ブログ

望ましい借り方

銀行から融資を受ける場合、必ず聞かれるのが資金使途です。資金使途は大きく運転資金と設備資金に分けることができます。

 

運転資金の中でも、正常運転資金(または、経常運転資金)といえば、多くの企業で必要とする資金使途です。多くの中小企業では商品・製品を販売し売上代金が回収される前に、商品、原材料等の仕入代金や外注費等の支払いが先行します。

 

支払いが先行し回収が遅れる収支のズレというのは、取引条件に変化が無い限り事業終了まで解消されることはありません。

 

その収支のズレである差額が、お金に代わるまでつなぐ立替金が正常運転資金なのです。

 

貸借対照表ではこのように表示されます。

 

そして、正常運転資金は次の計算式で求められます。

正常運転資金=売上債権+棚卸資産-仕入債務

 

売上債権は回収を待っているのだから顧客にお金を貸している、棚卸資産(商品、製品等)はお金を寝かしているといます。逆に仕入債務は支払いを待ってもらっているのですから、お金を借りているともいえます。

 

したがって、正常運転資金は「貸しているお金+寝かしているお金-借りているお金」と考えることができます。

 

借りているお金よりも、貸したり寝かしたりしているお金の方が多ければ、資金繰りはその分だけ苦しくなります。そこで多くの中小企業では資金繰りに余裕がないため、取引銀行から資金調達することになります。

 

かなりの中小企業が正常運転資金を長期借入金によって資金調達をしていますが、おそらく取引銀行から信用保証協会付きの長期借入でと提案されているのでしょう。しかし、毎月返済していくというのは、その分だけ資金繰りを苦しくしますから本当は正しい借り方とはいえません。正常運転資金は(業況に大きな変化がなければ)常に一定額存在するので、本来は期間が半年または1年で、利払いだけで元本返済が不要な手形貸付や当座貸越といった短期借入金で調達したほうがいいのです。

 

しかし、金融検査マニュアルの運用開始によって、それが歪められました。本来なら収益弁済すべきものが、手形貸付等で融資されていた場合、実質的に返済を猶予しているとみなされるケースが出てきました。そこで、銀行は「手形貸付→証書貸付」にシフトし、長期によるリスク回避のために信用保証協会付きの証書貸付にする動きが加速したのです。そして、それが今まで続いてきたのです。

 

その反省から、金融庁も金融検査マニュアルで正常運転資金に対応する融資に短期継続融資が問題ないと明確にしています。

 

銀行でもようやくこの融資で対応してくれる事が増えてきました。

 

一方、固定資産、繰延資産、不良化流動資産から自己資本を差し引いた分の返済財源は、企業が生み出すキャッシュフローとなります。

 

繰延資産は資産とはいっても売却して現金になるような資産ではありませんし、固定資産の多くは売却する事はできるものの、企業はそれを使って利益を獲得していくのだから売るわけにはいきません。ここでは不良流動資産といっていますが、回収不能債権、不良在庫等は資産価値がない(あるいはほとんどない)です。したがって、それらに対応する融資は長期借入金によるもので、企業が生み出したキャッシュフローによる必要があるのです。

原則的には貸借対照表の左側である資産は、売上債権や棚卸資産については短期借入金、流動資産の中でも不良化したものや、固定資産に対応する部分については、長期借入金で調達するのがいいのです。

 

資金繰りに悩む中小企業経営者さんは、そのような支援をしてくれないか取引金融機関に相談してみましょう。

 

中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しいサービス内容は、当社ホームページ「サービスのご案内」を参照してください。

 

■経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
e-mail:seno★mn-con.com
お手数ですが「★」を「@」に変えてください。

またはお問い合わせフォームをご利用ください。

 

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

市川法人会賀詞交歓会に参加しました前のページ

融資獲得には積極的な情報提供が必要次のページ

ピックアップ記事

  1. 経営に役立つ経理を
  2. 経営セカンドオピニオンは全国対応にしました
  3. 条件変更改善型借換保証
  4. 悪質な粉飾決算は絶対にやめましょう
  5. 中小企業も書類作成能力が必要

関連記事

  1. 資金繰り

    3月は資金調達が必要ではありませんか

    毎年のことですが、2月中旬あたりから資金繰りのご相談が増えてきました。…

  2. ブログ

    後になって値引きを要求してくる取引先

    会社を経営していると、たくさんの取引先と取引をしていることが分かると思…

  3. ブログ

    今の経営で大丈夫ですか?

    毎日頑張っているのになかなか黒字にならない、資金繰りが楽にならない、と…

  4. ブログ

    良い取引先と付き合いましょう

    企業が銀行から融資を受けようとすると必ず決算書を要求されますね。…

  5. ブログ

    生産性向上・人材投資事例集

    このブログでも時々書いていますが、多くの企業で人手不足感が強まっていま…

  6. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    ブルームバーグ様から取材を受けた内容が記事になりました

    昨年末にブルームバーグ様から、中小企業金融円滑化法が終了して、現在の中…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    企業実務2018年5月号に執筆記事が掲載されました
  2. 資金繰り

    売上が増えたのに資金繰りはきつい
  3. 経理業務

    試算表は80%程度の完成でいい
  4. 市川市関係

    平成31年度市川市女性等創業支援補助金
  5. 経理業務

    伝票は必要ありません
PAGE TOP