エム・エヌ・コンサルからのご案内

8月になりました

今日から8月ですから今年も残り5カ月となりました。

 

観光客を相手にしている企業でしたら、8月は大切な月となるでしょうが、それ以外の企業にとっては営業日数が減ってしまいますし、うれしくないという経営者さんもいるかもしれません。しかも、山の日なんていう祝日もできてしまいましたし。

 

 

法人が取引相手ですとそんなに動きのない月かもしれません。それは銀行も同じです。8月はあまり資金需要の発生しない月ですし、取引先企業もお盆期間中は夏季休暇ですから、14日から16日辺りまでは暇だと思います。

 

いつもは法人融資で結構忙しい支店であってもそうです。

 

今は極力残業をさせない銀行ですが、私のいた時代は残業が当たり前でした。最初にいた支店なんて毎日夜10時半ぐらいまで残業していました。しかし、そんな支店でもお盆休みの頃は4時半くらいから暇でしたね。

 

今の銀行はそんなに残業をさせませんから、その分だけ日中は忙しいでしょうけど、やはり同じように暇だと思います。

 

そういうことなので、そんな暇な時に今期の途中経過を報告するとか、9月あたりに融資を希望しているのなら、早めに相談しておくといいでしょう。じっくり相談に乗ってもらいやすいと思います。

 

 

そして、相談してみたものの融資は無理そうな雰囲気でしたら、他行での融資が可能か、もう新規の融資が難しいのならリスケジュールの検討、どちらにせよ書類作成等の準備が必要ですから、そのために時間を使うには8月はちょうどいいでしょう。

 

ですので、皆さんの担当者はいつ休みなのか聞いておくといいと思いますよ。

 

担当者もノルマはあるでしょうが、8月はそれほど厳しい事を言われていないと思います。むしろ9月に照準を定めているはずですから、話を聞いてもらいやすいはずです。

 

資金繰りや資金調達に不安を抱えている中小企業経営者さんは、今後の銀行融資について対策を立てておくようにしてください。

 

なお、当社では皆さんが夏季休暇の間でも経営相談を受け付けております。

 

むしろそういう時だからこそ、仕事を気にせずゆっくり相談ができると思います。家族での旅行等の予定がなく、資金繰り面で不安を抱えている中小企業の経営者さん、もしいらっしゃったら当社にご連絡ください。

 

詳しくは無料・有料相談のページを参照してください。

 

 

クリックのご協力をお願いします


社長ブログランキング

提供する情報量が多いと融資の成功確率は高くなる前のページ

資料提出依頼には快く応じましょう次のページ

ピックアップ記事

  1. 条件変更改善型借換保証
  2. 今の経営で大丈夫ですか?
  3. 中小企業も書類作成能力が必要
  4. 経営セカンドオピニオンは全国対応にしました
  5. 経営に役立つ経理を

関連記事

  1. ブログ

    算定基礎届事務説明会に行ってきました

    先週、当社の近くで算定基礎届事務説明会があり行ってきました。意外と多く…

  2. 経理業務

    貯蔵品に計上

    期末を迎えこれから決算書を作成していく段階になると、期末時点での商品・…

  3. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    当社はfreee認定アドバイザーです

    当社はfreeeという会計ソフトの認定アドバイザーになっています。…

  4. 資金繰り

    売掛金の管理強化と早期対応を

    今日訪問した顧問先企業様は、私が独立する前からお付き合いのある会社さん…

  5. 銀行融資

    融資の返事が遅い場合の対応について

    顧問契約を結んでいるお客様からは聞かれないのですが、面談相談でお会いし…

  6. 銀行融資

    フタバ図書が粉飾決算

    こんな報道がありました。粉飾決算のニュースが増えているような気がします…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、金融機関との銀行融資取引、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、東京都千代田区・千葉県市川市より情報発信します。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 経理業務

    経理社員の不正
  2. ブログ

    社員の退職で業務に支障が出ないようにしましょう
  3. 資金繰り

    10連休の資金繰りは余裕をもって
  4. 中小企業支援制度

    実質無利子融資は延長の見込み
  5. 中小企業経営

    ROA(総資産利益率)
PAGE TOP