• 資金繰り・経営を改善したい社長向け

    Amazonは書籍だけでなくいろいろな物を取り扱っているので、多くの方が一度は利用したことがあると思います。私も時々利用しますが、おすすめとしてこの「銀行の墓碑銘」という書籍が紹介されていたので買ってみました。

     

    これまで経営破綻した銀行(足利銀行、兵庫銀行、国民銀行等)が、なぜ破綻する事になったのか結構詳しく書かれています。

    分厚い本なのでまだ全部読んではいませんが、私が勤めていた太平洋銀行についても書かれていました。勤めていた頃を思い出しながら、そこだけ読んでみました。

     

    太平洋銀行は、バブル景気の頃は非常に業績が良く、賞与も確か年9カ月程度は出ていたと先輩から聞いたことがあります。

     

    しかし、私が入行した頃はすでにバブルは崩壊していました。

     

    崩壊とともに雑誌で危険な銀行ランキング記事が紹介されると、必ずベスト10入りをするような銀行になってしまいました。

     

    そのたびに、本部から「全く根拠のない記事だと顧客には伝えるように」という内容のファックスが届きました。

     

    新入行員で配属された支店には、返済できない融資先が本当にたくさんありました。いつも返済条件変更の稟議書を書いていました。また、預金の残高不足で返済できない融資先に、返済分の入金のお願い電話をするだけでもかなり一苦労でした。

     

    私が「今日ご返済分の資金が不足しているようなので、入金をお願いします」とお願いしても、「うるせーこの野郎、殺しに行くぞ」なんて言われたこともありましたね。楽しい思い出です。

     

    それに不動産業、建設業が多かったのですが、真面目な社長はあまりおらず、何だかヤクザみたいな社長の融資先がたくさんある支店でした。そういう業界の人に「太平洋銀行は融資審査がゆるい」と評判だったのかもしれません。

     

    そして、入行して1年経ったときに経営破綻しました。

    お客様からお預かりした預金が、全額保護されると公表されて本当に安心したものです。

     

    本書を読んでいると、地上げ屋、暴力団に対して西新宿の地上げへの融資、暴力団と組んでの八王子の霊園開発と、経営破綻して当然の銀行でした。

     

    顧客に多大な迷惑をかけただけではありません。行員の生活にも影響を与えました。太平洋銀行株を持っていた上司・先輩はたくさんいましたけど、結局は紙くずになってしまいましたし。

     

    こんな不正融資を積極的に推進し、経営破綻の原因を作った当時の社長、小林千弘の責任は重いと思います。

     

    儲かるからと反社会的勢力と一緒になって事業を行うなんて、銀行として許されるものではありません。

     

    私たちも会社が儲かるからと、反社会的勢力と付き合ったり、法律に触れたりするような事には気を付けないといけませんね。特に今はそういう企業に対する銀行の姿勢は厳しいですから。

     

    ■当社は中小企業が取引銀行と良好な融資取引ができるようお手伝いするコンサルタント会社です。
    詳しくは当社ホームページをご覧ください。