ブログ

役員報酬の引き下げ

業績が悪化し資金繰りが苦しい、しかもその状態が続くようでしたら、銀行に金融支援を求める前に、あるいはそれと同時に経費を見直すことが多いでしょう。

 

「業績が悪化しましたのでしばらく返済は無理です。でも当社は今まで通りの経営をしていきます」では、銀行は「喜んで御社の再生を支援しましょう」という気持ちにはなりません。

 

「無駄な経費を見直し、それでも返済が苦しいので支援してくださいとお願いしてくるものだ」と銀行員は思うでしょう。

 

経営に貢献していない経費を見直し、さらに業績の悪化した原因は経営者にありますから、経営者は責任を取り、役員報酬が高額であれば、銀行から引き下げを求められる前に率先して下げるべきでしょう。銀行からも評価されるはずです。

 

資金繰りが苦しいことから十分な役員報酬を取れていないために、決算書には未払金として残っている、あるいは企業に貸し付け(決算書には借入金)をしている事も多いでしょう。

 

そうすると、役員報酬を引き下げて、決算書に残っている未払金や借入金を支払ってもらう、そうすれば販管費は削減できるし、社会保険料や税金も安くなると考えるのではないでしょうか。

 

私もそれは悪い事ではないし、一時的には仕方がないと思います。

 

しかし、役員報酬は引き下げても、その引き下がった分を未払金や借入金から経営者個人に流れているのでは、損益計算書上は改善されたとしても、資金繰りの点からは何も改善されていないのと同じです。

 

キャッシュフロー計算書のフリーキャッシュフローが返済の原資となりますから、取引銀行からはあまり良い評価を受けられません。

 

やはり、支援を受けている間は多少控えめな生活も必要かと思います。

 

ただし、役員報酬の引き下げはずっと続くわけではありません。業績の回復が顕著であれば、役員報酬の増額を求めることは全く問題ありません。

当社のお客様でも、返済は減額してもらっている状態でも業績が回復してきたので、取引銀行に引き上げてもいいか以前は許可を求めていましたけど、最近では何も言わないで引き上げています。取引銀行からは何も言ってこないです。

 

それと、役員報酬を引き下げて未払金等を支払ってもらう状態は、それで利益が出たとしても正常な経営とはいえません。

 

適正な役員報酬がちゃんと経営者に支払われているのが正常な状態といえます。

 

リスケから脱却し正常返済に戻っただけでは正常な経営状態とはいえません。役員報酬も正常に戻った時が本当に経営改善された時だといえるでしょう。

 

■当社の詳しいサービス内容については「サービスのご案内」を参照してください。

 

 

クリックのご協力をお願いします


社長ブログランキング

ピックアップ記事

  1. 税理士変更を検討してみませんか
  2. 中小企業の事業リスク>金融機関の信用リスク
  3. 営業利益は黒字ですか?
  4. 悪質な粉飾決算は絶対にやめましょう
  5. 今の経営で大丈夫ですか?

関連記事

  1. ブログ

    売上債権は多ければ良いわけではありません

    売上債権(受取手形、売掛金等)は売上計上されて発生した勘定科目です。多…

  2. 資金繰り

    リスクを取っても融資をする日本政策金融公庫

    日本政策金融公庫(以下、公庫)は、株式の100%を政府が保有する金融機…

  3. ブログ

    こまちゃん

    小松川信用金庫(本店、東京都江戸川区)は、平成30年11月11日に創立…

  4. ブログ

    年末調整が近づいてきました

    年末調整の説明会に行って来ました。早ければ…

  5. ブログ

    社長は定期的にチェック

    最近、ビートたけしさんの独立から始まったオフィス北野の問題が大きく取り…

  6. ブログ

    計画未達の場合の銀行への報告

    当社のお客様の何社かは、取引銀行に経営改善計画書を提出して、その後の進…

無料・有料相談実施中

ピックアップ記事

2017年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

おすすめ記事

  1. 中小企業経営

    営業利益は黒字ですか?
  2. ブログ

    金融機関の金利競争
  3. ブログ

    創業融資が難しいケース
  4. 中小企業経営

    インフルエンザ予防接種
  5. ブログ

    従業員に気を遣う経営者
PAGE TOP