資金繰り

売上増加は資金繰りが苦しくなる原因

経営が苦しい企業なら少しでも売上を増やしたいでしょうし、そうでない企業であっても今期は前期よりも売上を伸ばしたいと考える経営者は多いと思います。

売上が増加すれば利益も増え、その結果として資金繰りも楽になると思うでしょう。

しかし、必ずしもそうではありません。

売上増加は資金繰りを苦しくします

現金商売をしている企業なら、売上発生とともに現金で回収できますから、売上が増加すれば資金繰りは楽になります。

ただ、多くの企業が掛取引をしています。その場合、掛売りによる影響で資金繰りは苦しくなるのです。

掛売りによる売上増加は、それだけ売掛金や受取手形の増加につながります。それらは数か月後には入金されるでしょう。しかし、入金までの間に自社の人件費等の経費支払や、仕入資金の支払いが通常は先に発生します。

さらに、売上増加に伴い在庫も多く保有しておく必要があります。同時に仕入や外注費の未払である買掛金も増えることになります。

企業が必要とする運転資金は次の計算式で求めることができます。

運転資金=売上債権(受取手形、売掛金)+棚卸資産(商品、製品等)-仕入債務(支払手形、買掛金)

または

運転資金=月商×(売上債権回転期間+棚卸資産回転期間-仕入債務回転期間)

仮に月商がこれまで平均すると1,000万円とします。そして、売上債権回転期間(売上債権が月商の何か月分あるか)は2か月、棚卸資産回転期間(棚卸資産が月商の何か月分あるか)は1カ月、仕入債務回転期間(仕入債務が月商の何か月分あるか)を1カ月とします。※各回転期間について詳しくは当社HP「財務分析」を参照してください。

この場合、運転資金は2,000万円と求めることができます。

運転資金=1,000万円×(2ヶ月+1ヶ月-1ヶ月)=2,000万円

そして営業活動を頑張った結果、平均月商は2,000万円になったとします。

その場合の運転資金額は、2,000万円×(2ヶ月+1ヶ月-1ヶ月)=4,000万円となります。

4,000万円の資金を自社が立て替えているといえますから、それだけ資金繰りが苦しくなります。自社の資金だけでは苦しい企業も出てくるでしょう。

黒字倒産なんかにならないよう、資金繰り対策も準備しておかなければなりません。

金融機関は運転資金に対する融資は前向き

金融機関はこの運転資金に対する融資には前向きです。

そして、売上増加なら前向きな資金需要が発生しているのですから、金融機関も対応しやすいのです。

ただし、例えば業界は縮小傾向にあるのに売上が好調だとしたら、金融機関としては売上の架空計上、あるいは無理な販売をしているのでは、と疑うことがあります。

また、売上債権や棚卸資産の中に資産価値の無い物はありませんか。回収不能の売掛金や不良在庫がないかも気にするポイントです。もしあれば、先ほど計算した運転資金から減額されることになります。

どんなに良い融資案件であっても、金融機関は積極的に対応するのと同時に、疑いの目も持っていることに注意が必要でしょう。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページ「サービスのご案内」を参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
TEL:047-379-9508
e-mail:seno★mn-con.com
お手数ですが「★」を「@」に変えてください。
またはお問い合わせフォームをご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

納期の特例制度利用は資金繰りに注意前のページ

親しいから相談ができない次のページ

ピックアップ記事

  1. リスケは経営者が動かないと
  2. 融資を受けられない中小企業様へ
  3. 今の経営で大丈夫ですか?
  4. 認定支援機関の活用
  5. 中小企業も書類作成能力が必要

関連記事

  1. ブログ

    粉飾決算をするぐらいならリスケジュールを

    リスケジュール(以下、リスケ)を取引銀行に申請する企業というのは、その…

  2. 中小企業経営

    公庫の景況に関する調査結果

    何だか最近、コロナウイルス感染者が再び増加傾向にあるようですが、とりあ…

  3. 中小企業支援制度

    新型コロナウイルス感染症の緊急対応策(第2弾)

    経済産業省から「新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様へ」…

  4. ブログ

    役員報酬の引き下げ

    業績が悪化し資金繰りが苦しい、しかもその状態が続くようでしたら、銀行に…

  5. ブログ

    信用保証協会に行ってみましょう

    信用保証協会との良好な関係が大切信用保証協会(…

  6. 中小企業支援制度

    セーフティネット保証5号の指定業種が公表されました

    平成28年10月1日からのセーフティネット保証5号の指定業種が経済産業…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    税理士さんからのご相談も歓迎します
  2. 中小企業経営

    インフルエンザ予防接種
  3. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    『行政書士杉井の「まだ依頼するな!」』に出演しました
  4. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    近代セールス2020年2月15日号に執筆記事が掲載
  5. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    明日は営業しています
PAGE TOP