ブログ

みずほ銀行に34歳の支店長が誕生

みずほ銀行に34歳の支店長が誕生したとネットのニュースを見ました。

 

30代で支店長というのは、地方銀行や信用金庫とかではすでにある話ですし、播州信用金庫(本店、兵庫県姫路市)では、いつでも管理職に立候補できる制度があり、かつては入庫8年目の30歳で支店長に昇進したケースもあります。

 

まあ、メガバンクでは確かに珍しいのかもしれませんけど。

 

玉川学園前支店で個人取引に特化した支店だそうで、しかも中途採用者とのこと。

 

今まで、みずほ銀行では2013年4月時点での最年少支店長が44歳だったことを考えると、10歳も最年少記録を更新したことになります。

 

銀行の多くは、バブル世代は大量に採用したものの、その後の就職氷河期世代においては極端な採用の絞り込みを行ったため、行員の年齢構成がM字型になっています。

 

そのため、中間管理職を担う行員が減っていることから、若手を積極的に抜擢していくこと、そして、高い能力を持つベテラン世代にはこれまでの出向というイメージとは違い、長く活躍してもらえるような環境を整備することが多くの銀行では必要となっています。

今までのイメージでいくと、大卒で入行するとよほど問題を起こさない限り、または出来が悪すぎる場合を除いて、課長あたりまでは昇進できると思います。ただ、若手がどんなに頑張って結果を出しても、年齢に応じて昇進していくものでした。

 

そして、40代半ばあたりかあら出向・転籍の話が出始め、50代で子会社・関連会社や取引先に出ていくというケースが一般的でした。

 

若手はどんなに頑張っても昇進や昇給は、すぐに成績に応じた結果が反映されませんでしたし、ベテランはそれなりに頑張っていても年齢を理由に、または同期の中で役員昇進があったりすると、他はみんな銀行本体から出ていく暗黙のならわしがありました。これでは若手もベテランもやる気がなくなってしまいますね。

 

しかし、銀行も徐々に変わってきました。今回の34歳での支店長もその例ですし、最近は50代のベテラン行員でも銀行内部にとどまるケースが増えています。

 

先ほども申し上げたように、行員の年齢構成がM字型なので、現場の最前線で活躍するあるいは管理職を担う行員が少なく、経験の浅い若手行員や、本来なら出向させていた行員が多いからです。

 

子会社・関連会社が減少しているということもありますが、経験が豊富なベテラン行員を今までのように外に追い出すのではなく、活躍の場を与えて頑張ってもらおうという動きが広がりつつあるのです。

 

若手のパワーとベテランのキャリアが両方活かせるような人事制度がこれからも広まっていくのでしょう。

 

 

顧客側からすると、見た目だけでは行員の肩書が判断できない時代になってきますね。

 

少子高齢化が今後も一層進み、若い年代の社員獲得が難しくなってきます。中小企業は、今以上に中高年者の雇用も検討してみるといいでしょう。自分より年上の社員というのは使いにくいと感じる経営者もいますが、多くの知識と経験を持った社員を活用すれば、自社の経営にも大きく貢献してくれるでしょう。

 

 

ブログランキングに参加しています
クリックのご協力をお願いします。


社長ブログランキング

良い取引先と付き合いましょう前のページ

融資審査にAI(人工知能)を活用次のページ

ピックアップ記事

  1. あきらめずにぜひご相談を
  2. 当社は記帳代行も行っています
  3. 条件変更改善型借換保証
  4. 経営に役立つ経理を
  5. リスケは経営者が動かないと

関連記事

  1. その他いろいろ

    LGBTに配慮した住宅ローン

    LGBTという言葉が最近よく聞かれるようになったと思います。&…

  2. 金融機関に関するニュース

    自民党員になれば融資

    毎日新聞 2021年6月8日「自民党員になれば融資」国会議員が出席した…

  3. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    家族のいる経営者さん、連休ぐらいは家族との時間も大切に

    今日から5月に入りました。今年も3分の1が経過したという事になります。…

  4. ブログ

    融資の5原則

    金融機関は融資の是非を審査するにあたっての判断根拠に融資の5原則があり…

  5. ブログ

    儲かる取引先と付き合う

    会社を立ち上げた頃というのは、少しでも取引先数や売上高を増加させたいと…

  6. ブログ

    損益分岐点売上高

    経営者の皆さんは、自社の損益がゼロとなる売上高をご存知ですか。…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、金融機関との銀行融資取引、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、東京都千代田区・千葉県市川市より情報発信します。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 銀行融資

    借り入れた資金の使われ方
  2. 中小企業経営

    難しい撤退の判断
  3. ブログ

    平成30年4月から新しい信用保証制度がスタート
  4. 経理業務

    3月決算企業は早めに決算予想を
  5. 中小企業支援制度

    4月から見直された信用補完制度がスタート
PAGE TOP