資金繰り

少人数私募債

少人数私募債とは、親族、取引先、従業員、知人、顧問弁護士等に社債を引き受けてもらう資金調達法です。

社債というと何だか大企業でないと無理なような気がするでしょうが、小規模であっても法人であれば利用できる資金調達手段です。

中小企業でも起債できるよう煩雑な事務手続き等はありませんが、法人でなければならない以外にもいくつか条件があります。

少人数私募債発行の条件

・50名未満の人に勧誘
勧誘者は50名未満で、社債発行後もそうでなければなりません。広く多くの人に社債を勧誘することはできません。

・社債総額を1口の金額で割った口数は50未満に
社債を発行するには、総額と一口の金額を決定しなければなりません。そして、社債総額÷1口の金額を50未満にする必要があります。

・譲渡制限を設ける
発行後も50名未満を継続しなければなりませんので、譲渡制限を設ける必要があります。

これからの条件をクリアする事で少人数私募債は発行できます。

メリットとデメリット

メリットとしては次の通りです。

・満期一括償還により資金計画が立てやすい
・担保・保証は不要
・銀行の審査は不要
・償還期間をこちらで決定できる

デメリット
・一括償還のため償還時の負担は大きい(再度発行することは可能)
・引受人が見つからなければ十分な資金調達はできない
・金利は大手企業が発行する社債よりも高めに設定しなければ、引受人にメリットがなく資金調達に影響が出る可能性がある
・万一、償還できない状況に陥れば、今後の人間関係にも影響してしまう

金融機関の審査は関係ありませんが、調達した資金で自社がどのように成長していくのか、利払いと償還が可能なのか、詳細な事業計画書が必要となります。それを怠り、あいまいな説明をして資金調達をすれば、後々トラブルになる可能性があります。

向いている企業

少人数私募債に向いている企業というのは、①周りの人から見て企業や経営者が信頼できる、②積極的な情報公開を行っている、③社債の発行により事業の成長見込みが高い企業となるでしょう。

銀行への返済が苦しい、税金や社会保険料の未納を何とかしたいでは、そもそも申し込みもないでしょうが、仮にあったとしても償還不能によって引受人に迷惑をかけることになりますから避けるべきです。

知人や親族からの資金調達は慎重に

金融機関がかつて貸し渋りで問題になった頃、金融機関に頼らない資金調達法として、この少人数私募債が話題になったことがありました。商工会議所等でもセミナーが頻繁に行われていましたが、あまり普及しませんでした。

数年前まで少人数私募債を引受けた人が受け取る利息は、20.315%を源泉徴収されて終了したので、高額納税者の節税対策としてもかつて利用されていました。しかし、現在は他の収入と通算する必要がありメリットはなくなりましたから、より利用するケースは少ないでしょう。

社債だとはいっても、結局のところは親族や知人等からの借入ですから、少人数私募債を資金調達の手段として利用する企業はあまりないと思います。

中小企業にも出資したいという投資家はいますし、今後は増資や社債による資金調達も増えてきます。当社の顧問先でも創業時に投資家から出資を受けた企業はあります。しかし、まだ資金調達は金融機関からが原則です。

金融機関や投資家はプロですが身近な人達の多くは素人です。そのような方々に迷惑をかけることは避けなければなりません。銀行からの融資が断られて、何かいい資金調達方法はないかとネットで検索して、少人数私募債による資金調達法を紹介しているページを見つけるかもしれません。しかし、一部を除いてほとんどの中小企業には使えないと思いますし、親族や知人等からの資金調達は慎重にしてください。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。

詳しくは当社ホームページ「サービスのご案内」を参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
TEL:047-379-9508
e-mail:seno★mn-con.com
お手数ですが「★」を「@」に変えてください。
またはお問い合わせフォームをご利用ください。

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

御社には経営の相談相手いますか?前のページ

金利引下げは交渉できる次のページ

ピックアップ記事

  1. リスケは経営者が動かないと
  2. 融資を受けられない中小企業様へ
  3. 経営改善ができない経営者さんへ
  4. 今の経営で大丈夫ですか?
  5. リスケジュールのすすめ

関連記事

  1. 中小企業支援制度

    マル経融資

    マル経融資とは中小企業の中でも小規模事業者というのは、自社の信用力…

  2. 資金繰り

    コロナ前からリスケ中だと信保が厳しい

    6月12日、政府による第2次補正予算が成立しました。中小企業の…

  3. 資金繰り

    建設業界の経営者さんへ

    今期に入ってご相談を受けた企業の多くがなぜか建設関係。この間の…

  4. 資金繰り

    消費税増税へ

    安倍首相が、来年10月1日に消費税率を現行の8%から10%に予定通り引…

  5. 資金繰り

    栃木銀行から短期継続融資の提案

    みなさんの会社が金融機関から融資を受ける場合、証書貸付による資金調達が…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 中小企業経営

    来年の景気は悪化と見込む企業は37.2%
  2. ブログ

    金融機関の金利競争
  3. ブログ

    東京都は年末・年度末の資金需要対策を実施
  4. その他いろいろ

    提携税理士さんを募集中
  5. ブログ

    メガバンクとの融資取引はしやすくなってきたけど
PAGE TOP