• 資金繰り・経営を改善したい社長向け

    今月に入ってからご依頼のあった記事執筆がようやく終わりました。信用保証制度の改正に関する内容です。

     

    発売になりましたら、このブログで紹介させていただきます。

     

    今まで毎年、金融機関の行職員向け、あるいは経営者や経理担当者向けの雑誌記事の執筆依頼を数件頂いてきました。いずれは本を出してみたいなと思っています。

     

    記事執筆以外にも、大手メディアからの取材を受けたこともありました。

     

    どちらもホームページやブログをご覧になって、ご連絡をくださったようです。

    私は今まで何度もブログをやってはみるものの、いつも1か月程度で更新が滞ってしまい、そのまま放置してしまう事が多くありました。しかし、このブログ、平日の更新は1年以上継続しています。

     

    私の能力では、毎日更新するとどうしても内容が薄くなってしまうのですが、一度更新を止めてしまうとこれまでと同じ結果になってしまう気がして、平日は毎日更新しています。

     

    それに、毎日ブログを書こうとするので、何かネタはないかなと調べたり、勉強したりしますから、仕事にもプラスとなっているように思います。

     

    当社のようなコンサルタント会社、あるいは士業はブログ等で積極的に情報提供するのは、今後の営業面でもプラスとなりますが、うちの業種では効果がないと考える経営者さんもいるでしょう。しかし、そんな事はないように思います。例外はあるかもしれませんが、製造業等でもホームページ等で会社案内や事業内容を頻繁に更新することで、業績改善につなげている中小企業もあります。

     

    でも効果が出るまでに止めてしまう人が圧倒的に多い。

     

    それって会社の経営も同じなんですよね。

     

    自社の経営を改善しようと、計画内で具体的な行動を決めて目標を立てるでしょう。例えば、「市内の中小企業に営業活動をする、1週間に10社訪問すること」を目標とします。

     

    最初は計画通りに行動するのですが、徐々にそれができなくなってきます。営業活動はするものの、期待していた効果が出てこない事も多いでしょうし、効果が出ないのに経営は継続できているとしたら、やらなくても特に問題ないのではとなります。

     

    計画通りに行動したけど効果がないとしたら、どのようにしたら効果が出るのか、それともその行動はやっても意味がなかったのか考えることができます。

     

    しかし、中途半端になってしまうと、それを検証することができなくなってしまいます。

     

    PDCAサイクルというのを聞いたことがあるかと思います。

    計画を立てたら実行して、その結果を評価・検証し、さらなる改善をしていくことなのですが、経営改善にはそれが必要です。

     

    中小企業の経営者さんは気の短い人が多いのですが、がまん強く改善を実行できるようにしましょう。

     

    まずは何事も継続する事が必要ですね。

     

    ■中小企業の経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務をお手伝いしています。
    詳しくは「サービスのご案内」を参照してください。

    有限会社エム・エヌ・コンサル
    代表:瀬野 正博
    〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
    HP:https://www.mn-con.jp/
    TEL:047-379-9508
    e-mail:seno★mn-con.com
    お手数ですが「★」を「@」に変えてください。
    またはお問い合わせフォームをご利用ください。

     

    クリックのご協力をお願いします。

    市川市ランキング