中小企業経営

簡単な決算書分析の仕方

決算書は企業の通知表です。

損益計算書は1会計期間(通常1年間)の売上等の収益がどれだけあって、仕入、人件費、地代家賃等の費用がいくらあり、結果としていくら利益が出たのか経営成績が分かります。

貸借対照表は決算日時点での現預金、売掛金、棚卸資産、買掛金、借入金等がいくらあったのか財政状態を表しています。

決算書は金融機関が企業を審査する際の重要な材料となります。財務分析の結果である定量面と経営者の能力、販売力、技術力等の定性面から、企業の格付けを決定し今後の融資方針を決定しています。

簡単な決算書分析の仕方

財務分析というと、何だかとても難しいと感じるでしょう。例えば、ROA、ROE、自己資本比率、債務償還年数、流動比率等たくさんあります。

こういうのが大好きな経営者が稀にいますけど、多数の経営者さんは、よく分からない、そもそも興味がないでしょう。

数字が苦手な経営者も多いのですが、そんな難しい事なんて知らなくても大丈夫です。知っていて無駄な事はありませんが。簡単な決算書分析方法があります。それは過去と比べる事です。

人間も今年の健康診断の結果を見るだけよりも、過去と比較した方がどこが良く(悪く)なってきているのか分かりやすいことでしょう。それと一緒です。

直近の決算書と過年度の数値を比べてみます。年度ごとではなく、月ごとでもいいでしょう。

過年度よりも悪化した原因を確認

過年度と比べて悪化しているものは、その理由を調べてみます。

例えば

1、販管費が200万円増えた
200万円増加した内訳として、広告宣伝費が前期よりも100万円増加したとします。しかし、その事実を知って終わりではなく、何に使って増えたのか確認します。

広告宣伝費の内容を調べてみると、販売促進のためではなく人材募集の広告費がかさんだことが原因でした。

さらに、その100万円は採用に効果があったのか、あれば今後もその広告を利用するという判断になるし、そうでなければこの広告費は見直すということになるでしょう。

2、売上が1,000万円減少(前期より10%減少)した
こんな時「あーあ、売上が減っちゃった。これからはもっと気合い入れて頑張ろう」で終わってしまう企業は結構あるのではないでしょうか。

それで終わりにせず、減少理由を調べてみましょう。

売上は業種によって違いはありますが、「売上=販売単価×販売数量×来店頻度・リピート率」に分解することができます。

販売単価が低下しているとしたら、例えば近隣のライバル店との価格競争が影響しているのではないか。だとしたら価格競争に巻き込まれない商品開発やサービスの提供を考えることが必要です。

販売数量が減少しているとしたら、魅力ある商品が少ない等の社内に問題があるのか、あるいは天候不順が続いたことで来店客数が伸びなかった等の外部に問題があったのか、を確認する必要があります。

リピート率が悪いとしたら、常連になる顧客が少ないということですから、商品だけでなく接客サービス等に問題があるのかもしれません。

このようなことを経営者が中心になって問題点と改善策を考えていきましょう。

金融機関や当社みたいなコンサルタント会社は、仕事で自己資本比率等の計算をします。経営者もその比率がいくつかということを知っていた方がいいですけど、それよりも過去と比較していき、悪化している原因を突き止めていく方が今後の経営に役立つはずです。

■決算書分析のサポートを行っています。当社のサービス内容について詳しくは、当社ホームページ「サービスのご案内」を参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
TEL:047-379-9508
e-mail:seno★mn-con.com
お手数ですが「★」を「@」に変えてください。
またはお問い合わせフォームをご利用ください。

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

ピックアップ記事

  1. 中小企業の事業リスク>金融機関の信用リスク
  2. 当社は記帳代行も行っています
  3. 経営セカンドオピニオンは全国対応にしました
  4. 悪質な粉飾決算は絶対にやめましょう
  5. 古い情報よりも専門家の最新アドバイスを

関連記事

  1. ブログ

    黒字倒産

    中小企業経営者の多くは「利益を出せば企業は継続できる」と考える傾向にあ…

  2. 中小企業経営

    同業他社の数値が気になる

    同業他社の数値が気になる「当社は他社と比べて、どうなのでしょうか?…

  3. 中小企業経営

    昨年、顧問先が増えた理由

    当社は新しい顧問先が増えるのはいつも春と秋(3月~5月、9月~10月)…

  4. ブログ

    企業も定期健診を

    中小企業経営者の中には、ひょっとすると健康診断を受けていない人がいるか…

  5. ブログ

    良い取引先と付き合いましょう

    企業が銀行から融資を受けようとすると必ず決算書を要求されますね。…

  6. ブログ

    経理社員の退職

    私が直接担当していたわけではありませんが、以前勤めていた会社の顧問先に…

無料・有料相談実施中

ピックアップ記事

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

おすすめ記事

  1. 中小企業支援制度

    条件変更改善型借換保証
  2. 中小企業支援制度

    短期継続保証制度
  3. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    Cwaveの番組『行政書士杉井の「まだ依頼するな!」』に出演します
  4. 銀行融資

    検討します
  5. 経理業務

    経理部長代行のご依頼が増えました
PAGE TOP