繰り上げ返済は無理にしない

起業するけど借金は嫌だからと銀行からの資金調達はせず事業を開始したものの、思うように事業が進まない、またはもう少ししたら売上も出てきて軌道に乗りそうだというタイミングで資金が底を尽き、銀行に融資の申し込みをしたけど、売上はないし大赤字という理由で否決されてしまう人を多く見てきました。

このように、できれば借金はしたくないと思う経営者も多い事でしょう。

事業を行っていくのにまとまった資金が必要となれば、銀行から融資を受けることになりますが、私みたいに子供の頃「借金=悪」と教わった経営者ですと、借入金を早く返済したいと思いが強いでしょうし、それを経営目標にして頑張っている方もいます。

 

しかし、頑張って現預金がある程度の残高になったので、一括で返済したいとおっしゃる経営者は多いのですが、本当にそれで大丈夫なのか考えてからにして欲しいのです。

繰り上げ返済は、銀行との付き合いや資金繰りからあまりしないで欲しいのですが、やるにしてもせめて、すぐに資金繰りが苦しくなって融資を申し込む事にならないかよく確認しましょう。

銀行員の立場としては、例えば5年返済のところを1年とか2年程度で一括返済されると、一気に融資残高が減ってしまいますし、予定していた貸出利息が得られなくなるわけですから、繰り上げ返済を歓迎はしません。

返済が滞っている企業が一括返済してきたら歓迎ですけど、遅れずに返済している多くの企業に対してはしないで欲しいと思っているはずです。

もちろん、銀行員の立場を考慮して経営をする必要はありません。それに、繰り上げ返済を一度したぐらいで銀行員の機嫌が悪くなって、二度と融資をしないなんてことはありません。しかし、その後の業績や何らかの理由が原因で融資を受けられない可能性もあります。期限までに返済をすればいいのですから、あまり返済を急がなくてもいいのかなと思います。特に中小企業ですと、業績が好調だと思っていたら、あっという間に急降下することもあります。業績の長い企業の経営者さんなら一度は経験があるのではないでしょうか。

そんな時には融資は慎重姿勢になりますから、無理に返済するよりも借入金は多くてもその分現預金が豊富にある方がいいのです。

繰り上げ返済をして手持ちの現預金が少なくなってしまい、今後の資金繰りが不安になるようなことは絶対に避けましょう。

もし金利が高くてせっかくの利益が利息の支払いで無くなってしまうのでしたら、他行との金利競争をさせて引下げをさせることも考えてみて下さい。

もしそういうことでお悩みでしたら、当社にご相談下さい。

 

資金繰りや銀行融資のコンサルタントをしています。このブログではこれまでの業務で経験したことを書いています。

プロフィール

関連記事