今の経営で大丈夫ですか?

毎日頑張っているのになかなか黒字にならない、資金繰りが楽にならない、という悩みを抱えた経営者は多いですね。

そのような状態は何らかの原因があるからなのですが、とりあえず何とか経営できている、あるいは忙しいからという理由で原因究明をしない経営者もかなり多いです。

けれども、原因を見つけ出し何とかしないと、いずれ会社は倒産に近づいていきます。健康診断で危険な数値が出てしまっているのに放置したら、死亡するリスクはとても高いでしょう。やや数値が高め程度ならすぐに死亡するリスクは少ないでしょうが、そのままにしたら徐々に死亡リスクは高くなるでしょうし、危険な数値になってから何とかしようとしても、もう手遅れであったり、医療費の負担が大きくなったりしてしまうでしょう。

それと一緒です。とりあえず何とか経営できているとしても、会社は徐々に危険な方向に進むだけです。

時々は立ち止まって、経営の問題点を見つけ出し改善していくほうが、企業の安定性向上や今後の成長にもプラスとなります。

経営の問題点を見つけ出し、改善策を策定し実行、計画と結果のチェック、上手くいかないようであれば再度改善策を策定し実行する、それを繰り返していくのです。

今までやったことがない経営者からすると、どうやったらいいの?けっこう費用が掛かるのでは?と不安になると思います。

そんな経営者さんは、ぜひ「早期経営改善計画策定支援事業」を利用してみましょう。

このような悩みをお持ちではありませんか?
・現状では特に問題はないが、将来を考えると不安なことがある
・毎期、計画に基づいた経営をして、業務を見直していきたい
・売上高や利益が減少傾向にあるので改善したい
・現預金残高が減少してきて、資金繰りで悩むことが増えてきた

早期経営改善計画策定支援事業は、中小企業が経営改善に取り組むのを支援する国の制度です。取引金融機関にリスケジュール等の金融支援を要請するほどではないが、売上や利益が減少傾向にある、資金繰りで悩むことが多い等、経営悪化が深刻な状態になる前に、自社の現状を見つめ、改善策を策定し、計画通りに進んでいるのかを専門家の支援を受けながら行うことができます。

そして、専門家である認定経営革新等支援機関に支払う費用の一部を国が補助してくれるのです。計画策定と策定後のモニタリング費用の2/3(上限20万円)まで対象となります。

当社も認定経営革新等支援機関に認定されていますので、この制度を使っての経営改善をお手伝いする事ができます。

この制度について詳しくは当社ホームページ「早期経営改善計画策定支援事業」を参照してください。

■当社は中小企業の経営改善支援を行うコンサルタント会社です。詳しくはサービスのご案内ページを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒272-0026 千葉県市川市東大和田2-8-1-601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
e-mail:seno★mn-con.com
お手数ですが「★」を「@」に変えてください。

またはお問い合わせフォームをご利用ください。

資金繰りや銀行融資のコンサルタントをしています。このブログではこれまでの業務で経験したことを書いています。

プロフィール

関連記事