銀行融資

異なる都道府県の信用保証協会を利用できるか

信用保証協会に関係した質問でよくあるのが、会社を移転すれば、移転先での信用保証協会から保証が受けられるかという内容です。

例えば、「東京信用保証協会からもう保証はしばらく無理と言われてしまったので、千葉県か埼玉県に引っ越しをして、そこの信用保証協会を利用したい」と考える経営者がいらっしゃいます。資金繰りに悩んでいると、そういう考えになってしまうのは仕方がないでしょう。

しかし、これは実行しない方がいいでしょう。東京信用保証協会がもう無理といっても、千葉県や埼玉県の信用保証協会も結果が絶対同じとはいえませんが、やはり保証審査の結果は近いものになる可能性が高いからです。移転の登記等手続きに手間や費用がかかったけど、資金調達できない結果になる可能性が非常に高いと思います。

それと、異なる都道府県に工場、営業所等がある場合、そこの信用保証協会が使えるのだろうか?というご質問もあります。

もちろん利用できます。信用保証協会の区域内に本社又は営業所等を有する場合は保証の対象となります。その事業所等が本社であるかは問わないのです。

ただし、お付き合いする信用保証協会が増えたからといって、保証限度が増える訳ではないというところは注意してください。無担保の保証枠は原則、1法人に対して8,000万円が限度となります。

異なる都道府県の信用保証協会と付き合っている企業は私が銀行員のときにもありました。それに私が役員をしている山形県の企業では、山形県と東京都の信用保証協会を利用しています。

本社がある都道府県の信用保証協会がメインになることが多いかもしれませんが、そうしなければならないわけではありません。実際、役員をしている山形県の企業は、山形県よりも東京都の信用保証協会の方が圧倒的に保証残高は多いですから。

信用保証協会によって審査の姿勢やスピード、取扱保証制度にも多少の差がありますから、利用しやすいほうを選択してもいいでしょう。

営業所や工場等についてですが、理想的には支店登記した方がいいでしょうが、必要要件ではありません。どんなに小さくても事業を行っている実態があれば大丈夫ですし、地方税の申告をしていて納付書があれば申し込みは可能です。

最近はどこの信用保証協会も利用件数、金額ともに伸び悩みをしていますから、他県に本店がある中小企業からの申し込みも歓迎されるかと思います。

■中小企業の銀行融資取引や資金繰りを支援します。
支援内容について詳しくは当社ホームページを参照してください。

 

ブログランキングに参加しています。

クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

税金滞納と銀行融資前のページ

平成30年1月からのセーフティネット保証5号の対象業種が公表されました次のページ

ピックアップ記事

  1. 今の経営で大丈夫ですか?
  2. 融資を受けるために必要な資料
  3. リスケジュールのすすめ
  4. リスケは経営者が動かないと
  5. 経営改善ができない経営者さんへ

関連記事

  1. 銀行融資

    カードローンで資金調達

    多重債務問題が深刻になったことを受けて、貸金業法が2006年に改正、1…

  2. 銀行融資

    3月決算の会社さん決算書できましたか?

    3月決算の企業は通常、今月中に申告と納税をしなければなりません。おそら…

  3. ブログ

    良い取引先と付き合いましょう

    企業が銀行から融資を受けようとすると必ず決算書を要求されますね。…

  4. 銀行融資

    融資課とも付き合いを

    自社をとても評価してくれる金融機関と良好な関係が構築されているとしても…

  5. 銀行融資

    金利よりも資金繰り支援に積極的な金融機関を選ぶ

    ブルームバーグで広島市信用組合について書かれた記事がありました。…

  6. 銀行融資

    半年に1回のモニタリング報告

    認定支援機関として中小企業の経営改善を支援している顧問先がいくつかある…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、東京都千代田区より情報発信します。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    近代セールス2018年7月1日号に執筆記事が掲載されました
  2. 銀行融資

    銀行はお金を貸したい
  3. 中小企業経営

    窮地を脱することができる経営者
  4. 経理業務

    消費税軽減税率制度開始は10月から
  5. 中小企業経営

    自称コンサルタントの逮捕
PAGE TOP