ブログ

取引銀行の支店長がやってきた

銀行の支店長といえば、支店の中で椅子に座って仕事をしているイメージを持つ方が多いと思います。確かにそういう方もいますが、決してそんな方ばかりではありません。

 

外に出て取引先に訪問するのが好きな支店長と、逆にあまり外に出ない支店長がいます。千葉県八千代市の当社顧問先は千葉銀行と取引をしていますが、その支店には外出が好きな支店長と嫌いな支店長が交互に来ているようだと教えてくれました。

 

最近の銀行は年齢で分類すると高齢者と若手が多くて、営業の最前線でノルマをこなしていく中堅の行員が少ない銀行も多いため、支店長自らが営業担当者として動いている事もあったりします。

 

そういう営業目的ではなく、支店長がアポイントを取らずに突然やってくることがあります。時々、当社のお客様からも支店長が来てくれたと連絡があります。

「近くまで来たものですから、ちょっとごあいさつに伺いました」「キャンペーン商品をご案内させて頂きたいと思いまして」と言われた事はありませんか。

 

支店長がそれだけを目的にやってくることは通常ありません。

 

本当の目的は別にあります。

 

企業には決算書等の数字で表すことのできる情報である定量情報、そして数字では表すことのできない定性情報があります。

 

定性情報といっても範囲は広いのですが、支店長が自社に突然やって来たという事は、書類だけでは分からない、現場での社員の仕事ぶりや雰囲気等をチェックしたいからです。店にお客さんがたくさん来ているか、機械は忙しそうに動いているか、社員に活気があって働いているか、社内は整理整頓がされているか、挨拶ができるか等チェックすべき箇所はたくさんあります。

 

そういう所をチェックして、融資実行の判断材料、あるいは融資実行後の期中管理の参考にするのです。

 

こういう定性情報のチェックは、必ずしも支店長が行わなければならないわけではありません。通常は担当者とその上司の課長が行うでしょうが、(金融機関によっては)支店長がチェックすることも多いようです。

 

だから油断してはいけません。いつ取引銀行の行員が来てもいいようにしておきましょう。

 

■当社は銀行との良好な融資取引のサポートを行っています。

詳しくはホームページ「サービスのご案内」を参照してください。

 

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
e-mail:seno★mn-con.com
お手数ですが「★」を「@」に変えてください。

またはお問い合わせフォームをご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。

市川市ランキング

ピックアップ記事

  1. 経営改善の秘訣は経営改善計画の策定とモニタリング
  2. 経営改善に必要なこと
  3. 中小企業も書類作成能力が必要
  4. 条件変更改善型借換保証
  5. 経営に役立つ経理を

関連記事

  1. ブログ

    経理を手伝っている社長の奥様へ

    社長の奥さんが経理を任されている中小企業は多いと思います。&n…

  2. 銀行融資

    融資が通りやすい月

    何月に申し込んでも融資の結果は一緒だと思われるかもしれません。しかし、…

  3. その他いろいろ

    栃木県の顧問先を訪問

    今日は栃木県の顧問先まで行ってきました。私が独立した時…

  4. ブログ

    借入金と支払利息のバランス

    私たち中小企業経営者からすると、取引銀行から常に借入ができればいいので…

  5. ブログ

    儲からないのは経営者の責任

    顧問先を定期訪問していると、「他の業種は景気いいですか」「今はどんな業…

  6. その他いろいろ

    ホームページやブログ記事の無断転載に注意

    当社は設立してから12年近く経ちましたが、ホームページを作ったのが約1…

無料・有料相談実施中

ピックアップ記事

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

おすすめ記事

  1. 資金繰り

    売上増加は資金繰りが苦しくなる原因
  2. ブログ

    計画書は作成した後が大切です
  3. 金融機関に関するニュース

    みずほ銀行ATM、明日からお休みですよ
  4. ブログ

    下請代金の支払は現金で!
  5. 資金繰り

    現金預金にはゆとりを持って
PAGE TOP