ブログ

横浜銀行が創業支援サービスを開始

横浜銀行が6月1日から、設立2年未満の法人顧客を対象に各種ビジネスサービスの手数料を優遇する「はまぎん創業サポートパック」の提供を開始しています。

 

横浜銀行に預金口座を開設していればサービスを受けることができます。

 

同行あるいはグループ会社、提携企業が提供するビジネスサービスの手数料が、期間限定で無料あるいは一部割引となります。

 

例えば次のようなサービスがあります。

・法人向けインターネットバンキングの月額基本手数料2,160円が6か月間無料

・法人向けクレジットカードの初年度会費も無料

・浜銀総合研究所では初年度会費64,800円が無料

・リース会社の浜銀ファイナンスでは、代金回収サービスの初回登録手数料が一部割引

 

それ以外には、横浜銀行はフリーとも提携しており、クラウド会計ソフト「freee」を2か月間無料で利用可能です。

 

浜銀総合研究所の年会費64,800円が無料は、何だか魅力的に感じるかもしれません。しかし、こういう○○研究所の会員に融資取引の付き合いで入らされている顧問先が何社かありますけど、年会費を払っているだけで活用している企業は少ないように感じます。

 

これ以外にもありますけど、それほどのものではないから省略します。

創業時から様々な支援を行う事でメイン行としての立場を獲得し、今後の取引拡大につなげる狙いです。

 

創業支援に力を入れている金融機関は増えてきましたが、ここまで手数料無料での囲い込みは珍しいかもしれません。

 

ネットバンキングの基本手数料が半年無料はうれしいと思います。

 

それに横浜銀行はフリーと提携して、freeeの会計データを活用した融資も推進していますから、創業したばかりでまだ会計ソフトを何にしようかなと迷っているのでしたら、ためしに利用してみるといいでしょう。

 

会計ソフト選びは意外と大切ですよ。日々の経理作業で使うのはもちろん、自社の経営状況の確認、銀行との取引でも使いますから、使い勝手の良いソフトが一番です。

 

当社は神奈川県にも少し顧問先がありますけど、横浜銀行と取引している顧問先に聞くと悪い話は聞かないですね。他行が消極的でも横浜銀行は前向きな事が多いです。もちろん、当社の顧問先企業という限られた話ですけど。

 

期間限定ですが無料で使えるものが多いですから、創業したばかりで少しでも経費を抑えたいなら検討してみてはいかがでしょうか。

 

サービス内容について詳しく知りたい方は、横浜銀行のホームページ「はまぎん創業サポートパック」を参照してください。

 

■当社は設立間もない企業の経理業務をお手伝いしております。詳しくは当社ホームページ「サービスのご案内」を参照してください。

 

 

ブログランキングに参加しています
ご協力をお願いします


社長ブログランキング

ピックアップ記事

  1. 悪質な粉飾決算は絶対にやめましょう
  2. 中小企業の事業リスク>金融機関の信用リスク
  3. 経営改善の秘訣は経営改善計画の策定とモニタリング
  4. 経営改善ができない経営者さんへ
  5. リスケジュールのすすめ

関連記事

  1. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    採用予定はありません

    信用補完制度の改正を控えているため、4月以降の金融機関や中小企業の対応…

  2. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    当社はfreee認定アドバイザーです

    当社はfreeeという会計ソフトの認定アドバイザーになっています。…

  3. ブログ

    出資

    中小企業が資金調達する方法は金融機関からの融資だけではありません。…

  4. ブログ

    特別損失に計上できる経費はありませんか

    銀行が融資先の貸借対照表や損益計算書を分析するのはよく知られた事です。…

  5. ブログ

    従業員に気を遣う経営者

    今日伺った顧問先は、規模は小さいけどかなりの優良企業でして、大手企業か…

  6. ブログ

    下請代金の支払は現金で!

    日本の企業のほとんどが中小企業です。経済の好循環を実現するためには、中…

無料・有料相談実施中

ピックアップ記事

2017年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

おすすめ記事

  1. ブログ

    専門家に面談の同席を求める
  2. ブログ

    金融機関の選び方
  3. ブログ

    売上代金の振込口座としての利用を求めてくる銀行
  4. 起業(創業)

    死の谷
  5. ブログ

    3月決算の会社さん、早めにおおよその税額を把握しましょう
PAGE TOP