありますけど、やっぱり優秀な方でした。

したがって、他県に本店のある金融機関を取引行に入れると、今までの取引金融機関との間に適度な競争が生まれるので、自社にとって有利な資金調達がしやすくなります。

もし、あまり知らない金融機関が皆さんの会社を訪問してきても、聞いたことがないからという理由で門前払いにはしないでください。従業員さんにも必ずそう伝えておくといいでしょう。

メインは地元金融機関が原則

ただし、県外から進出する金融機関は、思うような結果が出ない場合、撤退する可能性も高いです。したがって、メインバンクにすることや、融資条件が良いからと地元金融機関からの融資をすべて借り換えるような事は避けるようにしてください。

他県から進出した地方銀行やメガバンクの融資条件があまりにも良いからと、長年付き合いのあった地元地方銀行との取引をほとんど移してしまった経営者さんがいました。

その後、業績の悪化によって態度が急変してしまい、経営が大きく不安定になってしまいました。これまでの地元銀行への非礼をわび、何とか許しを得て再度取引となりましたが、地元金融機関との取引も大切にしておきましょう。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページ「サービスのご案内」を参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
TEL:047-379-9508
e-mail:seno★mn-con.com
お手数ですが「★」を「@」に変えてください。
またはお問い合わせフォームをご利用ください。

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

ピックアップ記事

  1. あきらめずにぜひご相談を
  2. 中小企業の事業リスク>金融機関の信用リスク
  3. 中小企業も書類作成能力が必要
  4. リスケジュールのすすめ
  5. 融資を受けられない中小企業様へ

関連記事

  1. ブログ

    専門家に面談の同席を求める

    金融機関へ融資やリスケをお願いする時、コンサルタント等の専門家に同席し…

  2. ブログ

    取引銀行の支店長がやってきた

    銀行の支店長といえば、支店の中で椅子に座って仕事をしているイメージを持…

  3. ブログ

    融資の5原則

    金融機関は融資の是非を審査するにあたっての判断根拠に融資の5原則があり…

  4. ブログ

    「借りてください」と「貸してください」

    人、物、金(それ以外にも情報等)、どれも事業活動には必要なものです。最…

  5. ブログ

    税金滞納と銀行融資

    本来あってはならない事ではありますが、資金繰りが苦しいことから納税資金…

無料・有料相談実施中

ピックアップ記事

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

おすすめ記事

  1. ブログ

    求人広告をチェックすることがあります
  2. ブログ

    税務調査ではブログもチェックしています
  3. ブログ

    資料提出依頼には快く応じましょう
  4. ブログ

    定期的にデータのバックアップを
  5. その他いろいろ

    トラック運送業
PAGE TOP