ホームページの目的

昨年11月21日のブログ「ホームページ」でも書きましたが、今は低コストでホームページを持つことが可能で、多くの企業が活用しています。

ホームページ以外にもブログに力を入れている企業もありますし、ホームページの代わりに飲食店ならぐるなびや食べログ等によって、ネット上で集客に力を入れる事も可能でしょう。

中小企業の経営者でもホームページに力を入れる方とそうでない方がいます。

重視する経営者としては、定期的に更新をしていると検索結果で上位に表示されやすくなり、問い合わせも来るようになりますから、営業面でのメリットを感じていることでしょう。当社でもホームページからのお問い合わせは結構あります。

逆に重視しない経営者は
・ホームページからの問い合わせは、低価格を求める人が多く、成果につながりにくい
・決まった取引先からの仕事だけを受けているので新たに探す必要がない
・公共事業が中心であることからあまり必要性を感じない
・そもそも、ホームページのメリットを感じない
・自分の代で廃業するからいらない
・大手企業の下請けだから必要ない

等の理由があることでしょう。

今の顧客とのみ付き合って自分の代で廃業するのならもうホームページは不要ですが、自社をこれからも継続させていきたいとしたら、本当に不要かもう少し考えてみて欲しいのです。

当社の顧問先で自動車を扱っている会社さんがあります。

今までホームページは無かったのですが、名刺交換した相手から「探したけど、ホームページ無いんだね」と後から言われることが多いとのことで、急きょ作成しました。

その顧問先のお客様は、ネットで検索してお客が来るというよりも、「名刺交換した後でゆっくり自社の事業内容を知って欲しい」という名刺交換後の営業サポートを目的に作りました。

ホームページを持つメリットは営業面だけではありません。

人材募集をすれば希望者はホームページを見に来るでしょうし、金融機関も取引先のホームページを閲覧してくることも考えられます。

今は何でもネットで調べる時代です。そんな時にホームページがない、または内容が古すぎたら、営業だけでなく採用の機会等も逃してしまうかもしれません。

そう考えると、ホームページから直接仕事の依頼は期待できなくとも、ホームページを持つメリットはあると考えられます。

当社のホームページにもアクセス数はそれなりにありますから、中には迷惑なセールスや異常に安い料金で手伝って欲しいと言ってくる方もいます。しかし、とても良いお客様との出会いもありました。

ホームページを持ちたい、もう少し業務に活用したいとお考えの経営者さん、ホームページを制作会社さんに依頼する前に、当社に一度相談してみませんか。

当社が制作するわけではありませんが、どのようにホームページを活用していくのかによっても、選ぶホームページサービスは変わってきます。

私はほとんど自分で作ってきたので、お役に立てるアドバイスができると思います。

資金繰りや銀行融資のコンサルタントをしています。このブログではこれまでの業務で経験したことを書いています。

プロフィール

関連記事