ブログ

7月からのセーフティネット保証5号対象業種が公表されました

セーフティネット保証5号の7月1日から9月末までの指定業種が公表されました。

 

6月末までは247業種でしたが、7月1日からは184業種です。63業種も減少したことになります。

6月までの業種を一部ご紹介すると

・一般電気工事業

・電気配線工事業

・一般管工事業

・木製・金属製家具製造業

・印刷装置製造業

・受託開発ソフトウェア業

・組み込みソフトウェア業

 

 

逆に7月から対象となる業種には、

・ポータルサイト・サーバー運営業

・アプリケーション・サービス・コンテンツ・プロバイダ

とかがありました。

 

 

7月から9月までの対象業種一覧はこちらです。

セーフティネット保証5号の指定業種(平成29年7月1日~9月30日)

 

■セーフティネット保証5号の対象者

業況の悪化している業種に属する事業を行う中小企業者であって、経営の安定に支障が生じていることについて、市区町村長の認定を受けた中小企業者です。

 

認定の基準としては、指定業種に属する中小企業者であって、以下のいずれかの基準を満たすことが必要です。

・最近3カ月間の売上高等が前年同期比で5%以上減少している中小企業者。

・製品等原価のうち20%を占める原油等の仕入価格が20%以上上昇しているにもかかわらず製品等価格に転嫁できていない中小企業者。

 

■保証限度額、保証割合、保証料率

・保証限度額:一般保証とは別枠で、無担保保証8千万円、最大で2億8千万円

・保証割合:借入額の100%

・保証料率:保証協会所定の料率:(0.7~1.0%)

 

 

セーフティネット保証5号は、売上減少等の業況にある中小企業を救うという目的から、経営は良くない状態にあるにもかかわらず保証審査は通りやすかったといえます。

 

それに100%保証ですから、金融機関も保証が付いていれば、ほぼ確実に融資は出ていました。

 

信用保証制度が一部改正される法律が国会で可決されたことから、セーフティネット保証5号の保証割合は今後100%から80%となります(今回は100%です)。

 

正式にいつからか80%になるのかはまだ決まっていないようですが、金融機関は20%のリスクを負担することになります。

今までのように保証割合は100%だし、別枠でもあるから融資は大丈夫だろうと油断しない方がいいでしょう。

 

経営の安定に支障が生じている中小企業が利用できる制度ではありますが、現状の経営をどう立て直していくのかを考え説明できる中小企業でなければ、融資は受けられない可能性もあると思います。

 

 

■中小企業の経営改善や資金繰り安定のサポートを行っています。詳しくは「サービスのご案内」を参照してください。

 

 

クリックのご協力をお願いします


社長ブログランキング

融資を謝絶された理由の確認を前のページ

借換保証制度次のページ

ピックアップ記事

  1. 融資を受けられない中小企業様へ
  2. 融資を受けるために必要な資料
  3. 条件変更改善型借換保証
  4. 認定支援機関の活用
  5. 経営コンサルタント+税理士で御社の経営を支援

関連記事

  1. ブログ

    銀行員と喧嘩

    昨日、「銀行員と喧嘩」で検索して下さった方がいました。こういう方は結構…

  2. 資金繰り

    ファクタリング利用は慎重に

    ファクタリングに関して次のニュースがありました。共同通信202…

  3. ブログ

    ソニー銀行がクラウドファンディングの運営を開始

    クラウドファンディングとは、資金を必要としている法人・個人が事業内容や…

  4. ブログ

    今の経営で大丈夫ですか?

    毎日頑張っているのになかなか黒字にならない、資金繰りが楽にならない、と…

  5. ブログ

    良い取引先と付き合いましょう

    企業が銀行から融資を受けようとすると必ず決算書を要求されますね。…

  6. 銀行融資

    都合悪いことは先に言っておく

    融資を申し込みたい場合、金融機関からは決算書の提出を求められます。…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、東京都千代田区より情報発信します。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 中小企業経営

    人件費削減は最後に
  2. 中小企業支援制度

    持続化給付金の申請受付開始
  3. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    2020年(令和2年)夏季休暇のお知らせ
  4. 中小企業経営

    1つに依存するのは大きなリスク
  5. ブログ

    黒字倒産
PAGE TOP