ブログ

担保があっても融資が出るとは限らない

面談相談で決算書を拝見しながら資金調達の可能性についての話になることが多いのですが、過去(決算書)だけでなく今後の見通しも厳しいなと感じる企業が多く、そのため、資金調達はほぼ不可能かと思われると伝えることがあります。

 

そんな時、「自宅を担保に提供すれば融資は出るだろう」と考える経営者がいて、そんな質問を受けることが時々あります。

 

確かに、担保はないよりあった方がいいのですが、あるからといって融資実行されるとは限りません。

 

バブルの頃は、不動産を担保にすぐ融資するということが多かったですし、今でも不動産を担保に融資をする専門の会社はあります。

しかし、銀行の原則からすると、貸したお金がちゃんと返済されるのか、企業の返済能力が担保よりも重要なのです。

 

融資したお金の返済原資は、企業が事業を行った結果として生み出される利益等が基本ですから、担保の有無の前にまずは返済能力を重視しなければなりません。

 

それでも将来の返済にリスクがあるようだとなった時は、「不動産等の担保になるものをお持ちではないですか」と確認してくるのです。

 

融資先企業が万が一返済不能に陥った時に備えるものなのです。

 

融資審査の段階で返済不能が懸念される状態であったとしたら、いくら担保があってもお断りする可能性は高いでしょう(金融機関の融資姿勢や、融資案件によっても異なりますが)。

 

 

それに近年は過度に担保・保証に依存しない融資が銀行には求められていますから、なおさら担保があるから融資ではなく、その会社の事業を評価しての融資が主流になりつつあります。

 

銀行員もいくら担保があって、いざという時でも全額回収できるとしても、すぐに延滞でもしようものならその担当者(そして支店)の審査能力が問われてしまいますし、それに不動産を処分して回収するには時間とコストがかかることが少なくないのです。

 

業績が悪くても「いざという時は担保となる不動産があるから融資は出るだろう」と考えるのは危険です。

 

赤字や債務超過の体質をどう変えていくか、今後の見通しは問題ないと説明できるようにすることの方が大切です。

 

今後も経営改善の見込みがないのであれば、たとえ優良な担保があったとしても融資は望みが薄いと思った方がいいでしょう。

 

 

ブログランキングに参加しています
ご協力をお願いします


社長ブログランキング

ピックアップ記事

  1. 経営セカンドオピニオンは全国対応にしました
  2. 当社は記帳代行も行っています
  3. 悪質な粉飾決算は絶対にやめましょう
  4. 中小企業の事業リスク>金融機関の信用リスク
  5. 税理士変更を検討してみませんか

関連記事

  1. 銀行融資

    歩積・両建預金

    歩積・両建預金とは歩積・両建預金(ぶづみりょうだてよきん)とは、金…

  2. ブログ

    ホームページ

    当社のホームページは専門家に依頼しているわけではありませんし、全ての文…

  3. ブログ

    意外と知られていない信用保証協会の事

    信用保証協会は、中小企業が金融機関から資金調達しやすいよう保証人になっ…

  4. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    当社は13期目に入りました

    昨日で第12期が終わり、当社は今日から第13期目に入りました。…

  5. 資金繰り

    筑波銀行の短期継続融資

    短期継続融資はこのブログでもご紹介していますが、企業の正常運転資金(経…

  6. ブログ

    粉飾決算

    本当は赤字や債務超過なのに粉飾によって利益操作を行い、財務内容の良い企…

無料・有料相談実施中

ピックアップ記事

2017年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

おすすめ記事

  1. ブログ

    専門家に面談の同席を求める
  2. ブログ

    借入金利が上昇する可能性
  3. ブログ

    「景気が悪い」という言い訳
  4. 経営者

    評価される・されない発言
  5. ブログ

    経営改善の秘訣は経営改善計画の策定とモニタリング
PAGE TOP