ブログ

千葉県クラウドファンディング活用補助金

クラウドファンディングによる資金調達は、知っている人も増えましたし、徐々に広まってきたと思います。

 

クラウドファンディングとは、資金を必要とする法人や個人が、事業内容等実現したい目的をインターネット上に公開し、それに共感した人達から資金調達をする手法をいいます。

 

クラウドファンディングには大きく分けて3のタイプがあります。

・寄付型:寄付をした場合のリターンはありません

・購入型:商品やサービスによるリターンが得られます

・投資型:事業の収益から発生した金銭によるリターンが得られます

 

千葉県では、県の地域資源を活用した独創的な技術やアイデアによる新たな事業展開や創業を支援するため、クラウドファンディングを活用した資金調達により新事業を行う中小企業に対して、初期費用の一部を助成する補助金制度があります。

 

 

補助対象者
・中小企業、組合、NPO法人
・新たにクラウドファンディングによる資金調達を行う創業者
・上記に類する任意団体

 

補助対象事業
・県内の地域資源を活用した新事業の展開、商品及びサービスの開発を行うもの
・地域の社会的課題の解決を目的としたもの
・その他、地域経済の活性化に特に資するものとして知事が認めるもの

 

補助対象経費
・クラウドファンディング仲介事業者へ支払う初期費用
・クラウドファンディングのPRに使用する写真・動画等の製作委託費
・クラウドファンディングに出展する商品等の試作費

 

補助率
【投資型】補助対象費用の1/2(上限50万円)
【購入型】補助対象費用の1/2(上限10万円)

 

補助要件
・平成29年度末までに実際に支払った経費であること
・平成29年度末までにクラウドファンディング仲介事業者のホームページで資金調達の募集を開始すること

 

千葉県産業振興センターや県内の金融機関が支援機関となっていて、そこから推薦を受けたうえで、千葉県へ申請をします。そして、県の審査会で採択された事業に対し、補助金の交付決定がなされる流れになります。なお、県内に本店がある金融機関はすべて支援機関となっています。

 

この補助金制度に関心がある方は、千葉県のホームページにある「千葉県クラウドファンディング活用補助金」を読んでみてください。

 

■当社は中小企業の資金調達や資金繰り改善を支援するコンサルタント会社です。
詳しくは当社HPのサービス内容をご確認ください。

年末調整が近づいてきました前のページ

経営相談するタイミングの目安次のページ

ピックアップ記事

  1. 認定支援機関の活用
  2. 経営改善に必要なこと
  3. 経営セカンドオピニオンは全国対応にしました
  4. リスケは経営者が動かないと
  5. 経営改善ができない経営者さんへ

関連記事

  1. 中小企業支援制度

    一時支援金の登録確認機関

    今年1月に緊急事態宣言が再度発令されたことに伴い、飲食店の時短営業や不…

  2. 資金繰り

    融資を受けたばかりでの再度申し込み

    融資を受けて半年どころか3か月程度で再度申し込む企業に対して、金融機関…

  3. ブログ

    良い取引先と付き合いましょう

    企業が銀行から融資を受けようとすると必ず決算書を要求されますね。…

  4. 中小企業支援制度

    顧問先の経営改善計画策定を支援

    コロナまでは売上が急増していたものの、それを見直すことになった顧問先を…

  5. 中小企業支援制度

    令和2年度第2次補正予算が成立

    令和2年度第2次補正予算が6月12日成立しました。これにより家…

  6. 中小企業支援制度

    緊急事態宣言・まん延防止で売上減少の事業者に月次支援金を給付

    経済産業省は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策として「緊急事態措…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、東京都千代田区より情報発信します。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 銀行融資

    インタレスト・カバレッジ・レシオ
  2. 経理業務

    売掛金は管理できていますか
  3. 中小企業支援制度

    平成29年10月からのセーフティネット保証5号の指定業種について
  4. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    近代セールス8月15日号の特集は「短期継続融資」です
  5. 中小企業経営

    この要件が揃えばリスケジュールでの経営立て直しを
PAGE TOP