ブログ

4月からのセーフティネット保証5号の指定業種について

セーフティネット保証5号の4月1日から6月30日までの指定業種が公表されました。

 

3月末までの指定業種が262でしたが、4月1日~6月30日は247業種にまで減少します。

 

 

4月から追加指定された主な業種をいくつか挙げてみると

・建築工事業

・木造建築工事業

・建築リフォーム工事業

・冷暖房設備工事業

・給排水・衛生設備工事業

・冷凍水産物製造業

・金属加工機械製造業

・空調・住宅関連機器製造業

・電気照明器具製造業

などがあります。

 

4月から6月までの対象業種一覧はこちらになります。

セーフティネット保証5号の指定業種(平成29年4月1日~平成29年6月30日)

 

 

■セーフティネット保証5号の対象者

業況の悪化している業種に属する事業を行う中小企業者であって、経営の安定に支障が生じていることについて、市区町村長の認定を受けた中小企業者です。

 

認定の基準としては、指定業種に属する中小企業者であって、以下のいずれかの基準を満たすことが必要です。

・最近3カ月間の売上高等が前年同期比で5%以上減少している中小企業者。

・製品等原価のうち20%を占める原油等の仕入価格が20%以上上昇しているにもかかわらず製品等価格に転嫁できていない中小企業者。

 

■保証限度額、保証割合、保証料率

・保証限度額:一般保証とは別枠で、無担保保証8千万円、最大で2億8千万円

・保証割合:借入額の100%

・保証料率:保証協会所定の料率:(0.7~1.0%)

 

 

原則すべての業種を対象としていた頃(リーマンショック直後)と比較すれば、対象業種が大幅に減少しましたし、保証料負担を嫌って保証協会付き融資が減っていることもあり、セーフティネット保証5号もそれほど利用はされなくなりました。

※2016年12月20日中小企業政策審議会「中小企業・小規模事業者の事業の発展を支える持続可能な信用補完制度の確立に向けて」の「信用保証の承諾実績の推移」より

 

リーマンショック発生の頃は10兆円近い承諾実績がありましたが、平成27年度は0.7兆円です。

 

今後の信用保証制度改正で保証割合が100%保証から80%になる見込みです。現在は100%ですから、保証が得られれば取引銀行も融資に応じてくれるとは思います。

 

しかし、信用保証協会に対しては、一般保証とは別枠での保証とはいっても、利用すれば借入金残高が増加しますし、経営の安定に支障が生じている企業が利用するわけですから、今後どのように売上を回復させるか、どのようにして利益を出していくのかを考え、さらに今後の見通しを説明できるように準備されておいたほうがいいでしょう。

 

 

ブログランキングに参加しています
ご協力をお願いします


社長ブログランキング

借入金と支払利息のバランス前のページ

モンスター社員の増加次のページ

ピックアップ記事

  1. リスケジュールのすすめ
  2. 経営に役立つ経理を
  3. リスケは経営者が動かないと
  4. 会社の健康診断をしていますか
  5. 営業利益は黒字ですか?

関連記事

  1. 資金繰り

    手元資金確保の重要性

    手元にある資金が潤沢であり、金融機関からも「借りてください」とお願いさ…

  2. 中小企業支援制度

    認定支援機関の活用

    中小企業経営者の中には、自社の経営の問題点や改善策、見通し等をまとめた…

  3. 金融機関に関するニュース

    金融検査マニュアル廃止

    金融庁は8月31日、2018年7月に組織再編を行い検査局を廃止すると発…

  4. 銀行融資

    融資審査ができない金融機関

    昨日と今日は顧問先と一緒に金融機関訪問が続きました。昨日は3件、今日は…

  5. 中小企業経営

    働かない資産は処分の検討を

    貸借対照表の左側は資産の部ですが、そこに自社の利益獲得に貢献しない資産…

  6. 資金繰り

    取引先の倒産に注意

    東京商工リサーチ『2018年「負債1,000万円未満の倒産」調査』によ…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、千葉県市川市より情報発信していきます。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 中小企業支援制度

    4月からのセーフティネット保証5号対象業種
  2. 資金繰り

    資金繰り表の作成は深く悩まない
  3. ブログ

    専門家に騙されたというご相談
  4. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    今日から16期目です
  5. 中小企業支援制度

    経営計画書を作成しませんか
PAGE TOP