銀行融資

信用組合

昨日、地域クラウド交流会というイベントで墨田区にいました。

その交流会には第一勧業信用組合、中之郷信用組合、東信用組合の職員の方も多数参加していました。

昨日は墨田区で開催されたという事で、墨田区で起業したばかり、あるいはこれからするという方がプレゼンをしたり、名刺交換会で仲間を増やしていき、ビジネスチャンスを増やしたり、起業したい人を支援して、墨田区を盛り上げていこうという内容。

そして、「起業家を地元信用組合は支援していきます」とある信用組合職員さんがおっしゃっていました。

私が面談相談とかで決算書を見ると、取引銀行がメガバンクしかないなんてことが結構あって、「信用金庫や信用組合とも取引をしたらいかがですか?」と申し上げると、「信用組合って何?」と、銀行と信用金庫は知っているけど、信用組合を知らない人がいます。

駅前等の目立つところには銀行はありますが、信用組合というとちょっと目立たないところにあったりしますし、支店の数も多くはなく、それにテレビでCMが放送されるようなこともないから、知らない人がいるのもしょうがないのかもしれません。

法律等の細かい部分での違いはありますが、銀行や信用金庫と同じように預金や融資の業務を行っています。

従業員数や資本金による制限はありますが、中小企業の多くは融資取引をすることができます。

※一般社団法人全国信用組合中央協会のHPより

http://www.shinyokumiai.or.jp/gaiyo/gaiyo01.html

イメージとしては、信用金庫と同様に地元の中小企業や個人事業主をメインに取引をしていると考えればいいでしょう。

ですので、小規模事業者やこれから起業される方にとっては、銀行よりも信用組合の方が同じ目線で相談しやすいかもしれません。

ただ金利は高めかもしれません。最近は銀行が法人融資先獲得のため、信用金庫や信用組合がメインとしている規模の法人や個人事業主にも積極的です。そうなると、信用組合よりもかなり低い金利を提示してくることがよくあります。

銀行と金利競争をすると、信用組合は金利が高めでどうしても負けてしまう事が多いはずです。しかし、小規模先を相手にしていることや、信用金庫と同じく利益第一主義というより、地域社会の利益を優先という経営姿勢であることから、大手銀行よりもお付き合いがしやすいと思います。

小規模企業が融資取引をする際の取引金融機関の1つとして考えてもいいのではないでしょうか。

■中小企業の経理部長・経営者の右腕として、経営改善、資金繰り安定、銀行との良好な融資取引、経理業務のサポートを行っています。詳しくは当社ホームページを参照してください。

無料・有料相談についてはこちらを参照してください。

経理部長代行 / 中小企業の銀行融資取引や経営改善を支援
認定経営革新等支援機関
有限会社エム・エヌ・コンサル
代表:瀬野 正博
〒101-0046 東京都千代田区神田多町2丁目11番地カツミビル601
HP:https://www.mn-con.jp/
TEL:047-379-9508
お問い合わせフォームもご利用ください。

在庫はお金と同じです前のページ

トラック運送業次のページ

ピックアップ記事

  1. 古い情報よりも専門家の最新アドバイスを
  2. 中小企業の事業リスク>金融機関の信用リスク
  3. 経営改善ができない経営者さんへ
  4. 営業利益は黒字ですか?
  5. リスケは経営者が動かないと

関連記事

  1. ブログ

    担当者の熱意

    銀行の本支店では多くの融資案件が日々発生しています。融資先を直接担当す…

  2. ブログ

    望ましい借り方

    銀行から融資を受ける場合、必ず聞かれるのが資金使途です。資金使途は大き…

  3. 銀行融資

    第一勧業信用組合巣鴨支店を訪問

    第一勧業信用組合巣鴨支店さんに行ってきました。目的は顧問先の決…

  4. ブログ

    4月からのセーフティネット保証5号の指定業種について

    セーフティネット保証5号の4月1日から6月30日までの指定業種が公表さ…

  5. ブログ

    銀行員と喧嘩

    昨日、「銀行員と喧嘩」で検索して下さった方がいました。こういう方は結構…

  6. 銀行融資

    都合悪いことは先に言っておく

    融資を申し込みたい場合、金融機関からは決算書の提出を求められます。…

資金繰りコンサルタントのブログとは

資金繰りや経営改善、金融機関との銀行融資取引、経理業務でお困りの中小企業経営者を応援するブログです。資金繰りや経営の改善、金融機関との上手な付き合い方を中心した内容で、東京都千代田区・千葉県市川市より情報発信します。

無料・有料相談を実施中です。詳しくは当社HP「無料・有料相談のご案内」をご覧ください。

ピックアップ記事

バックナンバー

おすすめ記事

  1. 中小企業経営

    早期発見が重要
  2. 中小企業経営

    耳の痛い事を言う専門家を大切に
  3. 銀行融資

    フタバ図書が粉飾決算
  4. 中小企業経営

    経営のセカンドオピニオン
  5. 銀行融資

    政治家への融資口利き依頼
PAGE TOP