中小企業経営

簡単な決算書分析の仕方

決算書は企業の通知表です。

損益計算書は1会計期間(通常1年間)の売上等の収益がどれだけあって、仕入、人件費、地代家賃等の費用がいくらあり、結果としていくら利益が出たのか経営成績が分かります。

貸借対照表は決算日時点での現預金、売掛金、棚卸資産、買掛金、借入金等がいくらあったのか財政状態を表しています。

決算書は金融機関が企業を審査する際の重要な材料となります。財務分析の結果である定量面と経営者の能力、販売力、技術力等の定性面から、企業の格付けを決定し今後の融資方針を決定しています。

簡単な決算書分析の仕方

財務分析というと、何だかとても難しいと感じるでしょう。例えば、ROA、ROE、自己資本比率、債務償還年数、流動比率等たくさんあります。

こういうのが大好きな経営者が稀にいますけど、多数の経営者さんは、よく分からない、そもそも興味がないでしょう。

数字が苦手な経営者も多いのですが、そんな難しい事なんて知らなくても大丈夫です。知っていて無駄な事はありませんが。簡単な決算書分析方法があります。それは過去と比べる事です。

人間も今年の健康診断の結果を見るだけよりも、過去と比較した方がどこが良く(悪く)なってきているのか分かりやすいことでしょう。それと一緒です。

直近の決算書と過年度の数値を比べてみます。年度ごとではなく、月ごとでもいいでしょう。

過年度よりも悪化した原因を確認

過年度と比べて悪化しているものは、その理由を調べてみます。

例えば

1、販管費が200万円増えた
200万円増加した内訳として、広告宣伝費が前期よりも100万円増加したとします。しかし、その事実を知って終わりではなく、何に使って増えたのか確認します。

広告宣伝費の内容を調べてみると、販売促進のためではなく人材募集の広告費がかさんだことが原因でした。

さらに、その100万円は採用に効果があったのか、あれば今後もその広告を利用するという判断になるし、そうでなければこの広告費は見直すということになるでしょう。

2、売上が1,000万円減少(前期より10%減少)した
こんな時「あーあ、売上が減っちゃった。これからはもっと気合い入れて頑張ろう」で終わってしまう企業は結構あるのではないでしょうか。

それで終わりにせず、減少理由を調べてみましょう。

売上は業種によって違いはありますが、「売上=販売単価×販売数量×来店頻度・リピート率」に分解することができます。

販売単価が低下しているとしたら、例えば近隣のライバル店との価格競争が影響しているのではないか。だとしたら価格競争に巻き込まれない商品開発やサービスの提供を考えることが必要です。

販売数量が減少しているとしたら、魅力ある商品が少ない等の社内に問題があるのか、あるいは天候不順が続いたことで来店客数が伸びなかった等の外部に問題があったのか、を確認する必要があります。

リピート率が悪いとしたら、常連になる顧客が少ないということですから、商品だけでなく接客サービス等に問題があるのかもしれません。

このようなことを経営者が中心になって問題点と改善策を考えていきましょう。

金融機関や当社みたいなコンサルタント会社は、仕事で自己資本比率等の計算をします。経営者もその比率がいくつかということを知っていた方がいいですけど、それよりも過去と比較していき、悪化している原因を突き止めていく方が今後の経営に役立つはずです。

■決算書分析のサポートを行っています。当社のサービス内容について詳しくは、当社ホームページ「サービスのご案内」を参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
TEL:047-379-9508
e-mail:seno★mn-con.com
お手数ですが「★」を「@」に変えてください。
またはお問い合わせフォームをご利用ください。

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

金利引下げは交渉できる前のページ

金融機関から営業してもらうには次のページ

ピックアップ記事

  1. 経営セカンドオピニオンは全国対応にしました
  2. 認定支援機関の活用
  3. リスケジュールのすすめ
  4. 経営改善の秘訣は経営改善計画の策定とモニタリング
  5. 今の経営で大丈夫ですか?

関連記事

  1. 中小企業経営

    税務調査が終わりました

    昨日から始まった顧問先の税務調査ですが、大きな問題点はなく無事に今日で…

  2. 中小企業経営

    後継者への権限移譲

    業歴の長い中小企業から相談したいとご連絡を頂いて伺ってみると、社長と面…

  3. 中小企業経営

    中小企業は値下げを避けるべき

    思うように売上が伸びない時、値下げをして1つでも多く販売したいと考える…

  4. ブログ

    専門家といっても優秀とは限らない

    よほど健康な人は除いて、多くの方は年に一度や二度は病気になり病院に行く…

  5. ブログ

    在庫はお金と同じです

    定期的に在庫の確認を商品を仕入れて販売したり、…

  6. 中小企業経営

    耳の痛い事を言う専門家を大切に

    誰でもそうだと思いますが、厳しいことを言ってくる人より優しい言葉をかけ…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    近代セールス2019年4月1日号に執筆記事が掲載されました
  2. 中小企業経営

    粉飾はデメリットしかない
  3. 資金繰り

    勘定合って銭足らず
  4. ブログ

    タカタ株式会社の影響を受ける中小企業を支援
  5. 中小企業経営

    公庫の景況に関する調査結果
PAGE TOP