人手不足倒産急増

帝国データバンクによると、最近は人手不足による倒産も増えているとのことです。

帝国データバンク2018年4月9日「人手不足倒産、5年間で2.5倍増」

帝国データバンクでは、人手不足倒産を「従業員の離職や採用難等により人手を確保できず、収益が悪化したことなどを要因とする倒産(法的整理、負債1,000万円以上、個人事業主含む)」と定義し、2013~2017年度まで5年間の倒産について集計・分析した結果を発表しています。

それによると2013年度は45件、17年度は114件、4年連続で前年度を上回り、5年間で2.5倍に増加しました。

業種で見ると、道路貨物運送、木造建築工事、老人福祉事業、受託開発ソフトウェアが目立ちます。

当社の顧問先でも「仕事はあるのだけど人がいないんだ」とおっしゃる経営者は多いです。

人手不足解消のためには、人材の確保と定着が課題となります。

人材確保については、ハローワーク、就職サイト、取引先の紹介、あと新聞に入っている求人チラシに掲載するなどいろいろありますね。

しかし、ホームページでは求人募集のページを作成していない企業が多いようです。

ホームページというと、商品販売や顧客開拓といった目的で開設する企業が多いとは思いますが、自社の商製品・サービスはホームページでは売れないからと持たない企業もあります。しかし、求人活動を定期的に行うのであれば、ホームページはあったほうがいいのではないでしょうか。

よほど高齢者でネットとは無縁のような方を採用するのなら別ですが、仕事を探している人は、求人サイトやハローワーク経由であっても、面接の前にどんな会社なのかホームページを検索し、少しでも企業の情報を得ようとするでしょう。

検索してみても何も出てこないと、マイナスイメージは持たれても、プラスのイメージを持たれることはありません。

ホームページ内でも採用情報をしっかり掲載することは、少しでも求めている人材からの募集を増やすために必要ですし、そこで優良な人材を確保できることは、企業の将来性にも影響します。

また、人材の定着についても重要です。

少しでも求人広告の反応を良くしようと、給与面や職場環境の改善を行っている企業は増えてきましたが、働き方改革も必要です。もちろん、業種や企業によっては難しいことも多いでしょうが、在宅勤務・テレワークの導入、介護休暇の導入といった働き方を、自社のできる範囲で導入を検討することも必要かもしれません。

また、セクハラ、パワハラ、マタハラ等、ハラスメント対策は急務です。働きやすい環境を作っていくことは、どの業種・企業でもすぐに取り掛かる事ができる人材定着対策だといえます。

 

■中小企業の経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。

詳しくは当社ホームページを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
TEL:047-379-9508
e-mail:seno★mn-con.com
お手数ですが「★」を「@」に変えてください。

またはお問い合わせフォームをご利用ください。

クリックのご協力をお願いします。

市川市ランキング

資金繰りや銀行融資のコンサルタントとして、これまでの経験や学んだことを書いています。

プロフィール

関連記事