ブログ

税金滞納と銀行融資

本来あってはならない事ではありますが、資金繰りが苦しいことから納税資金に手を出してしまい、税金を滞納させてしまう中小企業は結構いらっしゃいます。

 

特に消費税や源泉所得税は顧客や従業員からの預り金であるため、税務署からは結構厳しい事を言われてしまいますし、督促もかなり厳しいです。

 

税金滞納があると、税務署等から差し押さえを受ける可能性がありますから、金融機関からは注意を要する企業と見なされてしまいます。税金の滞納があるのとないのとでは、融資を受けられる可能性は大きく違ってきます。あるとしたら可能性はかなり低くなってしまいます。

 

では税金滞納があると資金調達が絶対にできないかというと、そういうわけでもありません。

 

例えば、信用保証協会では納期が到来していても、税務署との間で概ね1年以内の分割納付が認められ、その約束が履行されていることが分かれば、保証を受けられる可能性はあります。

 

税務署から分割納付を認めてもらい、かつ滞納の早期解消可能性が高いと認められる場合は、保証審査の対象となるのです。

 

実際、当社の顧問先でもそのようなケースでいくつも保証が出ています。銀行も信用保証協会がOKなら前向きな対応となるでしょう。

しかし、プロパー融資となるとさらにハードルは高くなります、ただ、実名を挙げるとその金融機関に迷惑をかける可能性があるので控えますが、滞納した税金を解消するためにプロパー融資で支援したケースはいくつかあると、ある金融機関の支店長がおっしゃっていました。そういうケースは他の金融機関でもあるはずです。

 

もちろん、どの中小企業でもそのような資金使途で融資を受けられるわけではありませんし、非常に難しい案件にはなります。過去の税金滞納があるため延滞税の負担が大きいが、業績面は良好で税金面が解消されればさらなる成長が望める、といった感じの企業が対象となります。やはり融資が受けられた事例があるというだけで特殊なケースです。

 

どの金融機関でも税金滞納があると消極的姿勢となります。したがって、今後の資金繰り見通しが厳しく、納税にも影響を及ぼしそうなら早めに資金調達に動くようにしましょう。

 

もし、資金調達が残念な結果になったら、早めにリスケジュールを申請して、銀行への返済は後回しにしても納税はするように資金繰りを考えてください。

 

■当社は中小企業の資金調達や資金繰り改善を支援するコンサルタント会社です。

詳しくは当社ホームページを参照してください。

 

 

ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。


市川市ランキング

ピックアップ記事

  1. 経営に役立つ経理を
  2. 中小企業も書類作成能力が必要
  3. 条件変更改善型借換保証
  4. 経営改善の秘訣は経営改善計画の策定とモニタリング
  5. リスケジュールのすすめ

関連記事

  1. ブログ

    モンスター社員の増加

    ブラック企業という言葉があります。以前、Wikipediaにはどのよう…

  2. ブログ

    売掛金の回収不能対策

    売上先が法人ですと、個人とは違い支払いに関する取引条件(月末締めの翌々…

  3. ブログ

    従業員に気を遣う経営者

    今日伺った顧問先は、規模は小さいけどかなりの優良企業でして、大手企業か…

  4. ブログ

    自計化とは

    私が税理士事務所で働いていたのは15年ぐらい前の事になりますが、その頃…

  5. ブログ

    計画書は誰が作るもの?

    計画書というと、事業計画書、経営計画書、経営改善計画書等、計画書にはい…

  6. ブログ

    特別損失に計上できる経費はありませんか

    銀行が融資先の貸借対照表や損益計算書を分析するのはよく知られた事です。…

ピックアップ記事

アーカイブ

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

  1. ブログ

    経営改善ができない経営者さんへ
  2. ブログ

    専門家に騙されたというご相談
  3. ブログ

    下請代金の支払は現金で!
  4. ブログ

    経費削減だけでなく売上拡大策も
  5. ブログ

    顧問先の取引銀行で人事異動がありました
PAGE TOP