出ると思った融資が出ない

銀行に融資を申し込んでみたところ、前向きな姿勢で「ぜひ検討させてください」と言っていたのに、借入希望日直前になって、「検討はしてみたのですが、残念ながら・・・」と断られてしまった経営者さんはいるでしょう。

断るならもっと早く言って欲しいのに、他の手を打つことが難しい頃になってそんなことを言われたら頭にきますよね。

私たち企業側からしたら、希望日直前まで何の連絡もなければ融資は出るだろうと考えてしまいますが、出なければ資金繰りが狂ってしまい、場合によっては支払先との関係にも影響してしまうかもしれません。

皆さんご存知のように、銀行では稟議書が「担当者→課長→副支店長→支店長」と回覧されます(金融機関によって肩書は異なります)。

そして、案件によっては支店長の承認で融資が実行できるものと、さらに本部の承認が必要なものに分かれます。

ですから、担当者が何とか融資をしたいと思っても、上司が否決すればできないのです。まあ、通常は上司も部下が持ってきた案件を何とか通したいと思っていますが。

企業の状況をよく把握していないとか、経験の浅さから対応に問題があって希望日までに間に合わないこともあります。ただ、通常は相談があったら、その日から数日中には上司を集めて事前の融資会議を行い、そこで融資するかしないかの方向性は決めている事が多いものです。

では課長以上と交渉していれば安全かというと、そんなこともありません。

能力の高いベテラン融資課長が起案者なら、支店長は信用してすぐに承認する可能性は高いかもしれませんが、案件によっては本部承認が必要ですから絶対とは言えません。

経験の浅い課長ですと、支店長や本部の審査部から待ったがかかってしまう事もありえます。

なお、支店長と仲良くして直接相談すればいいと考えている経営者がいますけど、それで融資は大丈夫という返事が得られる事はないし、稟議書も担当者が作成することになります。

銀行は稟議書で審査をして融資するかどうかを決めます。そして、決済が下りなかったら、それを覆すことは通常できません。

銀行員も非常に前向きな姿勢は見せても「当行でご融資します」とか「必ず融資します」なんて事は言っていないはずです。そのような発言を絶対にしてはならないと教育されていますから。「前向きな発言が聞かれたので融資は行けそうかな?」とか「借入希望日近くになっても連絡が無いから大丈夫だろう」と判断してはいけないのです。

だから、融資を申し込んだら時々は担当者に進捗状況の確認が必要ですし、そして万が一融資が駄目な場合というのも考えておかなければなりません。

■中小企業経営者の右腕として、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページ「サービスのご案内」を参照してください。

 

■事業資金のご案内

運転資金調達するならキャレント


クリックのご協力をお願いします


社長ブログランキング

資金繰りや銀行融資のコンサルタントとして、これまでの経験や学んだことを書いています。

プロフィール

関連記事