ブログ

今日はプレミアムフライデー

今日、5月26日はプレミアムフライデーです。

 

ちなみに第4回目です。

皆さんの会社は3時に帰れましたか?

 

そんなこと質問したら「月末の金曜日、とっても忙しいのに3時で帰れるわけないだろ!」と怒られそうですが、おそらく多くの企業ができていないと思いますし、当社も無理です。

 

大手企業でもかなり限定された方でないと難しいでしょうし、人手不足の中小企業ではほぼ不可能なのではないでしょうか。

 

それに月曜日から仕事が山積みでスタートするのは嫌だから、私だったら金曜日のうちに片づけておきたいと思います。

 

ちなみに、先月のことですが、私の周りでプレミアムフライデーをやっているところが1つだけありました。私の家の近くのたこ焼き屋さんです。

 

たこ焼き屋さんなのだから、プレミアムフライデーの日は稼ごうと考えるのが普通かと思いますが、午後3時にお店を閉めて帰っちゃいました。

 

私が思うに、別に月末の金曜日にする必要はないし現実的にも難しいでしょう。毎月最初の金曜日にやってみるとか、3時は無理でも残業せず5時には終わるようにするとか、各社で工夫をしてみるといいのでは。

 

話はちょっと変わりますが、東日本大震災の直後しばらく計画停電がありましたね。私の事務所や自宅は計画停電のエリア内にありましたから、何度か停電になってしまいました。地震は多いし、原発の問題は発生するし、そして停電と辛いことが多い時でした。

 

でも、計画停電の時は家族みんなで一緒にいられるようにしようと、今よりも仕事に集中して効率よく行っていたように思います。

 

「計画停電は午後6時からだから、仕事を5時までには片付けよう」とか、「停電までに家に帰れるようにするには、お客さんのところを5時には出るように仕事をしよう」と、段取り良く早く仕事をするようになっていました。

 

私が計画停電で経験したように、終わりの時間が決まっていると結構集中して仕事ができるものです。そこで、残業は一切せず早く帰る日を決めてみてはいかがでしょうか。

企業によって環境は違いますから、月1回でもいいから残業をしないとか。

 

「どうせ今日も残業だ」という職場環境だと、残業するという前提で従業員は行動してしまいます。

 

私のいた銀行がそうだったからよく分かります。当時の銀行は残業が当たり前でしたけど、帰りが遅いという前提でいるので、その長い労働時間で今日やるべき仕事をこなそうとするのです。

 

残業代の支払も発生し経営にも悪影響です。支払わなければ法的なトラブルに発展しやすいですし、残業を発生させないようにしていく取り組みも必要です。

 

人件費を抑えるためにも、従業員が自分や家族のための時間が作れるようにするためにも、目標を決めて帰れるよう取り組んでいきましょう。

 

 

クリックをお願いします。


社長ブログランキング

ピックアップ記事

  1. あきらめずにぜひご相談を
  2. 税理士変更を検討してみませんか
  3. 古い情報よりも専門家の最新アドバイスを
  4. 営業利益は黒字ですか?
  5. リスケジュールのすすめ

関連記事

  1. ブログ

    海外に目を向けてみましょう

    当社はいつも春と秋にお問い合わせが増える傾向にあります。&nb…

  2. ブログ

    ROA(総資産利益率)

    ROAとはROAとは総資産利益…

  3. ブログ

    役員報酬

    役員報酬については、以前のブログでも書きましたが、再度ここで書かせてく…

  4. ブログ

    広島銀行の震災時元本免除特約付き融資

    広島銀行は4月14日に「震災時元本免除特約付き融資」を創設し、第1号案…

  5. ブログ

    年末年始ぐらいは前向きに考えましょう

    普段は忙しい社長でも、今日あたりから年末年始のお休みという方がほとんど…

  6. その他いろいろ

    江戸・TOKYO技とテクノの融合展2018

    東京信用保証協会は、平成30年10月2日に「江戸・TOKYO技とテクノ…

無料・有料相談実施中

ピックアップ記事

2017年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

おすすめ記事

  1. 銀行融資

    銀行の中小企業支援は国の影響を受ける
  2. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    企業実務2018年5月号に執筆記事が掲載されました
  3. ブログ

    銀行員と喧嘩
  4. 中小企業経営

    継続・撤退の決断
  5. 中小企業経営

    中小企業は値下げを避けるべき
PAGE TOP