ブログ

担当者の熱意

銀行の本支店では多くの融資案件が日々発生しています。融資先を直接担当する銀行員は自分のお客様に少しでも資金繰りで協力したいので、何とか融資をしたいと思っています。

 

しかし、銀行がぜひ融資をしたいと思う案件だけではありません。

 

業績が良好な融資先ばかりではありませんし、赤字である等の問題点を抱えた企業の案件もあります。むしろそっちの方が多いでしょう。

 

支店長は「この融資案件、やっていいのだろうか?」と悩むことがあります。

 

そんな時、担当者が熱意を持って取り組んでいるかが意外と重要になってくることがあります。

 

支店長は確かに支店内で一番の権限を持っています。しかし、だからといって部下の意見を無視して融資をしたり、否決をしたりすることは原則ありません。

 

本気で案件を通したいと思っている担当者は、社長から問題点や改善策等いろいろヒアリングをしていますし、財務内容もしっかりと調べています。

 

そんな担当者なら、支店長が気になる件を質問しても、しっかり説明できますから、支店長も承認をしやすくなります。

 

融資を受けやすくするためには、支店長との特殊な関係が大切だと思っている経営者がいますけど、担当者との関係は大切ですよ。それに支店長は稟議書を作成しません、担当者です。その担当者を味方に付けることが上手な融資の受け方には必要です。

自社の事を質問してきた、書類の提出をお願いしてきたら、それは自社に興味を持っている、融資をしたいと思っているということです。

 

面倒臭いなとは思わないで、担当者が支店長や本部の審査部から承認をもらうためには、ぜひ積極的に協力をしてあげましょう。

 

中には融資の経験が浅くて、何度も同じことを聞いてきたり、後になって追加書類を求めてきたりすることがあります。「最初に必要な書類は何か言って欲しい」と思うでしょうが、上司と交渉するためにもぜひ協力してあげて下さい。

 

 

ブログランキングに参加しています
クリックのご協力をお願いします


社長ブログランキング

ピックアップ記事

  1. 中小企業の事業リスク>金融機関の信用リスク
  2. 経営改善ができない経営者さんへ
  3. 中小企業も書類作成能力が必要
  4. 経営改善に必要なこと
  5. 融資を受けるために必要な資料

関連記事

  1. ブログ

    儲からないのは経営者の責任

    顧問先を定期訪問していると、「他の業種は景気いいですか」「今はどんな業…

  2. ブログ

    経営のセカンドオピニオン

    セカンドオピニオンという言葉を聞いたことがあるかと思います。&…

  3. ブログ

    最も大切な集客方法

    経営者でしたら前期よりも売上高・取引先数を増やしたいと考え計画・行動す…

  4. 銀行融資

    事業性評価資料の作成

    私は平成17年(2005年)からコンサルタントとして中小企業の支援をし…

  5. ブログ

    ソニー銀行がクラウドファンディングの運営を開始

    クラウドファンディングとは、資金を必要としている法人・個人が事業内容や…

  6. ブログ

    経理社員の退職

    私が直接担当していたわけではありませんが、以前勤めていた会社の顧問先に…

無料・有料相談実施中

ピックアップ記事

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

おすすめ記事

  1. 資金繰り

    親族や知人からの資金調達
  2. ブログ

    決算書で必ず見て欲しい部分
  3. エム・エヌ・コンサルからのご案内

    当社はfreee認定アドバイザーです
  4. ブログ

    悪質融資コンサルタントが会員に
  5. ブログ

    経営改善支援をしていて思う事
PAGE TOP