ブログ

東京都は年末・年度末の資金需要対策を実施

東京都の制度融資についてなのですが、年末から年度末にかけて中小企業の緊急的な資金需要に対応するため、平成29年度東京都制度融資「小口・短期つなぎ特例」、「クイック・短期つなぎ特例」に関する取り扱いが、12月1日の東京信用保証協会受付分から次の通り拡充されました。

 

■つなぎ融資メニューの概要

つなぎ融資メニューの概要としては以下の通りです。

・緊急的な資金需要に対応する短期つなぎ資金(融資期間2年以内)を融資

・スピーディーな資金調達が可能(原則3営業日以内に保証審査)

・融資額や企業規模に応じて2つのメニューを用意

 

※東京都または区市町が実施している融資制度で、信用保証協会の保証付き融資制度を利用し、元金返済を1年以上継続している方が対象。

 

※「小口・短期つなぎ特例」では、これらの条件に加え、全国の信用保証協会の保証付き融資の合計残高が1,250万円以下であることが条件。

 

■メニューの種類

(1)小口・短期つなぎ特例

小規模事業者(従業員数が20人以下、卸・小売り・サービス業は5人以下等を満たす方)を対象に、資金需要が高まる時期に合わせ、融資限度額が300万円から500万円に引き上げられました。また、こちらの制度は信用保証料の2分の1を東京都が補助します。

 

(2)クイック・短期つなぎ特例

中小企業者または組合を対象に、資金需要が高まるこの時期に合わせ、融資限度額が500万円から700万円に引き上げられました。

 

■受付期間

平成29年12月1日~平成30年3月30日

この期間内に保証協会に申し込みのあったものが対象となります。

 

これから12月、3月と資金需要の発生しやすい月が続きます。支払が先行し入金が後になってしまう事業を行っている中小企業にとっては、資金繰りに悩む月が続くでしょう。この制度融資は、その間に必要な資金の調達を支援する制度です。

 

限度額が引き上げられたとはいえ、融資限度額がやや小さいです。しかし、審査はスピーディーですし、自社が対象となっていたら。制度申込みを検討してみるといいでしょう。

 

年末や年度末で忙しいため、銀行からの資金調達だと時間もかかるし、書類も準備するものが多いからと、ノンバンクやファクタリングを利用しようとする経営者が意外といます。

 

当社はノンバンクの利用を否定する考えはありません。場合によっては必要な事もあります。しかし、金利や手数料を考えると、まずは取引銀行が順番としては先です。

 

詳細は東京都ホームページをご覧ください。

 

また、東京都制度融資(つなぎ融資メニュー)の融資限度額の引き上げについては、リーフレットを参照してください。

 

■中小企業の経理部長となって、経理業務や資金繰り改善、銀行融資取引を支援しています。詳しくは、当社ホームページ「サービスのご内容」を参照してください。

市川市内の紅葉前のページ

Ichikawa起業家交流会次のページ

ピックアップ記事

  1. 条件変更改善型借換保証
  2. 経営に役立つ経理を
  3. 経営改善に必要なこと
  4. 悪質な粉飾決算は絶対にやめましょう
  5. 今の経営で大丈夫ですか?

関連記事

  1. ブログ

    タカタ株式会社の影響を受ける中小企業を支援

    経済産業省は、タカタ株式会社が民事再生法の適用申請を行ったことで影響を…

  2. 中小企業経営

    この要件が揃えばリスケジュールでの経営立て直しを

    資金繰りが徐々に苦しくなっていき、借入金、税金や社会保険料、経費等の返…

  3. 銀行融資

    役員報酬が少ない

    損益計算書に計上されている役員報酬、代表取締役社長の報酬額が少ない、と…

  4. 中小企業支援制度

    来年からのセーフティネット保証5号の指定業種は大幅減

    業況の悪化している業種に属する中小企業の資金繰りを支援するセーフティネ…

  5. ブログ

    決算書提出を嫌がる経営者

    決算書は企業にとっては1年間の成績が書かれた通信簿のようなものであって…

  6. ブログ

    オンライン融資サービス「LENDY」

    融資審査へのAI(人工知能)活用が徐々に広がりつつあります。&…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 中小企業経営

    これまでいなかった人材の受け入れ
  2. ブログ

    友達・親戚の税理士が良いとは限らない
  3. 中小企業経営

    中小企業減 容認へ転換
  4. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    3月融資実行の準備をしたい経営者様へ
  5. 中小企業支援制度

    条件変更改善型借換保証
PAGE TOP