ブログ

経営改善の秘訣は経営改善計画の策定とモニタリング

今日は千葉県の顧問先社長と一緒に、半年に1回の報告をするため取引銀行へ行く日でした。

 

その顧問先は業績が悪く、長年赤字決算が続いていた状態から当社が経営改善のお手伝いを始めました。経営改善計画書を作って各取引銀行にも承認してもらったのですが、その直後、大口取引先との取引解消があり、当初計画を大幅に下回る結果となるのが明らになったため、再度計画書を作成しているやや手間のかかった顧問先です。

 

経営改善計画策定支援事業を利用して、経営改善計画書を作成・提出し、半年に1回報告をしています。

 

そんな苦労の多かった顧問先様も、計画2年目でようやく黒字決算がほぼ確実なまでに回復してきました。

 

試算表は毎月作成し翌月15日までの郵送、そして年2回は訪問しての報告となっています。正直面倒ではあるのですが、経営改善のプラスになっているのは間違いありません。

経営改善計画書って作成してもそのまましまってしまい、後で見ることもないという中小企業が多いです。だから、半年に1回報告するというのは、計画書に書いた見通し通りに改善が進んでいるのかチェックするいい機会でもあるのです。

 

経営改善計画書は、銀行にリスケジュール等の金融支援を受けるためだけに作成するのではありません。悪化した自社の経営を立て直すために作成するのが本来の目的です。だから、計画通りに進捗しているのかを毎月試算表で確認し、定期的に金融機関の報告や相談をすることは非常に重要です。

 

経営改善計画策定支援事業は、経営改善計画書の作成、そしてその後の進捗管理(モニタリング)にかかる費用の3分の2(上限200)を国が補助してくれる制度です。詳しくは当社ホームページ「認定支援機関による経営改善計画策定支援事業」を参照してください。

 

中小企業が負担する費用は3分の1ですから、経営改善の専門家(認定経営革新等支援機関)に支払う費用負担も軽くなります。

 

当社も認定経営革新等支援機関に認定されています。補助金による国の支援を受けながら、改善されない自社の経営を何とかしたいとお考えの中小企業経営者様は、この制度を利用してみませんか。関心のある経営者様はぜひ当社にご相談ください。

 

■中小企業の経営改善、資金繰り安定、経理業務のサポートを行っています。

詳しくは当社ホームページ「サービスのご案内」を参照してください。

 

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

 

認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
e-mail:seno★mn-con.com
お手数ですが「★」を「@」に変えてください。

またはお問い合わせフォームをご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

ピックアップ記事

  1. 経営改善ができない経営者さんへ
  2. 融資を受けるために必要な資料
  3. 悪質な粉飾決算は絶対にやめましょう
  4. 今の経営で大丈夫ですか?
  5. 経営に役立つ経理を

関連記事

  1. ブログ

    ご紹介した銀行から融資が出ました

    昨年12月、金融機関との付き合いに悩む顧問先企業に、お付き合いのある金…

  2. ブログ

    個人事業主のみなさん、確定申告のほうは順調ですか

    平成28年分の確定申告ですが、2月16日から申告書の受け付けが始まり、…

  3. ブログ

    資金繰り表の作成は不可欠

    みなさんの会社では資金繰り表を作成していますか。…

  4. 中小企業経営

    求人は自社の魅力をもっとアピール

    当社の  顧問先には、人手不足に頭を悩ませている企業がいくつかあります…

  5. 中小企業経営

    第二会社方式

    第二会社方式という再生手法があります。大幅な債務超過や過剰債務…

  6. ブログ

    女性小口創業特例

    国が開業率の引き上げを目指していることもあって、日本政策金融公庫の創業…

無料・有料相談実施中

ピックアップ記事

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

おすすめ記事

  1. 銀行融資

    融資が出ない理由は必ず確認
  2. ブログ

    東京都は年末・年度末の資金需要対策を実施
  3. ブログ

    キャッシュの出を減らす
  4. ブログ

    事業性評価は浸透している?
  5. ブログ

    ネットの情報が正しいとは限らない
PAGE TOP