中小企業支援制度

事業承継補助金

5月8日から事業承継補助金の受け付けがスタートしました。この事業承継補助金について説明します。

事業承継補助金とは、事業承継(事業再生を伴うものを含む)を契機として、経営革新等や事業転換(以下、併せて「新たな取組」という。)を行う中小企業に対して、その新たな取り組みに要する経費の一部を助成(以下「補助」という。)する事業です。新たな需要や雇用の創出等を促し、我が国経済を活性化させることを目的としています。

平成27年4月1日から平成29年12月31日までの間に、事業承継(代表者の交代)を行った、または行う中小企業の経営者さんは、この補助金が利用できるかもしれません。

  • 事業承継補助金の概要

この事業承継補助金は、

(1)地域経済に貢献する中小企業による

(2)事業承継をきっかけとした

(3)新しい取り組み(経営革新や事業転換)

を支援する補助金です。

  • 対象者

以下の条件を満たすことが必要です。

(1)事業承継(代表者の交代)が行われること

会社の場合、代表者の交代等、後継者が事業を承継した/すること

(2)地域経済に貢献する中小企業であること

・取引関係やサービスの提供で地域の需要に応える中小企業

・地域の雇用の維持・創出を支える中小企業

(3)経営革新や事業転換などに取り組むこと

・ビジネスモデルの転換(新商品、新分野への挑戦等)による市場創出、新市場開拓等

・新規設備導入(製造ラインのIT化、顧客管理システム刷新等)による生産性向上等

・事業所の廃止や事業の集約・廃止を伴う場合は、当該廃止等に要する費用について補助上限額を上乗せして補助

(4)一定の経験や知識等を有していること

次のいずれかに該当する後継者を対象としています。

①経営に関する職務経験を有している者

・対象企業の役員として3年以上の経験を有する者

・他の企業の経営者として3年以上の経験を有する者

・個人事業主として3年以上の経験を有する者

 

②同業種に関する知識などを有している者

・対象企業・個人事業に継続して6年以上勤めた経験を有する者

・対象企業・個人事業と同じ業種に通算して6年以上勤めた経験を有する者

 

③創業・小計に資する研修等を受講した者

・産業競争力強化法に規定される認定特定創業支援事業を受けた者

・地域創業促進支援事業を受けた者

・中小企業大学校の実施する経営者・後継者向けの研修等を履修した者(補助事業期間内に受講する場合を含む)

 

  • 補助上限と補助率

(1)経営革新を行う場合200万円

(2)事業の廃止や既存事業の廃止・集約を伴う場合、廃業費用として300万円上乗せ

(3)補助率は2/3となります。

 

  • 公募期間

郵送申請:平成29年5月8日~平成29年6月2日、当日消印有効

電子申請の場合は6月3日17時まで

平成27年4月1日から補助事業期間完了日(最長平成29年12月31日)までの間に事業承継(代表者の交代)を行ったまたは行う中小企業が補助の対象です。

 

  • 事業承継補助金の流れ

(1)応募予定の中小企業は、まず認定支援機関(当社も認定支援機関です)に相談してください。

(2)そして、補助金事務局に必要書類を添えて応募します

(3)審査を経て採択が決定されます

(4)事業を実施後、補助金の交付を受けるための報告等を行います

 

  • 審査のポイント

補助金は申し込んだからといってすべての企業が獲得できるわけではありません。

補助金は税金から出されるわけですから、補助金を支払うだけの企業かどうか審査されます。

先ほどの流れにもありますが、地域審査会が審査を行います。まずは対象者に該当しているか、そして外部専門家である審査委員が提出された書類を審査します。

 

対象者の中に

(2)地域経済に貢献する中小企業であること

(3)経営革新や事業転換などに取り組むこと

と書いてありましたね。

応募書類の中でそれがしっかりと書かれているでしょうか。また、独創性、実現可能性、そして収益面にも問題がないか確認しましょう。

この補助金の申請には、認定支援機関による支援が必要となってきます。

当社はその認定支援機関となっています。

事業承継補助金の申請を考えている中小企業経営者様はぜひ当社にご相談ください。

※なお、このページで使用しております画像はすべて、
中小企業庁財務課「平成29年度事業承継補助金」資料から引用しております。

 

ブログランキングに参加しています
ご協力をお願いします


社長ブログランキング

数字で説明を前のページ

担保があっても融資が出るとは限らない次のページ

ピックアップ記事

  1. 今の経営で大丈夫ですか?
  2. 経営コンサルタント+税理士で御社の経営を支援
  3. 中小企業も書類作成能力が必要
  4. 古い情報よりも専門家の最新アドバイスを
  5. あきらめずにぜひご相談を

関連記事

  1. 中小企業支援制度

    中小企業向け資本性資金供給

    5月27日(水)に閣議決定した「令和2年度第2次補正予算案等における金…

  2. ブログ

    4月から見直された信用補完制度がスタート

    このブログでも以前ご紹介しましたが、見直された信用補完制度が平成30年…

  3. 中小企業支援制度

    緊急短期資金保証(令和元年台風15号による災害)の取扱い開始

    千葉県信用保証協会では、台風15号による被害を受けている中小企業に対し…

  4. 中小企業支援制度

    ものづくり補助金のセミナーに参加

    平成30年度補正ものづくり補助金の活用セミナーに参加してきました。…

  5. 中小企業支援制度

    民間金融機関における実質無利子・無担保融資

    新型コロナウイルス感染症の影響で売上が減少した中小企業を対象に、民間金…

  6. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    バンクビジネス7月15日号に監修記事が掲載されました

    バンクビジネス2017年7月15日号に、私が監修しました記事が掲載され…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 中小企業経営

    経営者は必ず計画内容の確認を
  2. 中小企業経営

    社長の奥さんは一人で資金繰りに悩んでいませんか
  3. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    当社サービスについて
  4. 銀行融資

    決算書の内容は簡単にでも説明する
  5. 中小企業経営

    決算書に載っていない自社の強み
PAGE TOP