どんなことでも相談を

今回は、顧問契約を結んでいる専門家にはどんなことでも相談して欲しいという内容です。

せっかく顧問契約を結んでいるのに、「こんなつまらない相談は失礼かな?」「恥ずかしいから相談しづらい」「小さなことだから相談しなくてもいいだろう」と相談を遠慮してしまう経営者さんがいるのです。

しかし、経営改善専門家の立場からすると、どんなことであっても相談して欲しいのです。皆さんがお付き合いされている専門家も同じことを言うはずです。

詳しい内容は控えますが、当社顧問先の普通預金口座が仮差押えを受けてしまいました。社長も最初は理由が分からなかったのですが、取引銀行に確認して分かりました。知り合いの会社から借り入れをしたものの返済が滞ってしまい、トラブルになっていたというのです。まさかここまでやってくるとはと驚いているようでした。

しかも外注や仕入の支払が集中する日の数日前に行われました。通帳の残高が一番多いタイミングでしたので、資金繰りに大きなダメージを受けてしまいました。

残念ながらその借り入れについて社長からは相談がなく、私のほうでは把握していませんでした。

この件で仕入や外注先への支払いが滞ることになりました。取引先からは協力してもらえるとのことですが、そうでなければ確実に事業は継続できません。

相手は知り合いの会社だし、そんなことはしないだろうと油断していたのかもしれません。

今回の件もあらかじめ教えて頂けていれば、このようなことにならなかったのですが。

何かあっても大丈夫だろう、何とかなるだろうと考えてしまうかもしれません。実際には何とかなってしまうケースが多いかもしれません。しかし、それが大きな事故につながる可能性がありますので、せっかくコンサルタントや税理士等と顧問契約を結んでいるのなら、どんなことでも連絡や相談はしておくようにしてください。

■経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定のサポートを行っています。
詳しくは当社ホームページ「サービスのご案内」を参照してください。

経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
e-mail:seno★mn-con.com
お手数ですが「★」を「@」に変えてください。

またはお問い合わせフォームをご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。

市川市ランキング

資金繰りや銀行融資のコンサルタントとして、これまでの経験や学んだことを書いています。

プロフィール

関連記事